465018 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今日、何読んだ?

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

ノンフィクション

2021.04.30
XML
カテゴリ:ノンフィクション
病院に動物園がやってきた! 二瓶健次 

 病院にきてほしいものが、動物園や遊園地というのは、重篤で長期に入院している子どもたちの希望だと、本書の冒頭を読むとすぐに気づく。
 それをヴァーチャル・リアリティ(VR)でやっちゃった、ということが本書に書かれてある。
 それはそれは感動モノですな。
 すごいことやるもんだなと読み手は感心するわけだ。
 ところがこの話現代の話ではないのだ。
 世紀末ころの話なのだ。
 それは本書の古臭い写真を見るとわかる。
 今リモートだのテレワークだの盛んで、それはまるでコロナ禍のいい方の産物みたいなことが言われているけれど、すでに四半世紀前にVRで小児科に動物園やら遊園地がやってきていたんですぞ。
 そして小児患者の大喜びする姿に読み手はまた感動するのだ。
 純粋に小児患者が喜ぶ姿を見たいという思いから、動物園やら遊園地を呼んだのだろうが、その後付で患者の精神やら快癒に及ぼす影響が学術的に論じられることになる。
 しかしそれにしてもこういう話が今まで埋もれていたんだね。
 それでVRの世界はゲームの世界になってしまい、さらに今日のリモートやらテレワークになって、動物園が病院にやってきた話なんて、全く埋もれてしまっていたんだ。
 そもそもこの本の題名を見た瞬間思ったことは、多分病院の敷地に動物を連れてきて患者と触れ合わせたんだろうなどという想像をした。
 VRだったなんて驚きで、しかもかなり精度の高いものだったらしい。
 こういう技術が四半世紀前にはすでに世の中に出ていながら、大きな普及をしなかったのは多分費用の問題、技術者の問題などがあったからだろう。
 まあそれにしても過去だからと侮ることなかれ、ということでしょうなあ。






最終更新日  2021.04.30 05:00:06
コメント(0) | コメントを書く


2020.09.05
カテゴリ:ノンフィクション

残念な警察官〜内部の視点で読み解く組織の失敗学〜【電子書籍】[ 古野まほろ ]

 著者は元警察キャリアで、警察大学校で警察不祥事について授業を持ったことがあるという。
 今を去ること20年前警察の不祥事が相次ぎ、一連の警察改革が始まった。
 ところが今の警察官の中にはこの不祥事のオンパレードを知らない者が多くなったのだという。
 著者はそこをまず嘆いて見せていましたな。
 警察キャリアとは言え現場も少しはかじっているので警察のことをしれたければまず本書を読んでほしいなと警察小説や推理小説の書き手にまずもって申し上げたい。
 警察の基本的なことも詳細に記してある。
 それ以上に、桶川事件、神奈川事件、新潟雪見酒事件、石橋事件という警察4大不祥事について、
 私は、この『腐ったミカン型』と『腐った果樹園型』の識別は、とても重要だと考えます。
 市民として言えば、『腐ったミカン』によるものは、仕方がない。
 それが果樹園の主によって、適切に認知され処理されるのなら――被害者に対する慚愧の念やお詫びを別とすれば――ミカン栽培上、前提としなければならないリスクです(果樹園の主がそんなことを公言できないのは、言うまでもありませんが)。
​として、警察官個人の資質か(腐ったミカン)、警察組織の問題か(腐った果樹園)の観点から詳述する。
 特に桶川事件は警察内部で忘れようとしても忘れられない不祥事であり、本件捜査の責任者たる上尾警察署刑事第二課長は、
 刑事第二課長の職に就くまで、主として鑑識業務に従事してきた。
 捜査に従事した経験がなく、捜査の実務がよくわかっていない。
 よって、自らが捜査を担当するのを回避し、全て部下に担当させた。
​上、その下に牢名主様的な大ベテランの知能犯捜査一途の警部補がおり、彼が本件に関して何ら積極的な行動を起こさなかったことが後に明らかになっている。
 そして実働の部下巡査長との3人が懲戒免職処分で警察の世界を去っているのだ。
 警察内部では本件はまさに喉に刺さった魚の小骨でしょうな。
 本当に重要な案件で、警部、警部補はおろか実働の巡査長まで懲戒免職処分ですからね。
 本件が著者がいう腐ったミカンなのか腐った果樹園なのかについては本書では腐った果樹園論を主張しているけれど、それ以上にそれぞれが腐った果実であったという点も否めないと著者の書きっぷりを読んでいると思えてくる。
 本書は現代警察を考察する上で欠かせない好著である。






最終更新日  2020.09.05 05:25:16
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.02
カテゴリ:ノンフィクション

棄民世代政府に見捨てられた氷河期世代が日本を滅ぼす【電子書籍】[ 藤田 孝典 ]

 この棄民世代というのは俗に氷河期世代と呼ばれている世代らしい。
 その範囲は驚くほど広いが、最後は1984年らしいから、今年36歳の年男、年女が最も若い棄民世代ということになろうか。
 それはともかく、この世代が、秋葉原事件、京アニ事件など数々の大事件を起こしている。
 正職につけぬまま世の中を漂流している世代なんだよな。
 そして今やその世代が日本の中核になっているということに驚きを禁じ得ない。
 中にはたとえば上智大学に脅迫文やら劇薬やらを送った犯罪者もいて、彼は、理路整然と裁判で自己主張したという。
 いわば、この世の鬼っ子だ。
 彼らがなぜ鬼っ子になったのかは、個々の事情によるのだろうけれど、なによりミレニアムから新世紀に変わるあたりに、多感な少年時代、青春時代だったということと無関係ではあるまい。
 確かに彼らは、不利益な氷河期にぶちあたった。
 そんなこと少年時代には考えてもいなかったことに違いない。
 大人になったら、思い描いていたはずの幸せにはいたらず、結構茨の道を歩むことになり、挫折、そして、犯罪、か。
 彼らに将来はあるのだろうか。
 なにか、救いようのない、悲しい人たちのような気がする。






最終更新日  2020.05.02 05:13:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.19
カテゴリ:ノンフィクション

【中古】 裁判官が見た光市母子殺害事件 天網恢恢 疎にして逃さず /井上薫【著】 【中古】afb

 まずは犯人の言い訳から。
 自分は 25歳になろうとしている。
 今なら事実関係に ついても話ができる。
 これまで捜査機関や裁判所から言われていることは事実とは違う。
 (略)目的で被害者に抱きついたのではない。
 寂しくてつい家の中 家の中に入れてもらった被害者に優しくしてもらいたいという甘えの気持ちから抱きついてしまった。
 そして被害者から抵抗されてパニック状態に陥り無我夢中で何が何だかわからないまま結局被害者二人を死なせてしまった。
 それでそれまで(略)をしたことがなかったので(略)
​ 
 こんなひどい言い訳がまかり通るわけがあるまい。
 犯人はそうまでして生きたいのだろうが本件犯行の残忍さとか自分本位的な犯人の動機を考えると極刑にしてほしいと思うのは私だけではないと思う。 
​ そのような被告人に対しても弁護人がつくのであるが、それに対して、
 「あの弁護団に対してももし許せないと思うんだったら一斉に弁護士会に対して懲戒請求をかけてもらいたい 。懲戒請求は弁護士会に行って簡単に掛けられるので何万何十万と立てて もらいたい」
 こう述べたのです。
 これに触発されて全国的に弁護団構成の弁護士に対して懲戒請求が増え平成19年12月21日現在で総計8127件もの懲戒請求が行われているとまで言われ ています。
というようなことにもなっている。
 人権を保護しなければならないのは当然だ。
 しかし被害者側が上記のような気持ちになるほど本件裁判では弁護士の行状がよくなかったらしい。
 刑事裁判はスポーツではないからフェアプレーの精神なんてありえない。
 それを期待するのはナンセンスだ。
 裁判官、裁判員はそれらを見据えて判断しなければならない。
 本件では事実関係で争われることはないだろう。
 最初の抜き書きにある、犯人の動機の真実性を裁判官、裁判員がどのように判断するかがポイントになると思われる。






最終更新日  2019.08.19 05:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.29
カテゴリ:ノンフィクション

【新品】【本】福島原発事故 どうする日本の原発政策 安斎育郎/著

 羹に懲りて膾を吹くのなら、日本にはもう原発は必要ないということになろう。
 にもかかわらず、また、核廃棄物の処理が十分でないにもかかわらず、まだ次のような議論があるのは、到底理解できない。

安斎育郎

 熱出力と言うのはそれぞれの発電所がそもそもどれだけの熱エネルギーを発生しているかを表しており電気出力というのはそのうちの電気のエネルギーに変わった分がどれだけあるかを示しています。
 熱効率は電気出力が熱出力の何パーセントを占めるかを表したもので原発ではだいたい31から32パーセント程度で火力の40パーセントには遠く及びません。
 現在この熱効率を火力並みに高める技術開発が続けられていますが危険と引き換えにならないことを望みたいものです。

 コストの面からも、原発は決して安くない。
 ただ目の前の安直さから、認めるのであれば、それはおかしなことだ。
 原子力を真に安全に活用できるまでは、完全に諦めるのが筋ではないか。
 原発事故から100キロくらいの福島市の線量は、普通の街より多く、2ケタ違う。
 その現実を誰も語らず、福島市民が普通に生活しているかのように感じているのもおかしなことだ。
 原発再開反対なんて一部の人が声高に叫んでも、誰も見向きもしない。
 オリンピックが東京に決まった時の茶番は一体なんなんだ。
 線量が怖いということを感じることはないのか。
 あの事故は、地球史上最大の犯罪ではなかったのか。






最終更新日  2017.11.29 08:32:29
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.28
カテゴリ:ノンフィクション

福島原子力事故の責任 法律の正義と社会的公正 [ 森本紀行 ]

 呆れた総理大臣。
 想定外の事態が起きた時、完璧な処理ができる人などいないだろう。
 その意味で菅直人総理大臣は、不運だったとも言える。

森本紀行

 賠償よりも政治といえば当時の菅直人首相が最後の最後まで自らの辞任条件にあげるほどに「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」の成立にこだわり続けたことにも言及しておくべきだろう。
 この時の菅首相はもはや原子力損害賠償には関心を失っていたとしか思えない。
 現実の事故の補償よりも事故後のエネルギー政策の方により強い関心があったのである。
 首相は事故の収束を退任の一つのめどとしていたのだが事故の収束の最大の眼目は原子力損害補償ではないのか。
 その意味では呆れた総理大臣であった。

 その後の処理も、上記のとおり、全くなっていない。
 不運を通り越して、彼が、無能と言われる所以だ。
 そして、この無責任さから、人々は、民主党支持をやめてしまう。
 一強政治を作ったのは、ほかならぬこの民主党政権である。
 今も言われて言うことは、原発事故発生時の指揮能力のなさ、その後の無責任さだ。
 自己保身としか見えぬその行動は、この未曾有の巨大事故が発生したからこそ表出してきたもので、原発事故が発生しなかったら、個人のうちに隠されてしまい、今もって、民主党政権が続いていたかもしれない。






最終更新日  2017.11.28 08:16:35
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.27
カテゴリ:ノンフィクション

誰も書かなかった福島原発の真実 (単行本・ムック) / 澤田哲生/著

 本当に原発事故を呑気に構えていていいのか。
 切迫性とか緊迫性というのが見当たらない。
 事故処理は全くの手付かずではないのか。

澤田哲生

 水蒸気爆発や格納容器内の直接加熱ではないとわかった。
 しかし事態はこの水素爆発で一変した。
 それまで私はその日のうちから長引いても3日くらいで事故は収束するだろうと思って入った。
 スリーマイル島原発事故のことが頭にあったのだ。
 だが水素爆発が起こってしまった以上はもう少し長引くのは必至と内心思った。

 福島県の放射線量は減らないし、福島原発そのものの見通しも立っていないようだし。
 これからまた大事故が起きたりしないのか。
 そしてそのことを誰も疑問に思わないのか。
 この前、久しぶりに福島市に行ってきた。
 原発事故前以来10年ぶりだった。
 見た目には何も変わったことはなかったが、線量は他所と2ケタ違い。
 実はここに終の棲家を建てようと妻と話していたのだ。
 まだまだ頻繁にはいけないところだと思った。






最終更新日  2017.11.27 08:59:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.26
カテゴリ:ノンフィクション

福島原発人災記 安全神話を騙った人々 [ 川村湊 ]

 原発人災マネーだそうだ。
 それが大メディアに流れているらしい。
 ふむ、だから、朝日すら大騒ぎしないか。

川村湊

 この他に3億円余が政府からの交付金として渡されている。
  その支出で注目されるのは朝日新聞、読売新聞などへのコラム提供や大きな紙面広告それに放送局への番組やCM提供、シンポジウムや講演会の主催など。
 (略)
 読売新聞は正力松太郎が原子力委員会の委員長だったことからも明らかなように原子力ビジネスそのものを日本に持ち込んだ。
 (略)どちらかというと革新的と言われる朝日新聞もしっかり原子力マネーを受け取っているのである。


 そもそも森友・加計問題なんてことにあれだけ目の色を変えている朝日が、原発問題はあまりにも静かすぎるもんな。
 今日の記事に、凍土壁のことがあったが、本当に久しぶりの感がある。
 それはともかく、本当に実際、どうなっているのだろうか。
 ことは深刻なはずなのに、みんた忘れてしまっている。
 この前、10年ぶりで行ってきた福島の放射線量は、やはりよそとまだ2ケタは違うみたいだ。
 そのほか、廃棄物の処理など解決していない問題がいっぱいあるはずだ。
 その辺を各マスコミはもっと報道すべきなのではないか。






最終更新日  2017.11.26 08:48:07
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.03
カテゴリ:ノンフィクション

「少年A」14歳の肖像 [ 高山文彦 ]

 酒鬼薔薇聖斗という名前で始まったこの事件は今も 人々の記憶に残っているのではなかろうか。
 センセーショナルに報道機関で報じられたこの事件の情報を解析すれば、最初から犯人が子供であるということは推測できた。
 なぜだろう。
 幼い子が犠牲になるのは。
 同じような年頃の子を持つ親の心配は計り知れないものがあったろう。
 そして犯人が我が子であった時の親の気持ち。
 一体どんなものだったであったろうか。

高山文彦

 天井裏の方の面を見ると赤茶色の汚れがあった。
 父親は雨漏りではないかと思いまじまじとそれを見た。
  外は台風の接近で激しい雨が降っている。
  もし雨漏りだとすれば天井板は濡れているはずだった 。
 だが赤茶色のシミは何日も前につけられたもののようにすっかり乾ききっている。
 「この天井板はどういう意味があって必要なんですか」と父親は尋ねた。
  捜査員は気の毒そうに顔をしかめて黙り込んでいる。
 「 どうしてなんですか。教えてくれてもいいじゃないですか」 母親がいいつのると諦めとも同情ともつかぬ顔になって「お宅の息子さんが淳君の頭部を持ち帰って一旦天井裏に隠したと説明しているんです」と言いにくそうに答えた。

 自宅の天井裏に被害者の頭部が隠匿されていたという事実を知った時のショックはいかばかりであったか。
 その人でなければわからないことだろうが、尋常なものでなかったことは推測できる。
 この事件の前にもこの事件の後にも幼い子供が 犠牲になる事件は起きている。
 すでに犯人が死刑になった事件もある。
 現在公判中の事件もある。
 現在公判中のものでは 被告人が事件を否認している例もある。
 また冤罪で無罪となった事件もあった。
 つまりかような大きな事件が起これば 一筋縄では終わらないのである。
 かような事件を起こさないためにいったいどのようにすればいいのか。
  被害に遭わないための手立てはあるのか。
  私たちは、起きるたびに騒ぐのではなく、起こさないための努力をすることが必要なのだと思う。






最終更新日  2016.11.03 10:03:13
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.30
カテゴリ:ノンフィクション

【中古】 三億円事件 /新潮社/一橋文哉 / 一橋 文哉 / 新潮社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

 しかしあの事件は結局迷宮入りしたが、今も真犯人探しが行われている。
 
一橋文哉
 すっかり余裕を持ち始めた先生は、つい、口を滑らせた。
 「 ただ犯人もあまり時間がなかったんだろうね 。塗装が乾かないうちに布で覆ったものだから、布辺がくっついて残ったもの。それに車体に洗濯バサミを残したままだったのは、証拠としてはともかく、犯人の慌てぶりを示した点で誤算だったんじゃないか 」
 「あー、それは確かフェンダーのところでしたね」
 「 いや、エンジンかバッテリーの下のところだったんじゃなかったっけ」
  先生はまんまと私の仕掛けた罠にはまった。
  犯人がオートバイを白く塗装した上に黒い布を被せ黒バイに見せかけていたことはこれまでの報道でよく知られている。
 だがエンジン付近もっと詳しく言うとバッテリーカバーの下部にピンチと呼ばれる金属製洗濯バサミが残っていたことは一般にはほとんど知られていなかった。
 つまりこの先生が口を滑らせた言葉は犯人しか知り得ない事実であり秘密の暴露に当たる可能性が高いのだ。

 つまりこの先生が犯人ではなかろうかとなる。
 事件はまもなく50年になろうとしている。
 貨幣の価値は変わっても、3億円と言うのは今も高嶺の花だ。
 だから今も謎解きが行われているのだ。






最終更新日  2016.10.30 08:12:33
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.