6862269 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

I歯科医院の高楊枝通信。

全86件 (86件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

今日の抜歯再植術シリーズ

2022/08/14
XML
30代女性、左下6、近心根破折

前回のつづき

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202208130000/

もう明日でお盆休みもお仕舞いで、休み明けの技工物を作ったりしていた。PCのHDDをSSDに交換する作業もしていたが、上手くいかない。USBで外付けにすると起動できるが、SATAで内臓すると起動しないとかよくわからないことに悩まされている。2012MidのMacbook Proがいかんとかいう話もあるが、よく分からない。。このPCでは再フォーマットもできない。エラーが出る。

・・今日はスーパー◯ンドの筆を使って破折した歯牙の破片を組み立てる作業なんだが、まずできるだけ早く、抜いてから再植まで40分?以内、とか書いてある本もあったような気もするのだが、そこまで厳密ではない。1時間〜1.5時間かかることもあるが、大丈夫。時々生食水で湿らせればOKだ。

それにしてもスーパー◯ンドは素晴らしい接着剤だ。僕が技工士学校にいた頃に出たので、何十年も前の話だ。これはアクリル系の瞬間接着剤の研究開発時に偶然できたと聞いたことがある。外科では血管縫合に使うこともあると聞いたこともあるが、本当かどうかは分からない。知っている方がいらっしゃったら教えていただきたい。

ま、これがなければ抜歯・再植はできないと思う。

組み立てというか貼り合わせるだけなんだが、隙間が新たにできないように過不足なく接着剤が行き渡るように両面に塗って張り合わせて、はみ出した部分は拭き取るかハサミ等でカットする。





合わせてみて、頭の中で接着してみる。







既製の金属製のポストを入れる。あった方が丈夫になると思う。











スーパーボン◯とCRである程度歯冠を再建しておく。



つづく






Last updated  2022/08/14 10:29:47 PM
コメント(0) | コメントを書く


2022/08/13
30代女性、左下6、近心根破折

前回のつづき

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202208120000/

破折歯根の内部をみるといつも絶望的な気分になるのだが、真っ黒になっている。神経を取ったあとの根管は拡大して緊密に充填するということになっているが、全然ゆるゆるで、隙間だらけということだ。隙間で硫酸塩還元細菌が繁殖していて黒色物質FeSを盛んに代謝していたということが分かるからだ。
有り体に言えば、このFeSはこの細菌のウンコということだ。

ゆるゆるの根管充填材は元々ピンク色なのだが、真っ黒だ。




ま、どうせ上手くいかないのだから最初から神経を取るなんてアホなことはしないことが重要だ。
しかもα-TCPセメント+3MIXを使えば簡単だからだ。

歯根内面を虫歯を含めて綺麗にしていく作業だ。










つづく






Last updated  2022/08/13 09:09:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/08/12
30代女性、左下6、近心根破折

前回のつづき

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202208100000/

今日は夏休み2日目だが、腕が上がらない。ま、これはこの30年来そうなのだが、年々ひどくなる。昨日はゲストルームの掃除をして家具を移動させたりしていた所為かもしれないが、今朝は特にひどい。キーボードを打つのが辛い。

肉体作業の多いソーラーハウスはほとんどできたので、ギリギリで逃げおおせた感はある。
あとは太陽光発電システムと商用電源を自動的に切り替えるシステムを作って、ソーラーハウス建設作業は終わる。

このあとは河村先生のモードレス・スピーカを作って、その量産体制を作って、僕の人生は終わりになる予定だ。

今の僕があるのはK先生を始めとする河村スピーカ工房(正式名称は(株)日立製作所 横浜工場 部品部 スピーカグループ 主任技師 河村信一郎)の皆様が世に送り出したHITACHI Lo-D HS-400という奇跡のスピーカに出会ったことにある。

1976年のことだ。

このスピーカは性能が良すぎて良い音を出すのは極めて難しい。ソースを含め周辺機器の音がそのまま出る。四苦八苦するうちにいろんなことを学ばせてもらった。感謝しかない。

電気電子、機械、音響、楽器演奏などに至るまで、実践的な科学的知見や技術はオーディオをやっていて初めて身に付くものだった。もちろんその知見や技術は歯科医療分野にも応用している。

・・・この歯を抜いてみると、縦に割れていて、内部は硫化鉄:FeSによって汚れている。これはドブの底に溜まっている黒色物質と同じもので、歯根内部は硫酸塩還元細菌の生息場所になっていたということだ。要するにドブの底と同じ状態だ。

ドブ臭い。



つづく






Last updated  2022/08/13 09:10:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/08/10
30代女性、左下6、近心根破折

前回のつづき

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202208080000/

昨夜は寝落ちしていて、アップできなかったので、朝しようと思って、画像を貼るだけにしていたら、内容が消えた。。気を取り直して再書き込み中。

今日で診療室は終わりで午後から大掃除モード突入。

今日は抜歯までの画像をアップ予定だが、抜くのは破折している近心根のみで、遠心根は触らない。

前々回の報告書のレントゲン写真を見ると遠心根は2根あり、無理やり抜くと歯根は分割せざるを得なくなり、歯槽骨も壊れる可能性が高い。近心根の頬側歯槽骨は元々ないので、あえて危険を犯すこともない。遠心根の骨植も問題ないので、抜歯再植はせず、コア部分をCRで再建するにとどめた。

では時系列でどうぞ

近心根は破折しているので、隙間があり多少の虫歯が進行中だった。近心根のみ分割抜歯して、遠心根は再建した。











つづく






Last updated  2022/08/13 09:10:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/08/08
30代女性、左下6、歯根破折

前回のつづき

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202208070000/

このクラウンはジルコニアという素材で、CAD/CAMという機械でブロックを削り出して作るものだ。直径1mmのラウンドダイアモンドバーで削り出すので、それより細かい掘り込みはできないので、ディープシャンファー形態にするしかない。シャープな支台歯形状にはできないので、脱離しやすい。接着剤の接着強度も高くない。また硬過ぎるので咬合調整が難しい。除去も難しい。対合歯や自身の歯根が破折しやすいなどの欠点もある。

今回も荒めのダイアモンドバーで除去してみたが、火花を散らせながら削れていく。真ん中から縦割りにすると外しやすい。

内部はファイバーポスト+CRコアになっている様だった。
破折している近心根には隙間ができていて内部は細菌の繁殖場所になっていた。硫化水素系の虫歯臭がする。この匂いがするうちはひどい虫歯にはならない。硫酸塩還元細菌は酸産生菌ではないからだ。

では除去するまで















Last updated  2022/08/10 07:14:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/08/07
30代女性、左下6、近心根破折

歯根破折での紹介患者さんで、全く存じ上げない皮膚科の先生からのご紹介で、なんでだろう?とご本人に電話でお訊きしたら、僕の同級生の某君のお知り合いだったということが分かった。某君も理想を追求する教育者で自身はストレスを溜めているらしく、食いしばって歯を割る。それは再植したのだが、そのことをお聞きになったようだ。

この患者さんは、うちに来られる前に近くの歯医者に行って診断を受けたそうだ。それが以下のレポートで歯茎をめくって破折線を染め出して写真を撮っている。垂直性歯根破折という診断だが、再植はやらないということで、うちでの再植の費用くらいのお金を取られて、何もしてくれなかった。もし破折していなかったら20数万円の費用がかかると言われたそうだ。
ま、無能な歯医者だ。見れば一瞬で判るだろう。。というか、歯医者なんていうのはこの程度だ。
それにしても、うちは「安すぎワロタww」









つづく






Last updated  2022/08/13 09:11:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/07/21
30代女性、右上7、歯根破折、開口、咬合性外傷

前回の続き

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202206220000/

歯科医療が「マッチポンプ」ということに気がついていない歯医者も多い。これ以上のことができないのだから気がつけない。ま、それだけのことだ。

この歯は再植後1ヶ月経過して生着はしたが、動揺度1はある。口臭等の不快症状は消えたが、できれば歯槽骨が多少なりとも再生して、動揺も収まり末長く使えて欲しいものだ。

で、補強連冠と称する歯列固定法を用いることにした。

メタルのインレーはCRに交換した方が接着力は増す。7番のジルコニアは除去は困難なので、1mm幅でグルッと最小限削って、型取りした。

では時系列でどうぞ












Last updated  2022/07/21 08:09:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/07/10
40代男性、咬合性外傷、左上1歯根クラック、穿孔、歯根端切除術

歯根尖病巣や歯根破折による膿瘍がレントゲン写真で見るとどのように見えるかというと、ここのレントゲン写真が典型的なものだと思う。

https://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/202201140000/

レントゲン写真による膿瘍の特徴は

1、歯根周囲の歯槽硬線と呼ばれる白線の消失(歯根周囲の骨が失われている)
2、膿瘍内部の骨梁の消失(骨内部の構造体が失われている)

これらの特徴は見られない。

矢印で囲った部分に膿瘍があるとは言えない。以下の画像は9ヶ月前のものだが、腫瘍以外で9ヶ月でここまで大きくなることはない。



今回の他院での画像でこの部分が膿瘍だそうだが、歯根尖周りの歯槽硬線も見え、骨梁もしっかり見える。

再植に根管充填材は除去してレントゲンに写らない◯ーパーボンドで再建しているので問題ない。



多分これは歯槽骨が薄いのだろうと思う。

画質は悪いが再植3年5ヶ月以前のレントゲン写真にも写っているように見える。
















Last updated  2022/07/10 11:30:00 PM
コメント(8) | コメントを書く
40代男性、咬合性外傷、左上1歯根クラック、穿孔、歯根端切除術

近所の歯医者さんでレントゲンを撮ってもらったとかで、見せてもらった。

デジタルレントゲン写真のようなので、画質が荒い。僕のはアナログだ。

9ヶ月前のアナログ写真
大きな問題があるように見えない。



これが今回の他院撮影の写真

矢印部分の陰影が濃い。膿瘍か何かがあるのだろうか?デジタルは鮮明さを出すために?コンストラクションの強調をしすぎるようなので、読影が難しい。



暗い部分を見るために露出を上げてみた。
骨梁が見えるようなので、膿瘍の可能性は低いように思う。

気にしないでもいいのではないだろうか?
再々植をするとしても1年以上経過後だ。







Last updated  2022/07/10 12:35:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/07/06
40代男性、咬合性外傷、左上1歯根クラック、穿孔、歯根端切除術

僕は膨大な画像を残しているので、過去に遡って詳細に検証することができる。小学校高学年の頃にはすでにやっていたので、やはり一生やっているのだろう。

3年5ヶ月前に抜歯再植したのだが、違和感とフィステルができたということで、再植当時の画像を確認してみた。





抜歯してみると、歯根端切除してあったが意味のないものだった。クラックも穿孔もそのままだったからだ。



歯根端切除部分、クラック、穿孔部分を除去トリミングしていくと、内部にはクラックが広がっていることがうかがわれる。



拡大画像



とにかく怪しい部分は除去した。クラックも歯茎部まで完全に除去した。



スーパー◯ンドの筆積みで修復した。



別件でいらっしゃった9か月前にこういうこともあろうかと撮ったレントゲン写真がある。
フィステル相当部に小さい陰影が見えるが、これが何かはわからない。今回の違和感やフィステルと関係があるのかどうかもわからない。単なる写り具合なのかもしれない。可能性としては、またクラックが広がって、スーパー◯ンドが剥がれたか? 

咬合性外傷がある方なので、何があるかわからない。何でもありだ。

 3年5か月ではちょっと早いような気もするが、再々植をしてみるか? 再々々植くらいまでは普通にやっている。再々々々植くらいで皆さん諦めるみたいだがw   もう十分です、ありがとう。







Last updated  2022/07/07 07:39:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全86件 (86件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR


© Rakuten Group, Inc.