4935458 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のりのりでいこう!香港&海外情報

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Ranking

Profile


NORI香港

Freepage List

全121件 (121件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

★2015 アフリカ 中東

2017/06/02
XML


2015年 エルサレム ヴィア・ドロローサ を歩いてみる・ 
下記より動画

https://youtu.be/2eNgj2x6YaU





religion  宗教 
Jerusalem Via Dolorosa


2017年5月後半 トランプ アメリカ大統領はサウジアラビア  
イスラエル パレスチナ等を訪問・ 
海外のNEWSで大統領が何処を訪問したかを見ていました・・・


上記は宗教の聖地があることでも有名であるが、
現在 サウジは観光で入国するのは非常に難しい・・・ 
Jerusalem  エルサレムはユダヤ イスラム キリスト教の聖地でもある・ 


宗教の話題は基本タブーであると思われるが、
エルサレムは世界中から観光客が集まる場所でもあるのでアップしてみる・
私は  Christian キリスト教徒ではないが 
意外に殆ど全ての聖地は訪問する機会があった・ 

ヴィア・ドロローサとは 強引に簡単に言うと
新約聖書 福音書などから想定される イエス キリストが 十字架を背負い 最後の歩み・・・

諸説あるし・・・
また
イスラエルで出会った人はかなり知識があったが、結構ランボーで 
キリストなんて そもそもいない とか・  キリスト教は嘘ばっかとか、  死んだ人間が 生き返った、復活したなんて ある得るか???  
言っていたが、 そういう考えは そういう考えで良い・  
他人が何を信じようと自由である・・・・ 

この動画は キリスト教徒からみると こんな感じなのかな??? 
と思いながら以前簡単にまとめた動画を今頃アップしてみた・
滞在中 宿を移動し 旧市街のど真ん中に滞在してたのもあり、何度もこの道を通ることになる・
昼 夜と2回ずつ 合計4回動画や写真を撮った・・・
昼間はキリスト教徒の巡礼の方が多く 色んな思い出その道を歩いている・・・


エルサレム旧市街は大まかに4地区に分かれていて、
(キリスト ユダヤ イスラム アルメニア地区)に分かれていて、
自分が今 何処の地区にいるのかは空気で大凡わかる・・・
その旧市街に ヴィア・ドロローサ がある・・・ 

私は地図を見ていなかったが、自然と 
自分がヴィア・ドロローサを歩いて、ゴルゴタの丘の聖墳墓教会に行ける  
 9th station は 自然にはいけなかったけど・・・ 



このVia Dolorosaは多くの映画で見ることも出来る・ 
 特に以前見た、 Mel Gibson監督の The Passion of the Christは強烈だった・・・







Last updated  2017/06/02 02:46:40 PM
NORI 2015FEB Palestine Israel / Jerusalem 
Cats/// 
2015年2月 パレスチナ イスラエル エルサレム 
 猫が興味深い声で宿の傍で毎日泣いていた・・・ 
エレサレムもまた 野良猫ちゃんが多いところである・・・
下記は全然関係ないけど こんなのもあるんですね・ 







Last updated  2017/06/02 01:32:29 PM
2017/05/30
世界で何が起こっているか?
イスラエル パレスチナを訪問した時に 沢山の争いを見かける・
下記は動画 
この動画は 深夜にエルサレム旧市街で 地元の人間と旅行者が言い争いをしていた
観光客に FUXX XXX と 穏やかではない・・・
後に軍隊が来た時・・  
エルサレムにいるイスラエル軍人と
パレスチナ ヘブロン 特に H1 H2にいる軍人さんとでは 大分雰囲気が異なる・
エルサレムには世界中から沢山の観光客が訪れるために、観光客に慣れた軍人さんが多い・
また、イスラム教の聖地 岩のドームに行く前には 必ず 軍人さんが機関銃をもって警備している
このドームには ユダヤ キリスト イスラムの重要な聖なる岩が祀ってある
我々 無宗教の観光客は岩のドームの近くまでは行けるが 当然ながら中には入れない・
それは当然のことである・・・
この先からも岩のドームに行ける  写真は深夜 
私は滞在中に 色んなルートから 時間を変え 岩のドームに行こうとしたが、
必ず 軍人さんに、 止められ お前はイスラム教徒か ? と言われた・・・
その都度、今日は午前中しか入れない 午後2時以降に来い 午後2時以降に再度行くと
今日は入れない と 告げられ、 何度 指定された時間に行っても近くまで行けなかった・・・
最終的には 100万回確認して すんなりと入れた・・・
軍人さんは 色んなお仕事をしているようです・・・・・・
 
 
イスラエル パレスチナでは 沢山の事があった・・・ これは後にアップするとして、
まず イスラエルの軍隊 徴兵制について
イスラエル Israel
イスラエルでは  徴兵制 兵役制度がある・
世界中を旅している人は多くのイスラエルで出会ったであろう、
イスラエルの若者は若者は徴兵が終わると多くの方が1年以上の旅をする方が多いと感じる・・・
兵役免除の方はいるが その中でも 超正統派、ハレーディー Haredi
ユダヤ教の最右派でイスラエル人口の10% は 免除
彼らは働かない・・・ お祈りすることがお仕事で 国から金を貰っている 現在 この動きに変化が起きている・・・
  
参考までに、聞いた話では
男子3年 女子は兵役期間が変わっていて現在は1年かもしれない?
女子で兵役義務があるのは世界で2か国だけである・
兵役と言っても、色々な業務があるらしく、事務等もある・・・
日本でも 不思議な言葉を話すが、体は妙にいやらしい仕上がりの女子 下品なピンクの泡を飲んでいる姿も良く見かける
友達としては双方NOであるが、是非 X発お願いしたく候・・・ 乙・
日本の女子がそんな時間を過ごしている間に イスラエルでは若い女子全員 軍隊経験をしている・・・
イスラエルの兵役では化粧はOK、下品なマニュキュアをしている方も沢山いる・
時折滅茶 美人兵士を見かける・・・・
軍服にパイオツ ドカーンと・・・・ ボタンがはちきれそう・・・ な おまけつき・・・
コスプレとは違う 本物だ・・・
軍服を着て機関銃をもっている女子の大抵は太ももが私より太い方が多かった・
世界では 顔はお人形さんみたいなのに、体はダイナマイトみたいな女子も多いが、それも素敵だ・
女子だけで街を巡回警備している姿は見かけなかった・・・
私はヨルダンからイスラエルに陸路で入国した時に、
滅茶滅茶 超かわいい 係員に密室で質問攻めにあった・・・
英語では時折 聞かれるフレーズ
貴方の事をなんと呼べばいいか? と英語で聞かれ、 HONEY と呼んでくれ と言いたかったが、
NORI とアプローチして頂きたい と 回答・・・
吐息を吐くような素敵なVOICEで NORI と何回行ってくれたであろうか?
時間はあっという間に終わり 時計を見たら 確か30分くらいで、私は もっとお願いしたかった・・・
別室送りになる人と、そうでない人に分かれるが、
私のパスポートに中国入国スタンプの多さを指摘され別室送りになる・
参考までに、質問では お母さんの名前、 現在の所持金 クレジットカード 貯金額等を聞かれる・・
その後 更に 今後 行く予定の HOTEL Restaurant等も聞かれ、
私く 若しや チャンス? と思い お誘いしてみようと思ったが さすがに税関なのでやめた・・・
更に所持金の現金が少なすぎる・・・ 対して私は cardで払う・・・ HOTEL代は既に払っているし・・・
街のATMでCASHを引き出すと告げるが、
貴方の所持金では4日でいいわね・・・・ えーーーーーーー BABY 1週間ください・・・
と言ったら、延長は簡単に出来るから 必要であれば ここに行きなさい 言われ終了 ・・
個室で Israelのカワイ子ちゃん・・・ ある意味 超素敵な入国のWELCOME service・・・
噂とは違う 超快適な時間であった・・・
出国も期待したが、残念ながら出国は超簡単に終わってしまった・・・
というように、カワイ子ちゃんも相当多い Israel・・・
私はイスラエル滞在中に 超かわいい・・ 素敵な モデル並みの女性をお見掛けした・・・
これが夏だと 軍服も超SEXYに見える・・・・・ CDのジャケットになるような方も見かけられる・
イスラエルはいつ戦争が起こっても不思議ではない・・・
従い休暇の時は 仮にBEACHで行くのにも 拳銃を所持している・・・ 女子・・・
運が良ければ??? 薬師丸ひろ子さん セーラ服と機関銃ならぬ
Israel パツキン ビキニと機関銃 パイオツドカーンのおまけつき を見れる・
場所と所属が超重要・・・・
そんなカワイ子ちゃんいるわけないだろう???
嘘だ と思うなら、一番手っ取り早いのは インスタを見ればいい・・・・ KEYワード超重要・・・
単純に イスラエル と KEYワード検索しても 出る訳がない・・・
 
イスラエル滞在中に、1日お祭りにあたり、何故か 仮装をしていた ユダヤ人・・・・
軍隊? も 20名位固まり 警備しているような遊んでいるような?
内 1人の女性がミニーマウスの耳をしていたので、写真撮っていい?? と聞くと
周りの男子が OK ひゅーー ひゅーーー とその女子をからかう・・・
そのせいで 女子は恥ずかしがり 写真を撮れなかった・・・・・ こんちくしょう・・・・
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安宿では意外に多くの沢山のイスラエル人の方と出会う・
人にもよるが、私は基本 イスラエル人が苦手でした・・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何故 苦手なのか?
厳しい軍隊生活が終わり 羽を伸ばしたい そんな反動から?
1  世界の宿でかなりPARTYをしている人に出会う・
私は 葉っぱ系に全く興味がない・・・ 彼らの共通点は 深夜まで宿でPARTYを行い 宿から怒られている光景を何度か見た
2 安宿で出会う 若者が 上官から命令されていた反動? パレスチナ人への強烈な上から目線・・・
若者が おじさまの私に対して態度がデカい・・・
私は下手な英語で 対応する・ 終了・
3、2012年 Olympic時に 英国湖水地方のホテルのLOBBYでテレビ観戦していたら
イスラエル人が家族 8名 と一緒になる
娘に買ったばかりの CANONのカメラが壊れた・ と父がいきなり私にカメラを向け・・・
お前 日本人らしいな・・・ これを見てほしい と 言われた・・・
私の自慢のNIKON 見て cameraを治せると思ったのであると思ったらしく 不思議な感覚だ・・・
 
ちょっと待って・ 私は日本人であるが、CANONのカメラには全く興味がない・・・ むしろCANONは嫌いだ・・・
人がOlympicをテレビで見ているのに いきなり失礼ではないか??? と告げるが・・・ ・
娘が超カワイ子ちゃんだったので、
私が好意で 見てあげる 従い もう一度 言い方を変えてお願いするべきだ・・ と 上から目線で対応・
おっ・。。 申し訳ない。。。 丁寧にお願いされ、お互い ニュートラルな気持ちで仕切りなおした・・・
ここで超びっくりしたことは、宿のオーナーが私に教えてくれたのだが
今日は珍しいわ。。 イスラエル人と パレスチナ人 の3組が宿に泊まっている・ こんな経験は過去ないわ・・・
と言っていた・・・ 私は パレスチナ人がオリンピック期間中に湖水地方にいることに驚いた・・・
4 アルゼンチンの エルチャルテンで、トレッキング前に歩き、ホテルを数件回った・・・
内 1件が 滅茶く安かった・・・・ フロントの感じも IN OUTと良く 快適であった・・・
別の面白い事件としては 部屋4人部屋で 早朝 物音で目を覚ます・
起きたら 私の目の前に 大きなブラジャーが転がってきて 、 横のカップルが ぽにゅぽにゅをしていて、直ぐに終わったらしく
私は再度寝た・・・・ 確か ドイツ人か オランダ人のカップル・
後でわかったことであるが ここは イスラエル人宿だと言っていた・・・ 快適であった・・・
他 割愛
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パレスチナ訪問前と訪問後では私に変化が起こった・・・私はPalestineに3回訪問
その例はたくさんあるが、
例えば、
チェックポイントではBUSが必ず止まる・
我々はBUSの中で許可書を軍人に見せ終了
パレスチナ人はBUSから降りることになっていてチェックされる
場合によるが、1回乗客97%Palestine人の時は時間がかかった。
内1回 1人の女性が軍人からライフルを腰に突き付けられ 早くBUSに乗れ と 首で合図した光景を見たときに
一体彼女が何をしたんだ・・ と 猛烈に頭にきた・・・
ねえ。・。。 どうしたの??? イスラム女性に話すのは基本タブーであるが、、
このチェックポイント前にずーーっと話していたので、聞いてみた・
彼女は OK OK と笑顔であった・・・・ なんとも言えない心境であった・・・
パレスチナでイスラエル軍隊との衝突は多すぎるので 別にアップするが、
その夜・ 何とも言えない心境で エルサレムの深夜2時から撮影に出かけた・
見たかった場所は、滞在中に 夜2回 昼2回撮影した、
Via Dolorosa ヴィア・ドロローサ 苦難の道
ステージ1 St.1から ステージ2に向かう途中で三脚を立てていた・・・
人は誰もいない・・・ 軍人2名が機関銃を見せながら 私に向かってきて 話しかけてきた・・・
普通に挨拶をするが、何をしてるの??? とフレンドリーな感じだった・
写真撮ってよ。・。・。 と言われた・・・ なんで私があなた達を撮るの? 普通に聞いた・
だって 貴方の写真はいいんでしょう? と言われた?
写真を撮った後 WHATAPPで送ってくれ と言われた・ 面倒な話だな・・・ と思い。。。
今日あった出来事を その軍人に話をした・・・
チェックポイントでイスラエル軍人が何もしてないPalestine人女性に機関銃を腰につけていたけど
当たり前の話?? 私は普通に感じた疑問をフレンドリーに聞く・・・
彼らは彼らの意見を話してくれた・・・・・ ここ重要なので 次回アップ・・・・
そんなように、 軍人でもプロ軍人と 兵役期間中の軍人がいる・
どちらも厳しい訓練を受けていると思われるが
やはり気持ちが違うと思う・・・
深夜1人で街を歩いていると 何度か写真を撮って 送ってと言われた・・・
軍人さん・・・ 私はEgypt JORDANで一緒になった韓国の方とISRAELでも再会した・
彼は独特なオーラ―を持っていて 何処でも結構注目されていた・・・
夜 彼とエルサレムの旧市街を散策した時、
彼は 機関銃を持っている 軍人と良く話をしていた・・・
何度か彼のスマホでその軍人さんと 写真を撮ってと言われた・・・
私は正直嫌だった・・・・ 彼は軍人さんと肩を組むのが好きなようだ・・・・
彼曰く、彼も韓国で軍人経験があり、軍人は写真を撮りたいんだよ・・ と言っていた・
それらの人間は彼は軍人経験があるので わかると言っていた。。。。。
確かに 軍人さんも 喜んで写真対応にこたえていた・・・・・・
続編に・・・
  






Last updated  2017/05/30 01:02:11 PM
2015/07/31
HongKong--Thailand--Qatar--Tanzania--Qatar--Kenya--Ethiopia--
Qatar--Egypt--Jordan--Israel-Palestine--
Jordan--Thailand--HongKongのroute

2G36  1USD=120円   1ETBエチオピアブル 約5.8円 6円で計算  
2015年2月のお話です・・・

ダナキルツアー 4日間
5時半に起き、6時半から朝食をとる・ 
7時半前にはETT に行き 荷物を預ける・ 

私には予定通り助手席を用意してくれた
ドライバー私だけを載せ、近くにジュースを50本くらい取りに出かける・
その後 MEKELEから6台の車で出発・

NOR_2629

MEKELE大学なのか? 自転車部? 
朝から練習をしている・。 ドライバー曰く MEKELE強いらしい・ 
車は1時間半くらい走る・ 途中寝ていた

村に車は止まる・・・
この時の印象は、何故か汚い旅行者が大勢 名もなき村のGUEST HOUSEに
泊まっているのだろう。 という感じだ・
2日後に 我々はこの汚い旅行者と同じ感じになるのであるが・・・

ドライバーが2名の日本人がいると言っていた。 
見た目 高校生くらいだ・ バックパッカーなのか?
興味がないのでどうでもよい・

ダナキルツアーの4日間は2日ずつわかれている。
火山をAとして、ソルトレイクをBとすると、
Bから回る組と我々のようにAから回る組がある・ 
どちらから回っても結果同じところに行くのでこれはさほど問題ではないが、
私はメインの火山を先に回るarrangeを依頼した。・ 

既にguest houseに泊まっている先発隊は仲間と2日間過酷な日を過ごしたせいか 
Team bはそこそこ旅人同氏で仲間が出来ている・ 
参考までに 若い日本人2名はどこのグループにも属していないようで
Africaで日本語の日本人の世界をenjoyしているようである・ 

仲良しグループに無理に加わる必要もない・ 
私は私のペースで回る・
後部座席にはここから、2名の白人 
1人は英語堪能のデンマーク人 もう1人は独特な英語を話すポーランド人 
2人は仲良く後ろで話している。。。
私は2人の会話に加わることもなく、私はマイペース・ 

ビデオを撮っているか。寝ているかの どちからだ・ 
車は合計12台で2日間一緒に回るようだ・ 
多いときで100台の車で同一行動をするらしい。・ 
車は98% toyotaのラウンドクルーザで中東輸出用の3年落ちくらいの比較的あたらしいが
シンプルな感じ・  NISSANも時々あるらしいが、
ここEthiopiaでも絶大な人気を誇るTOYOTAのランクル・ 
一番新しいのは v8のランクルで これらは現地で多少割増料金を払えばいいらしい・

v8のランクルは助手席と運転席が同じスペースだが、
中東輸出用のランクルは助手席のほうが広く、 前に3人乗ることができる・ 
従い大きなカメラは真ん中に置いておける、三脚もおいておけるので、
v8よりも楽なスペース、。 楽なスペースということと、
乗っていて楽な事は違う。 さすがv8 運転もしやすいしパワーも違うので
v8が楽であろう。・ 

GUESTHOUSEと呼んでいるが、ETTが独自にアレンジした大きな民家を
宿泊施設にarrangeしているのであろう。
この宿泊施設は2日目の行程でまた触れるとしよう・

GUESTHOUSEを出発すると、Ethiopia全土で共通している
中国人が作り上げた素晴らしい道路を走っていく。
中国大陸もそうであるが、中国は山の中や悪天候、悪状況の中で
早いスピードで道路を作ることに慣れている。 

車は素晴らしい道路を快適に走る・ 
しばらく走ると、許可書を取得すると言う、村で車はとまる。 
実際に許可書をここでとっているかは知らないが、
休憩という意味では ここの停車時間 30分はありがたい。 
ここで冷えたコーラを20BRで頂く・。 
参考までに ここは2日目のダナキルからの帰りに昼食をとる場所になっているので
再度寄ることになる。

車は更に進んでいく 
続く






Last updated  2015/07/31 04:42:53 PM
2015/07/01
2G36  1USD=120円   1ETBエチオピアブル 約5.8円 6円で計算  
2015年2月のお話です・・・

ラリベラからメケレへ専用車で7時間かけ到着

ホテルの下にある旅行会社ETTに到着 多分 
ここが現地ツアー会社のETTだと思った・ 
ドライバー兼ガイドは 説明が足りないのでわからない。 
何故か、Israel人女性に夢中 

私はイスラエル人が嫌いではないが、世界中を旅しているイスラエル人は 
自己主張が強い方が多く、特にこの女性が典型的な方で、
極力近くに行かないようにしている。 
彼らと仲良くなっても過去 あまり良い思い出がないので。。

イスラエル人はこのヨハネスホテルが高くて別のホテルを
ドライバーに要求している・ 
そして彼らを別の所に案内するので 私が待つ羽目になる・ 
この待っている時間は不思議な時間だった。

多くの観光客がこのOFFICEに集合解散になるが、 
留守番の男性職員の説明が意味がわからない。 

今 ここに4日間不要な荷物を置いておいてよいというが。。 

ここで久しぶりに日本人の男性に合う。・
持っていって行ったほうがよいものをお聞きし教えてくれたが、 
申し訳ないが、全く参考にならなかった というか、
現地で彼の意見が 非常に厄介で 後悔するが、
これは私が自ら聞いたことなので 私のミスである。 

全く想像がつかないので ドイツ人カメラマンに確認する・
彼の説明が非常にわかりやすかった・  


NOR_2621
結婚式があるようで、ホテル前にて

ここに夕方到着し、翌日からツアーに参加するのなら、
まず最初に隣接しているヨハネスホテルにチェックインするとよいであろう・。 
近辺の宿でもよいが。。。 

ヨハネスホテルは全て個室になっていて、 
シングルルームは200BR ダブルルームは300BR
ダブルという表現だが、ツインルーム
この日はシングルルームが満室なので 
300BRのルームに朝食50BRを付けて 350BR払う・
宿では、まあまあのhot showerを浴びれるが、
日本のスタンダードで比較してはならない・ 
 
翌日からのツアーは7時半から8時の間に出発する・ 
その時に不要な荷物は4日間ここに置いておけるので
朝 荷物を預ければよい。 
特に半券などはくれるわけではない・ 

ヨハネスホテルは3階のフロント近辺でWIFIが繋がる。
一度ここで繋げれば2階にあるrestaurantでも使用可能である・
私の部屋は5階であったが、5階では全く繋がらない・
尚、DL0.5程度とスピードは非常に遅い・ 

このホテルの食事はしっかりとしている・ 
4日のツアーが始まる前にここでしっかりと食事をした・ 

部屋は特に綺麗ではない。バックパッカーなら十分な感じであるが、
日本からエチオピア周遊10日間程度で50万円以上出すのなら 
このホテルは清潔感という事で不自由分と感じる・ 

尚 4日間ダナキルツアーでは
 冷えていなくともジュースを飲みたくなるであろう・ 
一部の場所では冷えたコーラなどをを15-20BRで提供してくれるが 
冷えていなくとも、このツアー会社の隣にSHOPがあるので 
ここでジュースなどを買っておくと良いであろう・ 

さて私はADISで ダナキルなどのツアーを申し込んだ・ 
メケレで申し込めば USD400程度で4日間の最安値を探せた・ 
私は専用車、1台のみでダナキルを回りたかったが
いくつかの場所でレンジャーが必要になり 
1台で単独行動すると、費用が相当かかるので、 
ADISの会社と話、  
後座席には誰を何人乗せてもいいから、
助手席5日間完全保障してほしい旨相談し、 
USD800支払うことを約束し、
旅行会社WEBサイト用の指定された、写真を撮ってくることを約束した。
更に良ければ、TIPを払うことを約束した・ 

このダナキルは行くのになかなかしんどい場所なので 
ある程度金銭で解決


ツアーを申し込む時に どこの世界でも重要な事は
金を支払う時が一番最高のサービスを提供してくれる時間であり
金を一度払えば 後は旅行会社もあまりCAREしてくれないであろう
従い、ツアー時に何が含まれて、どんなサービスなのか 
特に重要な事は全部receiptに書いてもらうのは基本事項である・
またADISとMAKELEは飛行機で1時間以上の距離である。
しっかりと連携させるため、 
SNSなどを使ってもらったほうがよいであろう・ 
私の場合、電話だけでななく、 
WHATSAPPを使い、旅行会社が
私の名前 パスポート番号 顔写真を MEKELAに送ってくれ 
必ず助手席を用意するようにADISから指示がはいる 
一番の理想は後方席2名で使用が良いが、後方3名席になるときついので
1人参加の私は 助手席確保で望む 


その指示はETT MEKELAでは女性のADIBAが全部受け 
彼女が車の手配をすべてするので一番のKEYは彼女になる・ 
彼女が知らないSPECIAL ARRANGEMENTは現地で対応不可能の場合あり・ 

宿のチェックインを終え 
ETTのADIBAと明日からの件を確認し、夕食を取り、
0時前には寝る準備に入った・。 






Last updated  2015/07/01 07:13:19 AM

2G36 1USD=120円   1ETBエチオピアブル 約5.8円 6円で計算  
2015年2月のお話です・・・

ラリベラからメケレ 
朝10BR coffeeを飲み、8時に車が迎えにくる・ 
Israel人カップルと一緒。 
申し訳ないが、あまり得意でない イスラエル人 

一般的に世界を旅していると 必ずイスラエル人に出会う・
特に若い方で
男女ともに徴兵制があるので、その後 金をためて世界を見るという
極めて定番のパターンで・・・ 
人にもよるが、軍隊に長いこといたせいか、上官からの指導の反動
また、某国への 相当強い権力で 態度がでかい。。 

彼女は典型的な例だ 
実は彼女とは昨日 教会で会い、上から目線で道順を聞かれたので
更に上から目線で対応していた 

この女はおしゃべりが多い。 つまらん事をドライバーに指示している・
それを運転手がokしたようである・ 
私はすこしウトウトしていたので・

そもそも この専用車は私がアディスで手配したもので、
そのために、この車はアディスからラリベラを寄っている・ 
私がこの費用を全部払っている・ 
運転手側は、他に客が見つかった・  
その人間を乗せてもいいかと尋ねてきた・・・ 

従い ここで乗せ金をもらえば 全て運転手と会社の利益になるので 

別にいいよ・・・   

私の専用車なので、私が ここでNOと言えば 
彼ら達は乗れないか・・・ 
若しくは、費用を均等に割るというのが普通であろう・・・  

そういう具合で 
このIsrael人が格安で車に乗れるのは そういう事があっての話しである・ 

予定の昼食場所が変更・ 13時に昼食になるという。。 
Israel人女性は なんで さっき言わないのよ・・ と言ってきた

特に喧嘩などする必要はないが、 
私は世界中にたくさんの友達を作りに来ているわけではない・・・ 

運転手に車を止めてもらい・・ 
この辺の事情は曖昧にせずに、車中で
俺が手配した車にエチオピア人の利益確保のために
お前たちを乗せてやっているんだ・・・ 

私は1台分の車の料金を払っているんだ・・・  

そう言うと おとなしくなったが、
というよりも 男性がいたって中間で男性が女性を止めた・・・   

勿論 車内の空気は滅茶悪くなった・
しかし、
Israel人の勝手なわがままな行動を共にするよりはましである・  
 
いやだな。 彼らとダナキル一緒は・・・多分一緒の車だと思うけどね・・・

NOR_2606

昼食は アタカ?  Ethiopian hotelでとる 
コーラ2本含み 85brでパスタを食べる・ 


NOR_2618

昼食後、coffeeを飲むと誘ってくれたので 頂く 
ドライバーは先ほどの件もあり
私の分まで払ってくれたようであるが
彼におごってもらう必要はないので 後に10BR 2人分を彼に渡す。 

メケレまで7時間くらいであろうか 比較的大きな町が見えてきた・ 
ほんの気持ち ラパスのような感じのアプローチ 

最後の最後に。。 
また Israel人が 別のホテルに行きたいと言いだす・・・ 
私はまず、私も殆どの人が泊まるヨハネスホテルに先に行き 
後で好きな所にドライバーと別料金で行ってくれ と話す 

NOR_2626


メケレ大学を右手に見て、ETTがある ヨハネスホテルのある 
ラウンドアバウトに到着・  車はそこに泊まる・ 







Last updated  2015/07/01 06:37:34 AM
HongKong--Thailand--Qatar--Tanzania--Qatar--Kenya--Ethiopia--
Qatar--Egypt--Jordan--Israel-Palestine--
Jordan--Thailand--HongKongのroute

2E34 1USD=120円   1ETBエチオピアブル 約5.8円 6円で計算  
2015年2月のお話です・・・

2F35
朝8時前には起きて散歩
エチオピア (4)

だらだら、朝食を食べに行き 11時 
熱が全然下がらない・・・
馴染みのレストランのお姉さんに聞き薬局に行くが、
不明なものが高いのであきらめる・ 
参考までに、アディスで購入した薬を見せると これは効かないと言われ
筋肉増強のような、体の内側から直すみたいな? 事を言われ・
それが、また800円くらいして、効き目も定かではないので購入しなかった・

で また 昼寝・
ラリベラでは毎日 昼寝をする・・・  

別の教会群に行く・ なかなかいい感じだ・ 

最後crossをもう一度見ておく・ 


そう言えば 今日はエチオピアで肉を食べない日に当たり、
ラリベラは教会があるので、その辺りは徹底されていて、街のレストランでは肉がない・
で、毎回パスタ・・・ 

エチオピア (1)エチオピア (2)

夕食は17時過ぎに食べ、早めに宿に戻り データー整理・ 

運転手が来て金を変えてくれ?? 
USDをほしいようだが、私もUSDが必要としているので断る

宿の男とエロエロで話す・  
エチオピアの夜の世界の情報詳細 

しかし 相変わらず 体調はあまりよくない・・・ 






Last updated  2015/07/01 06:09:52 AM
HongKong--Thailand--Qatar--Tanzania--Qatar--Kenya--Ethiopia--
Qatar--Egypt--Jordan--Israel-Palestine--
Jordan--Thailand--HongKongのroute

2E34 1USD=120円   1ETBエチオピアブル 約5.8円 6円で計算  
2015年2月のお話です・・・

ラリベラの教会を午前中で半分くらい見てしまい。・。・ 
入場券は4日間有効なので 
ゆっくり ゆっくり みようと思ってたけどね・・・

エチオピア (5)

そういえば、アフリカは水が大変貴重な場所と比較的そうでもない場所に分かれ
ラリベラはそんな緊迫している状況ではないが、
水が豊富にあるわけでもない そんなイメージ
レストランに入ると、手でインジェラをそのまま食べる習慣のため
必ず 多くの方が 手を洗う・・ こんな感じで・
エチオピア (3)

ラリベラでも何度もコーヒー コーラーの繰り返しであったが、
山の上の小さな宿の1回にCOFFEEが飲めた 
そこは薄暗いが、入ると とてもいい香りがした・・ 
テーブルの上に、Weclcome Leaves 各テーブルにのっている・・・ 
エチオピア (6)

これが実に落ち着く、そして室内の暗さが更に良い・・


14時以降に更に殆ど全部みてしまい・・・

17時頃かな?? 宿に一度戻り 昼寝でもしよう。。
熱もあるしね・・・

19時頃 予約してある 羊肉を食べに出かける
ラリベラでわかった事は、夜 レストランに行くと、
肉料理が売れ切れで注文出来ない事が多かった・・
エチオピア (2)

で、レストランに前もって行き 最初に金を払い 肉を取って置いてもらう・・・


エチオピア (1)






Last updated  2015/07/01 06:01:20 AM
2015/06/02
2E34 1USD=120円   1ETBエチオピアブル 約5.8円 6円で計算  
2015年2月のお話です・・・

世界遺産 ラリベラ エチオピアの紙幣で1009BR払う・・ 大凡6000円
決して安くない入場料を払う・ passport番号を書かれた よれよれの紙が渡される・
これは滞在中KEEPする事 
入場料を払うと4日間有効で全ての教会に入れる

世界遺産であるラリベラの岩窟教会群
2つのエリアで11個の教会 
この2つのエリアは歩いても比較的近く 1日で回れてしまう・ 

参考までに 教会で5回くらいTICKET見せてくださいと言われる・
勿論しっかりと入場料を私は払いましたけどね・ 
よくずるをする人がいるらしいです・
私はそんな事をしてここに入ろうとは思わなかったですが、 

パターンとしては、TICKETを翌日入る人にあげるなど。。。 ですが・ 
チケットには名前とpassport番号が書いてあります・ 
チケットの提示は求められましたが、passportの提示はありませんでした・・・

USD50もする入場料だから、ずるをする人が多いのか? 
若しくはUSD50なので 少なくないバックパッカーがこのラリベラには行かない?
聖ジョージ教会 十字の形をした これは非常に見たかった・・・

わからないまま入場してみる・・・
初めて印象・・ えっ?? そうなの??  雨よけ?? 
教会の上に立派な屋根を付け、世界遺産を守っている・・ 
そうだよね・・・ 世界遺産だもんね・・・  保護されているよね・・・
1枚岩をくりぬいて作った教会なんて凄すぎるんだけど・・・
 なんか 拍子抜け・・・ これで入場料6000円也・・・ 
あれれ??  ランチ休憩??  1回出ろと言う・・・ 
昼間の2時間 お休みするらしい・・・ 

まあ いいや 俺もランチ休憩・・・  っていうか、11時半にランチもう50BRで食べてきたんだけどね・・
ぶらぶらしていると、たくさんの子供に呼びとめられる・・・
家でコーヒー飲んでいけ とね・・・  この日の気分的には民家に訪問の気分でなく
教会 教会 だって6000円も入場料払ったしね・・・

写真 写真と子供がせがむ、昨日の子供は可愛かったけど、今日の子供すれてて。。
MONEY MONEY言ってくるし。 
エチオピアの南部で多くの旅行者が50円くらい払い、民族の写真を撮るけど
僕 1-5枚くらい 金を払って しゃかしゃか撮るのは好きではない・
金を払うのなら、厳選して撮りたい人見つけて、1万円くらいだして、 
 1000枚くらい撮る勢いはOKなんだけどね・・・ 
そもそも なんで写真撮るのに金俺が払うんだよ。 もらいたいよ・・ 僕は・・・

14時まで時間もあったが、あれ? 多分わかった事・ 
僕 既に6個くらい教会みたな??? 先ほどの20分くらいで・・・・ 

子供の誘導で店でまたコーラ飲む・・・  俺もほしいと子供がよってくるが、
1滴も飲まさない・・・ 1円も渡さないよ・・ 
ゆっくりしたいから、他の所で遊びにいってほしい・・・・ 

道を歩いていると また子供がよってくる・  なにか問題??
どうやら 家庭内暴力? で 1人が血まみれになっている・・ 
 近くの病院に運ばれる・・ 面白そうだ・・・子供達と病院に行く・・・  
頭とか割れている感じで血まみれ・・・ 病院の係員が中に入って写真を撮れと言う・
金は100BRだと…  だから  なんで俺が金払うのよ・
いいよ 帰る 帰る・・・ 

子供達はお金は要らない 要らない NO MONEY OKAY 
子供がずーーっとついてくる・・ 気がつくと、 聖ジョージ教会 が見えてきた・ 
ここは、民家が立っている 一体誰の敷地??? 

子供はここで写真を撮れと言う・・・ 
先ほどまで NO MONEYと言っていた子供が、教会の写真撮ろうとしたら
金くれと言う・・  
写真は もう いいや 雑な写真を数枚とる

さっきまで NO MONEYと言ってたけどね・ 
別に子供に怒るわけでない・ 
なんで金欲しいの? と尋ねると、教科書を買いたいと このパターンで来た・
 お父さん お父さんと私の事を呼び、教科書買いたいと言う・ 

教科書はいくらするのか? と尋ねると、100BRと言う・ 
おし、わかった。 この子はガイドしている訳ではないが、
子供に金を渡さない。。。   お母さん連れてきて!  お母さんと話すから!
私はお母さんと コミニュケーションが出来て、夕食を用意してくれれば 
 彼の言う100BR払ってもいいと思っていた・ 300BRでもいい・
ただ今は僕は教会モードなので、俺が教会見たらね。・ と言う・
後でね・・・ BYE BYE  

あれれ、一番見たかった教会 もう見れたな・ 上から見るのが言い教会・
ここからは無料で見れる・・・  ここで14時?、まで時間をのんびりする・
NOR_2536

またコーラーとコーヒーを飲みたくなり、
宿 レストランにみたいな場所に行くが、ここに泊まればこの屋上から見れる気がするな

14時 間もなく休憩が終わり 教会の観光が出来る時間だ
1人でまた 近くぶらぶらしていると、1人の男が寄ってきて、 
TICKETを見せろ言う。 しかし、ここって 別になんでもない場所だよね・
そして、明らかに 胡散臭い。。。。  ここは入ってはいけない場所だ と言われる・・・

っていうか、俺 コーヒーとコーラーここで飲んでいたしね・・・
ごめん お前に見せるTICKETはないよ・・ と言うと
唾を出しながら 文句を言って来た・・・ 
USD20出せば警察には言わないでやる  と 言う・・・  
もし払わないと警察に言って おまえは大変な事になると言う・・・・ 
面倒な男だな・・ 
OK 警察呼んでこい・・  警察と話すから・・・・ 
少し歩くと、 聖ジョージ教会の傍に警察がいたので。 警察を呼び。 
 変な男からUSD20払えって言われていますけど どうしましょうか? と言う・
その男はあそこにいますと言うと 男は逃げて行った・・・・

14時20分 聖ジョージ教会 を見に行く 
前日には巡礼者がたくさんいたが、今日は誰1人いない・・・ 
ここでゆっくる教会を上からみる・ 
世界中の色んな教会に行ったが、岩をくりぬき地下に教会をつくり
上からみると十字の形 こんな教会見た記憶がない・ 素晴らしい・ 

中に入ってみる。、 うーーん よくこんな風に作ったな・・・ 
素晴らしい・・・  ここだけは見る価値十分にある・ 

満足して ここに2時間以上はいただろうか??  
余裕をもったスケジュールで3泊予定していたラリベラだが、正直 3泊はいらないな・
でも 余裕があるので、 
ゆったり観光 

昨日私を空港から町に送ってくれたドライバーがよってきた・・・ 

貴方 現地人のXXといたよね・・ あいつは観光客をガイドすると言って カメラとかとるから
気を付けろ。 あいつにガイドを頼むな。。 でも 俺が言ったとは言わないでね・ 
と 昨日TIP 80BRは渡したのが 早くも聞いたかな・・・ 
  
Coffee飲もうとすると、金を出してくれご馳走になる。

教会の傍にある、外の店で女の子がセレモニースタイルでcoffeeを入れてくれる・
ここのcoffeeは20BRだったかな? 一番高かった。。 ドライバーが払ってくれたけどね。。

何故か??? おっぱいを触ってもいいいという展開になり、 
 遠慮なく coffeeを飲みながら 若い女性の乳をもむ。。。 きゃあ きゃあ いいながら・・

一度宿に戻る・・・






Last updated  2015/06/02 05:15:57 AM
2015/05/26
2D33 1USD=120円   1ETBエチオピアブル 約5.8円 6円で計算  
2015年2月のお話です・・・

世界遺産 ラリベラ アシェトン 聖マリア教会 標高3200M 
ラリベラで昼食後 熱もあったので 一度宿で1時間くらい寝る・
今回はタンザニア ケニア エチオピアと北上してきて、熱が出て
へんな病気でないかとアフリカなので心配だった・ 
薬を飲んで仮眠を繰り返すが、暑いのか 寒いのか分からない・体が少しだるい・・・ 
大好きなコーラー宿の前のレストランで購入する・ 

エチオピアでは、コーラーを飲む場合、
店で買う場合、ペットボトルで高いので、瓶のコーラをレストランで飲む方が安い
日本とは逆である・・・ 
しかし貴重な瓶を持ち帰るとアフリカではDEPOSITをコーラー代くらい取られる事がある・
レストランでお願いし、前の宿に泊まっていて、必ず瓶返すからといい 15BRで
ホテルで飲むための、コーラを持ち帰った・ ホテル内で買うと25BRらしいので・・・ 

コーラを飲んだ後 エチオピアでどこでもうまいコーヒーを飲みに行く・ 
2杯くらい取れる感じで 8BR 
うまい・・ このお母さんの店で 食事2回 コーヒー5回くらい飲む・・・・ 
ラリベラ (2)

自称ガイドが3名によると・  山の上に見晴らしいの良い3200m教会があるらしい・・・
16時半くらいに 宿を出発した・・・  熱があったけどね 

村を抜けて歩いていく・・  あれ 教会いける?? 山の上の?? ・・  
英語は通じないが、アシェトン アシェトンと言うと 指をさす 大勢の人達・ 
歩いていると、写真 写真 と子供ついてくる。。。
まずは 子供達と遊んでもらう・・・  ペン ぺん MONEY 金 と言う 
それらが欲しいようである・  あげないよ・・・ 

コーヒー飲ましてもらうため、子供のいるお母さんの家に尋ねる・・

ラリベラ (3)

 
街のレストランでは2杯くらいで8BRなので
1回 10BRをお礼として渡し、民家を訪ねてはコーヒーをご馳走になる・
いくらなど と聞いた事は一度もない・・・  コーヒー コーヒーと言えば 
若しくは子供たちが 自らコーヒー コーヒーと言ってくる・
必ず招待してくれるので・・・ 後で気持ちを渡せばよい・・・ 

適当に歩いて行く。 ホントにこの先に教会があるのであろうか?? 
仮になかったとしてもそれは それでよい・ どうせ今日はやる事決めていなかったので
民家を尋ねて歩く コーヒー休憩 この繰り返し・でいいや・・・ 

巡礼者なのだろうか?? 多くの方が山から降りてくる・ また山に登る人も多い・
住んでいる人達とは別の白い衣装をきている・・ 
大抵の男は杖を持っていて、背中にそれをかけている・・・  
ステック変わりには使っていない・ 

ラリベラ (6)


途中途中 何人かの子供と出会い 遊んでもらっては さよならしていった・・・

ラリベラ (5)

休憩しながら2時間くらい歩いたであろうか?? 
教会が見えてきた。。  しかし のろのろしていたため、夕陽の時間だ・ 
子供がよってきてくれて、英語はそこそこ出来る・・・・ 
自慢の学校を見せてくれるらしい・・ 

私はサンセット サンセットと言い 夕陽の写真を撮りたいと言うと
子供が近道を教えてあげる みたいな事を言い・ 
3人の子供が私の手を取り連れて行ってくれた・・・ 
私は子供がいないので子供が大好きだ・
特にエチオピアの子供はよく遊んでくれ、しかも よく手を繋いでくれたり、膝の上にのってきたり
気がつくと傍にいてあまえてくれる。。子供によってはパパとか言ってくるからね・・ 

ラリベラ (7)ラリベラ (8)


夕陽を見て、TESFA?? という女の子が一番親切に遊んでくれたので、 
TESFAにコーヒー飲ませて と言うと YES と言う ONE COFFEE と言われるが、
 TWI COFFEEと言うと YES と言う 彼女たちは知っている。 
外国人にコーヒーを飲ませると金をもらえる事を・
しかし 先にも書いたように ここでは双方で金の話しはしない・・・ 

僕は夕陽のTIMELAPSEをしている間、彼女はあそこが学校とか教会とか 教えてくれる・ 
暗くなってきたので、TESFAは先に家に帰れ・ 
教会に行って戻ってくる時に この辺でTESFAと大きな声をあげるので
そしたら迎えにきてほしいと 言う・ 彼女には直ぐ話しが通じ・ 
彼女は一度家に戻って行った・・・ 

私は教会に向かう・・  門の所で金 と言われた・ いくらかと言うと? 
200BRだと言う・
また別の人はもう閉まっているから明日来いと言う・ 
入場料はいくらか不明だ。。。 50BR渡すから 行っていいよね・・ と言うとOKだった・・・
真っ暗な中、ライトをつけて教会に行く・ 時間配分ミスだ・  
早く出て3200Mの教会に行き その後 山の上で夕陽を見れば良かった・・ 

ある人は今日は家に泊まって明日の朝見ろという・ 
この場所では多くの方が家に客を招待して宿泊代としての金をほしいようだ・ 

参考までに ここに行くのは歩いてもいけるが、車でもいける・ 
多くの外国人ツアーは車で登って行くのであっという間である・ 
これは最初にガイドが言っていた・ 3200m教会に行くには 
車を使ってガイドをすると いくら   歩いて行くといくら と言っていた・
私はガイドをつける予定はなかったので 価格の話しを聞いていなかった・ 


真っ暗な中、TESFAの家があると思われる場所で TESFA TESFA と少女の名前を叫ぶ・
すると、先ほどの少年が迎えに来てくれた・ 
TESFAの家に行きたい・・・  連れて行ってくれた・・・ 

家に電気はないので、真っ暗だし 街灯などない・・・ 
あるのは私のヘッドランプだけだが、
このエチオピアの前にキリマンジャロを登ってきているし 
体力的にもなにも問題ない・ 

TESFAを含め この辺りの子たちは英語がコミニュケーションが取れる・
しかし 時折 話す単語がわからない・・ ミャオス ミャオスというが、
多分 それはHOUSE ハウスの事だと理解した・・・ 
TESTAのミャオスというと YESと言っていたので・・・・ 

まずはお母さんに挨拶をして、コーヒー という前に直ぐに話しは通じ 家の中に入れてくれた・
家はエチオピア独特な民家の作りで 大抵同じような作りになっている・
特徴的なのは標高が上がるとともに、家畜 例えばロバなどを家の中に入れている・
床は地面であるのが普通であった・ これらが共通点 

エチオピアではコーヒーセレモニーというのが一般的だ・
特に歌やDANCEをする訳ではない・  薪を焚き始める所から始まるので、
コーヒーが出てくるまでに1時間くらいかかる・・・ 

お母さんが手際よく薪に火を付けコーヒーの準備をしてくれる・・・ 
インジェラを食べるか? みたいな事を言われるが、
TESFAを通しお母さんに コーヒーだけと告げる・

エチオピアは大好きだ 子供も大好き またエチオピアは独特な文化であり、
1年が13カ月  朝の6時を0時と言う・・・ これにはなかなか慣れなかった・
例えば、TESFAの学校・・  
この時 わかるがこの村に住む子たちは 毎日山を降り 学校に通うと言う
私は往路のんびり休憩であるいて、2時間くらい? 下山は1時間・ 
1時に学校に行くと言っていたので 朝7時に学校に行くと言う事であろう・
毎日往復2時間学校に行くために歩いている・・・・

色んな話しをしていると、20歳以上だと思われる息子と娘もロバと共に帰ってきた・
毎日 山を降りているらしい・・・  仕事は農業と荷物輸送だと理解した・・・ 

コーヒーが出来たようだ・・・ 私を含め家族分全員のコップに注がれる・ 
ゲストの私に一番先にカップが渡される・ 
その後 家族全員子供も含めて飲む・
この家族は8人家族であろうか? 

興味深い味がした・ エチオピア滞在中に50杯以上?のコーヒーを飲んだが、
チベットで飲むような山羊の味がする・・・  私はこの味があまり好きではない・・
しかし 礼儀として、美味しい 美味しいと言い、2杯のコーヒーを頂く・
家族はもう遅いから泊まって行きなさいと言う・・・ 

朝の教会をみるのも良いだろう。 翌日testaと学校に行くのも良いだろう・ 
が、熱もあり体調も悪いし、家の床も地面だし、宿代も払っているし、宿に戻ると告げる・
虎がいるから気をつけろというが、こ
の前のアフリカでは金を払ってサファリに行ってきた・ 
もし虎なんかでれば、それは滅茶ラッキーな話しだと無謀な考えを起こす・ 

通常は10brをお礼として払うが、お母さんを外に呼び、
これ少ないですけど。 みたいな 英語は通じないけど
Tesfa tesfa と tesfaにも使ってあげてねと 言う意味で 少ないが50BRを渡す・
少ないけどお母さんは喜んでくれた・・・ 

近くの道まで送って行きなさい みたいな 事をお母さんがtesfaに告げ・
お兄さんが、もし、明日来るのならドンキー ロバで迎えに行くからと 
携帯電話番号をもらい 別れる・ 


急いで下山しよう・・ リュックをくくりつけ、走る用意をした・・・ 
 20分くらい走って行き下山開始・ 月明かりと奇麗だったので、cameraを取りだそうと思うと、
三脚の足が1本なくなっている・・・ まずい・・・  最近滅茶調子悪い Gitzoの三脚
この間直したばかりなのに・・・ 新しいのを買うと10万円以上するので
今 来た道をもう一度登って行く・・・ 
真っ暗なのでライトを地面に照らしながら、三脚の足を見つけに行く・ 
あった・・・・ よかった・・・・・・  再び下山開始・・・ 

ヘッドライトをつけていると、犬が滅茶吠えて寄ってくるので、
途中 ライトを消して月明かりで走りながら下山・・・ 

しかし 私は ここはアフリカであるということを完全に忘れているな・・・
1人で夜道の山を歩くのはあまりお勧めな話ではない・

走りまくった・・ 1時間かからず、下山・・・     
真っ暗な民家で大勢の人がなにかの作業をしている・
宿を通りすぎ、ロータリーの所にある よく通ったレストランに行き・

大好きなcolaを3杯飲みながら食事をすませる・・・
夕食 パスタ35BR コーラー45BR 合計80br 

23時頃であろうか??? 宿に戻る・・ 






Last updated  2015/05/27 03:26:38 PM

全121件 (121件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.