1305348 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2011.09.06
XML
カテゴリ:イラン映画

336971_01_01_02.jpg


 いまだ表現の自由が許されないイランで、ほんとうにあった出来事の映画化。インディ・ロックを愛する若きミュージシャンたちのリアルな実情を、ドキュメンタリーを観る感覚で垣間見ることができる。

(あらすじ)ふたりでバンドを組むベガルとアシュカンは、好きな音楽をやるためにイラン出国を決意した。
違法ビザやパスポートの手配は、便利屋ナデルが一手に引き受け、出国の日までのわずかな日数を、コンサートの準備と新たなバンドメンバー探しにいそしむのだったが―――。


テヘランの街の片隅、ベガルたちは、音を潜めながら大好きなロックを歌い続けているたくさんのミュージシャンたちと出会う。
牛小屋や地下室やビルの屋上・・・・アンダーグラウンドで活動する彼らは個性に満ちている。
演じているは、みんな実在している歌手たちで、見応えある演奏シーンが合間に幾度も挿入される演出がたのしい。
撮影後、監督らは逃げるようにイランから出国したそうだから、楽しんでばかりもいられないのだけれど。。


336971_01_04_02.jpg


好きな音楽さえ続けられなんて、なんて辛い。簡単なことが難しい国・・・。こういう時はほんとうに日本に生まれてよかったと思うよね。
困難ばかりだからこそ、ロックに心があるし、魂からの叫びがメッセージを放つとしても、それを外に表現できないなんて辛すぎる。

バフマン・ゴバディ監督といえば、イラクの戦争孤児たちをシビアに描いた『亀も空を飛ぶ』が鮮烈だった。
本作の舞台はイランだし、テーマは身近なものだし、当然趣は違うけれど、実話に基づいて描かれたラストシーンだけは、『亀も空を飛ぶ』を彷彿とさせた。甘くないイランという国の現実にハッとさせられてしまう。


  
----------------------------



  監督  バフマン・ゴバディ
  脚本  バフマン・ゴバディ  ロクサナ・サベリ  ホセイン・M・アプケナール
  撮影  トゥラジ・アスラニー
  出演  ネガル・シャガギ  アシュカン・クーシャンネジャード  ハメッド・ベーダード

   (NO ONE KNOWS ABOUT PERSIAN CATS/106min)








Last updated  2011.09.07 21:58:51
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.