1305171 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

2008.08.09
XML
カテゴリ:アメリカ映画

 ワイオミング州ブロークバック・マウンテンの雄大な風景をバックに、2人のカウボーイの20年にわたる秘められた禁断の愛を描いた物語。
この年の映画祭を賑わせた秀作で、ヴェネチア映画祭ではグランプリに輝いています。


人間はまだまだ進化を続けているんですね、おかしな言い方だけど、そう感じました。同性同士が性別を越え、愛し合うことができるようになった時代。性同一性障害とかオカマというのじゃなく、様々な面で許し受け入れる個体になってきてるみたい。心も体も。

物語の舞台は60年代からの20年間。まだ同性愛者を受け入れる社会ではなかった頃の物語です。
観客はといえば、彼らの愛を純粋だと思い、素直にラブストーリーとしての切なさを感じてしまう。男同士の純愛をまっすぐに描いた作品は、まだあまり作られてはいないけど、そんな中で、私にとっては『蜘蛛女のキス』が一番忘れがたい大好きな作品です。

BrokebackMountain.jpg brokeback_mountain_xl_02.jpg

季節労働者としてブロークバック・マウンテンで出会い、いつしか友情を越えて愛し合うようになるイニス(レジャー)とジャック(ギレンホール)。二人はひと夏の出来事として別れた後も互いに忘れられず、ついにある4年後、再会を果たします。
結婚して子どももいる二人でしたが、求める想いは強く、20年に渡ってブロークバック・マウンテンの麓で逢瀬を重ねるのでした―――。

愛は続いても、二人の人生は相反していきます。農機具販売をする義父の会社でセールスマンとして働くジャックは裕福になり、余るほどの金と時間がある。一方イニスは、妻に関係がバレて離婚、地元の牧場で働き続けますが、二人の娘に養育費を払い続けて余裕がありません。
遠く離れたイニスの元へ、自由のきくジャックが通い、その関係は成り立っていましたが、年に数回逢えるだけの関係にジャックは満足できなくなり、イニスの生活の苦労も限界を迎えて、ついに二人の関係にヒビが入り始めるのですが・・・。
終わりごろの諍いのわけがよくわかります。秘密をもち続け、意識のどこかで怯えながら生きている二人の苦悩も。

いつか破局がくることや、そのきっかけも、抱く気持ちに逆らわずに自然と展開していきました。そういった面では、王道をいく作品です。
評価されたのは、20年に渡る心の描写を丁寧に描けているからに他なりません。ただ男同士の恋愛であるというのが斬新なだけで。
若くして貫禄あるジェイクと、リバー・フェニックスを髣髴とさせるヒースの繊細な演技と、美しい自然。三拍子揃った様が、何より視覚に絶大なる好印象を与えていきます。今年一月、ヒースが若くして亡くなったことも、心の何処かで儚い切なさを湧かせました。
王道をいった巧いラストに、素直に泣かされました。ジャックと父親の確執には、添え物感が拭えなかったけれど。


監督のアン・リーは先日の『推手』がデビュー作。台湾出身で、『いつか晴れた日に』『グリーン・デスティニー』『ハルク』など、作品に統一性がない人。
最新作の『ラスト、コーション』も、まさか氏の映画だとは思いもよりませんでした。劇場へ行けなかったのですごく楽しみにしている作品です。

最後にワガママをいえば、18、9歳頃であろう出会ったころの二人が、すでに貫禄あって若き日の出会いに見えなかったのが残念。老けメイクせずに20年後のシーンまで演じきるので、長い年月に及ぶ愛の壮大さが薄れてしまったようで。
それもこれも二人の存在感に味があるからゆえでしょうか。



監督  アン・リー
原作  アニー・プルー
脚本  ラリー・マクマートリー  ダイアナ・オサナ
音楽  グスターボ・サンタオラヤ
出演  ヒース・レジャー  ジェイク・ギレンホール  ミシェル・ウィリアムズ  アン・ハサウェイ

(カラー/134分)








Last updated  2008.08.10 21:48:02
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.