2041066 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

ヒットしますように… リライト8142さん

猫山映画の部屋 ド… 猫山文楽軒さん

思い出し日記~10月♪ CherCYさん

犬型ロケット砲 王道名なしさん

栗山民也「カリギュ… ゆきんこ9116さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:gamzatti.comへの移行(06/20) HPはもう大分前にRSSリーダー登録して読ん…
エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…
エトワール@ Re:Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)(02/02) 「アルルの女」素晴らしかったですね☆ 感…

Headline News

Profile


gamzatti

2009.06.05
XML
カテゴリ:太宰治
今年は太宰治生誕100年ということで、
彼の作品がいろいろなところでとりあげられています。

この前「斜陽」の映画化について書きましたが、
今回、「パンドラの匣(はこ)」も映画になることがわかりました。

「パビリオン山椒魚」の監督・冨永昌敬が、
そのときの音楽・菊地成孔と再び組みます。
キャストにも、
染谷将太や仲里依沙といった期待の新人から、
窪塚洋介、洞口依子、ミッキー・カーチスといった実力派まで取り揃え、
いったいどう料理してくれるんだろう?の期待感に胸がふくらみます。

…でもみなさん、
「パンドラの匣」って、どんなお話かご存知ですか?
太宰治の作品の中でも、
「斜陽」や「人間失格」「晩年」
「走れメロス」「富嶽百景」「津軽」「お伽草紙」くらいまでは、
まあ名が知れてる、というか、
読んでないにしても、なんとなくどんな話か伝え聞いていたりする人が多い。

そうですかー。
「パンドラの匣」ときましたか。

胸を患った主人公が
「健康道場」という療養所に入って、
そこから友人に書く手紙、というスタイルで綴られた
新聞小説です。
実は、東大阪にある実在の結核療養所に入っていた人が太宰のファンで、
二人の間では手紙のやりとりがあり
療養日記が死後太宰に贈られ、
それをもとに書いた小説なのだそうです。

6月10日には、東大阪で展示が開催されるそうです。
お近くの方で太宰に関心のある人は、
ぜひお立ち寄りくださいね。

また、
今回の映画化を期に、
宮城県の河北新聞社では6月1日から夕刊に復刻連載しているとのこと。
当時の出版局次長が、故郷金木に疎開中の太宰を直接訪ね、
執筆を依頼したということです。
東北の作家に、東北の新聞社が、ということもあるのか、
小説の中の「健康道場」は、東北に設定されています。

復刻連載とはほんと、
おもしろいこと考えつきますねー。
挿絵の版画もすごいみたいですよ。
私は早速申し込みました。
(販売エリア以外の購読の場合、郵送料もかかります)

私もかつて読むには読んだけど、印象薄いんですよねー。
ちょっと見返してみたら、
なるほど、
これは映像化したほうがわかりやすいし親しみやすそう。

映画がとっても楽しみになりました。
公開は10月です。







Last updated  2009.06.05 11:17:22
コメント(0) | コメントを書く
[太宰治] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.