2007624 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

『蜷の綿 -Nina's Co… New! ゆきんこ9116さん

天使のウインク  … リライト8142さん

Happy Birthday to … CherCYさん

今ごろ「令和」をdisる 王道名なしさん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと*さん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…
エトワール@ Re:Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)(02/02) 「アルルの女」素晴らしかったですね☆ 感…

Headline News

Profile


gamzatti

2007.01.20
XML
カテゴリ:シェイクスピア


ハムレットといえば、ローレンス・オリヴィエ。
ここまでハムレットのこと書いたんだから、やっぱ見なくちゃと思い、
1948年公開の映画「ハムレット」のDVDを500円で買いました。

名画DVD ハムレット VCDD-15
(著作権の年限が50年から70年になって、いろいろ問題になった、あの廉価DVD)

市村さんと同じで、もうかなりお年になっての撮影ですから、
フリフリの襟のブラウスとか、ちょっと違和感あるんですけど、
でも、セリフを聞いていると、その迫力にのけぞってしまいます。
特に、父王の亡霊と出会うまで。まだ狂人のふりをしてない時のハムレットがすごい。
ケネスと違って、後半からはわりとカットしてある部分が多いので、
ちょっともったいない感じさえします。
オリヴィエで、ハムレットをすべて見たい! 
その絶頂期に舞台で観られた人は、幸せでしょうね。

この映画は、セリフのないところを、目と目の演技とか、椅子の大写しとか、
そういうので意味をもたせていて、すごく話の流れがわかりやすくできてます。
機会があれば、見てください。
イギリス人のハムレット観がよくわかります。
また、劇中劇として出てくる黙劇では、バレエのマイムと動きの意味が同じでした。
やっぱり、文化ってつながっているんですね。

*2006年5月29日のMixi日記をもとに書き直しました。

これで、ハムレットはおしまい。
長々つきあってくれた皆さま、ありがとうございました。






Last updated  2007.01.20 21:27:32
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.