4284545 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

shigechan2008のブログ

2015.06.21
XML
古そうなラジオ:R-905Jを数箇所整備しました。
今頃気付いたんですがR-905Jって全貌を紹介していなかったような気が(^^ゞ こんな感じのラジオです。
R-905J-全景1.jpg

私の覚えている古いラジオって、こう言う本革のケースが付いていましたね〜。使っている内にこんな風に傷んでくるんですが、これが勿体ないというか悔しかったです(^_^;)
R-905J-全景2.jpg
革ケースを外すとこういう風になります。中は金属シャーシなので重量化あり!
R-905J-全景3.jpg
側面を見るとDX-Local切り替えスイッチやトーンコントロールつまみが在り、なかなか高級機の位置づけだったのかも知れません。
R-905J-側面2.jpg

R-905J-側面1.jpg
そしてロッドアンテナの頭が大きいです!
R-905J-上面.jpg
画像の中に書いたとおり、これは上に伸びるだけで角度可変にはなっていません。バッテリーインジケーターとSメーターが付いているので、やっぱり当時としては高級機だったんでしょう。
R-905J-Sメーター.jpg
正面に付いたローラーのような同調つまみは、いろんな機種に使われていますね。本機にはファインチューニングも付いていて、短波帯を受信するときにすこぶる便利です。
R-905J-同調つまみ.jpg
何故便利なのかというと、短波帯は同調がクリティカルなのでダイヤルを合わせにくいんです。そんな時はダイヤルを回しながら”あっ、何か音がした!”と思ったら、主ダイヤルを少し戻してからファインチューニングを使うと、凄く同調しやすくなります。実際に使って見ると感激しますよ。

そして今日整備したのは、下記3項目です。
1.電池室マイナス電極交換
2.短波帯感度調整
3.麦球のLEDへの交換

まず電池室マイナス極金具は、最初こんな感じでちょっと接触が弱いかなと思いました。
R-905J-14.jpg
これを手持ちの金具と交換。RF-858の修復でも使った金具です。
R-905J-15.jpg

そして短波帯の感度調整は、フェライトバーアンテナの右側に巻いてあるコイルの位置と、筐体左端にあるトリマーコンデンサを根気よく調整して追い込みました。
R-905J-16.jpg
バンド上下端での感度差もだいぶ少なくなったと思います。

最後はダイヤルライトの麦球交換です。本機の麦球は明るかったのですが、明るければ明るいでフィラメントが切れやすくなりますので、電球色LEDと交換してしまいました。外した麦球がこれ。
R-905J-麦球.jpg
交換後にLEDを光らせたところが下の画像です。
R-905J-LED.jpg
上から2枚目の画像で、ダイヤルライトスイッチの斜め上にあるMW/SWと書かかれた銘板の裏側にダイヤルライトがあります。これくらい明るければ充分でしょう。
今はAMを聞いて動作確認中です。






最終更新日  2015.06.21 18:03:20
コメント(0) | コメントを書く


PR

コメント新着

藻緯羅@ shigechan2008さんへ 午後に、赤マークが付いていたのでOSを12.…
shigechan2008@ 藻緯羅さんへ 藻緯羅さんへ 今日は。 macOSは12.3.1へ…
藻緯羅@ shigechan2008さんへ Numbersはバージョン11.0で、 OSは12.2.1…

プロフィール


shigechan2008

バックナンバー

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

カレンダー

楽天カード

ニューストピックス

お気に入りブログ

聞こえる筈の声でも… New! Photo USMさん

#E195系 キヤ工臨 俯… New! 鉄人騎士。さん

甘酒・豆腐・小豆缶~ New! セミ・コンフィさん

【10%ポイントバック… New! スッキー3999さん

「明智駅」での撮影… New! こたつねこ01さん

再開します New! エンスト新さん

2022 株主総会 セブ… New! mkd5569さん

今日はカゼ・・・🌀😷 New! ナイト1960さん

ワンプレートの焼き… New! すなおらぼさん

問題発生 New! こ うさん


© Rakuten Group, Inc.