ゲニウス・ロキ

Freepage List

Oct 17, 2009
XML
カテゴリ:POETRY


あれは確か
8月の日の最後の日曜日のこと
海辺に打ち上がった
クジラの噂で
町中が持ちきりになった

青いクジラは
夏の太陽の光を反射し
焼けてグッタリと
眠っていた

ぼくらはまだ小学生で
親に買ってもらったばかりの
新品の自転車の後ろに
メイちゃんを乗せて
浜に急いでいた

彼女はぼくの背中に
ぎゅっとつかまり
固く目をつむっていた

クジラ
見たいだろ?

メイちゃんは
大きく頭を揺らして
恐いと言った
ぼくは彼女と一緒に
クジラを見たかった

恐くなんか
ないさ
浜にでっかいクジラが
打ち上がったんだ
こーんなに大っきい
クジラなんだ

ぼくは見たこともない
クジラの話を
メイちゃんに一所懸命に話した

浜辺へ通じる
なだらかなカーブを
ぼくらは
下って行った

綺麗な海と空
緑に輝く樹木たちが
ぼくの心を弾ませた

ねぇ!
引き返してよ!

メイちゃんは
ありったけの力で叫んだ

それがぼくには
聞こえなかった

もうすぐ
クジラの浜だ
ブレーキなんて
少しも

必要なかった

ぼくの青いクジラと
メイちゃんの
青いクジラは

あのカーブの入り口で

永遠の別れを

告げていった

あれは確か
8月の日の最後の
日曜日の
ことだった






Last updated  Oct 18, 2009 12:18:39 AM
[POETRY] カテゴリの最新記事


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ニキ@

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News


© Rakuten Group, Inc.