5039817 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

全106件 (106件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

太陽

2010/03/12
XML
カテゴリ:太陽
ということで、この分野に関心のある方は必携です。
目次はここ、
http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/293/Default.aspx

基礎知識から設置法、制御機器の自作記事まで、

トラ技さんにはお世話になっています、いつもありがとうございます。
僕だけではない、プロもここで技術を得ています。

太陽電池はもう国内メーカーは独立型ソーラー発電用には小売りしないらしく、
入手が困難です。
数量をまとめて特注するしかない、そういった状況のようです。
モジュールを自作するサイトもあります(探せないけど^^)。

バッテリーの自作はどうだか分かりませんが。
チャージコントローラの自作はできます。

太陽電池を最高出力状態に保つ技術「MPPT」

解説で、太陽電池の出力抵抗=負荷抵抗となるような制御方式というのは
非常に分かりやすい。
交流回路のインピーダンス・マッチングと同じだよ、、
というとオーディオやっている人には分かる^^
IMG_3108-16.JPG

全回路ではないですが、ブロック図が出ています。
IMG_3106-16.JPG
どこかで使ったことのある部品ですので、
理解できます。
おかげさまで、もやもや考えていたことがはっきりしました。
そんなに難しくはない、
この例ではマイコンは要らない、ただPWM制御は使っている。

このPWM制御すら取り除くことができます。
なぜなら通常最高出力時の太陽電池の電圧より、
充電電圧の方が低いからです。
要するに、降圧制御だから。
昇圧制御が必要ならPWM制御(交流変換)はせざるを得ませんが。

マイコンやPWM制御を取り除くメリットに故障が少ない、安いということの他に、
電磁波をださないというのがあります。

完全アナログ回路で部品点数は最小限、
実現できそうです。
ということは高信頼機器=寿命が長く=お金がかからない=資源エネルギーが少なくてよい=健康にもよい、
ということ^^
なぜメーカーは作らないか?・・もちろん、儲からないからです^^

頭の中にはほぼできましたので、プレッシャーがあれば作りますよ。。

・・もう自作してメンテナンスも自分でするという時代がそこまできています。

自分もやりたい!と思う人は、「佐賀イベント」にご参加ください。












Last updated  2010/03/12 01:39:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/03/11
テーマ:戦争反対(1056)
カテゴリ:太陽
昨日は雪も降り、夜は放射冷却で、最低気温-0.4℃を記録しました。
温室の屋根も雪が凍りつき、PVモジュールにも雪が残っています。
IMG_3077-14.JPG

バッテリーを室外に設置している2号機は
気温が低いとなぜかバッテリー充電電圧が30Vを越え、
インバータが落ちます。
外気温、バッテリー温度は現在5℃、PVモジュールの温度は8~11℃で、
販売店さんの説明ではこの条件では充電電圧は30Vを越えるはずはないとの説明ですが、
どうなんでしょうか?

ファームウェアのバグじゃないんでしょうか?

去年もチャージコントローラを連携させると積算電流の上限が低すぎ、
カウントできなくなるという不具合がありました。
突然カウントされなくなるのなら対処も簡単なのですが、
じわじわと積算量が落ちてゆき、いつからデータがおかしくなったか判らないのです。
設置してから、毎日データを採っているのですが、
信頼できるデータは今まで発表した数カ月分以上はありませんでした。
非常に残念!1~2年分のデータが無意味だったとは。。
IMG_3083-14.JPG

・・仕様とは言えない、どこからみてもバグなんだが、
改善したROMを送ってやるからありがたく思えというお話でした。
まあ、アメリカ人(特定の個人ではない)とはこういうもんです、
日本人のようなお人好しにはこういうことはできませんね。
へたうつと太平洋戦と同じで、真珠湾以来のようにず~っとハメラレっぱなしになります。
今のトヨタさんもいいようにハメラレていますね。。

もうそろそろ石油も入手できなくなってくるし、
鎖国も視野に入ってきました。
日本人には鎖国が向いています。

また「地上の楽園」を創りましょう!






Last updated  2010/03/11 10:47:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/01/24
カテゴリ:太陽
ソーラー発電システムは2007年の6月から実験を初めています。
これが第一システム、160WのPVモジュール8枚。
うちのシステムは系統連携(売電)ではなく、
昼間は発電した電気をバッテリーに溜め、夜はバッテリーに溜めた電気を使う方式だ。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200706120001/

その前の月には真空管式太陽熱温水器サンファミリーを設置している。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200705310001/
これでガス使用量は半分になる。

2007年の9月から設置工事を始めたソーラー発電第2システムは、
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200709300004/
やっと翌年2008年1月に稼働始めた。
153WのPVモジュール16枚のシステム。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200801170000/

2008年8月には第3システムが稼働始めた。第2システムと同じもの。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200808150000/

翌月9月には実家の屋根にも第4システムを設置、153WのPVモジュール8枚のシステム。
井戸のポンプ専用システムだ。
サンファミリーも設置済み、前年の12月いっぱいで製造中止になったので、中古です。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200809280000/

ソーラーシステムの導入と平行して節電も進めたので、
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/?ctgy=13
トータルの消費電力は徐々に減り、今では節電を始める前の概ね半分以下
冬場はエアコンを止めて薪ストーブを導入したこともあり、1/3以下になっている。

いざともなれば、電力会社からの買電はしなくてもよいまでになった。

年間平均の月当たりの平均消費電力は250kWh。
その内訳は季節的な変動が大きいが、
平均的には買電100kWh、ソーラー発電150kWhといったところ。

次回は具体的なデータをお見せする予定。






Last updated  2010/01/25 02:26:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/01/14
カテゴリ:太陽
寒いですね、、外気温は0.3℃です。
IMG_2886-14.JPG

・・雪が積もるとソーラー発電はだめです。

PVモジュールの一部分でも雪で覆われると、
発電電流は流れません。
なぜかというと、PV素子は一般的なシリコンダイオードと同じ動作電圧0.6Vなのですが、
PVモジュールともなると1枚当たり40素子とか直列接続されており、
1素子でも動作しないと、他が動作していても電流は流れないのです。

PVモジュールを並列接続する独立型システムの場合は1つのPVモジュールが使えなくなっても
他のPVモジュールが健在なら、
システム全体としては能力の低下はあるにしても、生き残ります。

しかし、全てのPVモジュールを直列接続にするのが前提の系統連携システム(ふつうの売電用)は、
1素子でもだめになれば、システムダウンする可能性大です。

また、ソーラー発電の北国での運用は難しく、
PVモジュールの雪下ろしは表面に傷がつきやすいので、だめです。
ブラシやスポンジで掃除するのも、だめなんです。
水を掛けると、温度変化による膨張収縮により破損する可能性も考えられます。
雪が勝手に溶けるまで、電気無しで耐え忍ぶしかないでしょう。。

このシステム、時々バッテリー電圧が30V(24V系)を越えるので、
インバータが自動的にシャットダウンします。
バッテリーを外に置いているので、寒いから?
なんで?

詳しい方、お教えください。








Last updated  2010/01/14 02:05:57 PM
コメント(2) | コメントを書く
2009/09/20
カテゴリ:太陽
今日は絶好のソーラー日和、
昨日は晴れてはいたものの、強風が吹いていましたので、
どうかな・・と思っていましたが、風も止んでほっとしました。

かるぴか」と一昨年作った直径180cmのでかいソーラークッカーを設置。
この2台は焼き肉でもなんでも焼けますので、
まずはピザ生地を入れたフライパンをセット。

その間に、
鳥居式ソーラー・パネル・クッカー」の製作に取り掛かりました。
レンジの下敷きに切り込みを入れるだけ、すぐできました。
IMG_1665-20.jpg
IMG_1677-20.jpg
12台もできました。
黒く塗ったアルミ缶は作っておいたので、
サツマイモを適当に切って入れ、
クッカーにセットして、煮えるのを待つ、
IMG_1683-20.jpg
待ち時間にバーベキューで盛り上がる、
というか、こちらがメインだったりする。
IMG_1696-20.jpg
う~ん、、まだか?
IMG_1704-20.jpg
2時間以上経過、、
IMG_1792-20.jpg
ふたを開けて中の温度を計ってみました、67.5℃です。
温度は最大85℃を確認しましたが、
せっかちな人には向きません。
低温で時間をかけて煮るとビタミン類が破壊されないので、
健康にはよいかも。。
IMG_1794-21.jpg
うまい!、ちゃんと食べられます。
IMG_1797-20.jpg
かるぴか」や大きいのは焦げるほどなので、
実用性は高い。
IMG_1713-20.jpg
お疲れ様でした!
IMG_1790-20.jpg






Last updated  2009/09/20 09:58:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/09/17
カテゴリ:太陽
さてさて、今度の日曜日、何を作りましょうか?
フライパンや空き缶で『加熱するだけで食べられそうな物』というお題です。

ご飯を炊くのは、パネルクッカーではまぁ、無理ですね。
全体の作業の流れの中で、発酵具合をあまり気にしなくてよいピザなんか
失敗が少ないのではないかしらと、早速実験です。
なにしろ小型のパネルクッカーですから、生地の温度が上がりやすいように
ソースやらチーズやらを載せるのはやめにすることに。
ちょうど水曜日に、衛生士のOさんから、Oさんのお友達の手作りという
バジルソースを分けていただいたので、これをオリーブオイルで少々薄めて
岩塩とともにトッピング。
イタリアの素朴なパン、フォッカッチャみたいなものにしました。

2009-09-17 22:07:51

放射温度計で温度を測りながら、実験開始。
さすがに小型のパネルクッカー、厳しいです。(><)
開始温度24℃はフライパンをクッカーにセットして数分で40℃、
20分で80℃をキープしている状態で、
これ以上は生地が乾きそうという判断で、かるぴかにのせ替えました。
さすがのかるぴかは177℃を記録。焦げ目もつきます。
かるぴかで15分加熱したところで実験は終了としました。
休日のお昼ご飯は、お日様で焼いたフォッカッチャと、
パネルクッカー×空き缶で無水調理をしたカボチャと相成りました。(^^ゞ

090917_1400~0001.jpg

う~ん、日曜日はお餅を焼くくらいの方が確実かなぁ、、。<あん餅で確認済み。
あとは、てるてる坊主ですかね?






Last updated  2009/09/18 10:11:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/09/10
カテゴリ:太陽
再来週の日曜日(9月20日)はソーラー・クッカーを作って遊びます。
晴れていたら、朝10時頃から当院駐車場にお集まりください。

090910_1621~0001.jpg

イベント開催に向けて実験中です。
ピザくらいは焼きたいな、、、
午後4時半からの日射しでは
冷凍のあん餅を解凍するのにも一苦労。(笑







Last updated  2009/09/11 08:13:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/09/02
カテゴリ:太陽
太陽光というのはものすごいエネルギーを持っていて
だいたい1平米当たり1000W、
ちょっとしたオーブンレンジ並みです。

まあ、晴れていないと使い物にならないのはもちろんなのですが、
ご飯も焚けるし、パンもケーキも焼け、煮物もできます。
これから石油も枯渇し始めますので、
ソーラークッカーは手軽にエネルギー節約ができる期待のポープというわけですね。
ある試算によれば
煮炊き用のエネルギーの36%を
ソーラークッカーで代替することができるそうです。

表題画像のおばさんは日本のソーラークッカー研究の大御所、
鳥居ヤス子先生。
テレビにもよく出演されていますので、ご存知の方も多いと思います。

先日偶然お会いすることになり、
鳥居先生考案の「鳥居式ソーラー・パネル・クッカー」の作り方を教わってきました。

ガス台の下敷きで簡単に作れて、しかも高性能。。

IMG_0960-02.JPG
IMG_0964-02.JPG

7セットほど材料を用意しておきますので、
お早めに予約(当院受付、ここのBBS・コメント欄などで)を入れてください。

ご自分で材料を用意されても結構です。
1、ガス台の下敷き(アルミ製)
2、500mLのアルミ缶
3、1.5L以上の透明ペットボトル
4、アルミ缶にちょうど良い金属製のふた

9月20日(日)、ふるってご参加ください!







Last updated  2009/09/02 11:59:46 PM
コメント(2) | コメントを書く
2009/08/13
カテゴリ:太陽
石油も半分使いきったそうで、ニュースにも出ていましたね。
需要に応えられるのは後5年くらいとか。。

そういうこともあって、
うちでも省エネとはどういうことか?
と3年ほど前から試行錯誤してきました。

・・といっても現在入手できる省エネといわれるものを
片っぱしから試しているだけですけどね、
今はその程度。。

今日はだいぶ前にヤフオクでゲットしておいた日本電気硝子製
真空管式太陽熱温水器、冬でもりっぱに使えます。

世界最高レベルの太陽熱温水器なのですが、
今は売っていません、、
日本電気硝子はこの事業から撤退してしまいました、残念!
この分野はこれから伸びます、
是非復活してください!

ヤフオクでゲットしたのは160リッターの本体だけだったので、
その他の部品はあれこれと探して純正品があったので買いましたが、
こちらの方が高く付いたかも(-"-)

うちは予防歯科をやっているので、
お盆前はヒマです。
なぜって削って歯を作らないから。。

お盆前の大掃除をさぼって(従業員の皆様にお任せして)、
太陽熱温水器を組立ました(蚊に喰われながら)。








Last updated  2009/08/13 12:14:01 PM
コメント(3) | コメントを書く
2009/05/20
カテゴリ:太陽
アースノートの安田さんは「直流クラブ」のメンバーで、
電気の本職です。

http://tomo-ya.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-2c7f.html

彼が使っているテスターは直流電流が測れる電流プローブが付いている、
ふつうのクランプ・メーターは交流電流しか測れない。
オートレンジで切り替えの必要も無い。

ソーラー発電をする方には必須アイティムでしょう。


デジタルマルチメータKYORITSU(共立電気計器) AC/DCクランプ付きデジタルマルチメータ MODEL 2001







Last updated  2009/05/20 09:28:58 AM
コメント(0) | コメントを書く

全106件 (106件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


mabo400

Favorite Blog

田畑の水はけを良く… New! 松下一郎さん

『顔』 New! 柳居子さん

東電福島第1原発の事… New! Condor3333さん

Freepage List

Calendar

Comments

ナンシー@ Re:フッ素の入っていないハミガキ3(05/26) はじめまして(^_^) 重曹口ゆすぎをやった…
高橋一浩@ Re:重曹が虫歯に効くワケ(01/17) はじめまして。栄養、漢方療法メインで治…
みい子@ Re:若い子シリーズ3(11/06) 初めまして。いろいろ調べているうちに先…
今日の定期検診で@ :フッ素には一杯くわされました。(03/02) 今日、歯の定期検診に行って、フッ素を塗…

Category

Archives

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.