2556759 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

ガムザッティの感動おすそわけブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

キンプリちゃんデビ… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

ミュージカルMozart… YYCafeさん

グレイズ・アナトミ… 王道名なしさん

裕次郎の名演技に注… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと5747さん

Free Space

設定されていません。

Comments

gamzatti@ Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28) ひよこさんへ 訂正ありがとうございました…
ひよこ@ Re:「ムー」「ムー一族」(05/28) ジュリーのポスターに向かってジュリーっ…

Headline News

Profile

gamzatti

gamzatti

2008.03.04
XML
おととい久しぶりにステキな「ジーザスクライスト・スーパースター」を聞いて、
私たち夫婦はちょっと気分高揚。

私たちにとって「ジーザス」といえば、テッド・ニーリーなんですよ。
赤ちゃんにとって最初に見た人を親と思う刷り込み現象と同じく、
最初に見た「ジーザス」がテッド・ニーリー。

もう、35年も前のことです。
その、35年前に「ジーザス」として君臨していたテッド・ニーリー、

なんと!
今でも現役ジーザスだったなんて!!!!

驚きの映像が、こちら。2006「Farewell Tour」の一部です。

削除されていたので、こちらをどうぞ。


ゲッセマネの嘆きから始まり、
「I want to know, I want to know, my Lord…」のあのたたみかけるクレッシェンド、
そして雷(いかづち)が落ちたような、あの高音の雄たけび…。
あまりに大きすぎる使命と試練の前で逡巡するジーザスが、
自分の内なる神と真っ向対峙しながら、
神に挑戦するようにして自ら運命を受け入れていくその過程が、
6分間に凝縮されています。
このミュージカルで、私がもっとも愛する場面であり、
最高に感動的な場面です。

この映像、プロモーションオンリーで、
見ている人たちの様子も映っているんだけど、
その驚愕と尊敬のまなざし、ヒザから崩れ落ちそうな感激が、
こちらにも伝わってきます。
ていうか、私たちと同じ反応!!!

もう、テッド自身がイエス・キリスト的存在なのかも。
彼をおいて、何も考えられません。

同じ場面、1973年の映画はこちら

若いときの映像と今と、見比べてみてください。

若くても、歳を重ねても、
その存在感、その声量、その表現力…すごいです。

「ジーザスクライスト・スーパースター」について詳しく知りたい方は、
ペルシャ猫さんのサイトを一度ご訪問ください。
なーんでもソロっております。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2012.02.25 00:09:59
コメント(8) | コメントを書く
[ミュージカル・オペラ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.