1358954 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

メシ食う俺もすきずき

PR

全242件 (242件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >

魚介が食いたい日

2020.10.08
XML
カテゴリ:魚介が食いたい日
今週・来週と軽く21Kmを2本ずつで揃えられなければ、再来週からの四万十ウルトラマラソン(リモート)の、週に50Kmなんて言ってる場合じゃないだろう。

というわけで、走るのは明日でもいいかという気持ちを振り払って、今日21Kmを走って早々に今週のノルマをクリアする。やれば出来るじゃん、俺。これがスイッチが入るってことだろう。

ご飯を炊く予約をセットして、キャベツとタマネギ・ニンジンを切って水晒しして、前回半分使った粉末ドレッシングを使ってコールスローを作っていた。

走った後はそんなに食べれないだろうと塩鮭を買って来ていたが、塩鮭の切り身ごときでフィッシュロースターを出すまでのこともなく、フライパンにクッキングシートを敷いて焼く。


なんかでかいソーセージは、酒のアテ用に2本入りで買って来て一本残ったもの。実際はこれまでは食えそうにないが、賑やかしに温めもせずに盛っただけ。

今日のメインは辛子明太子だな。






最終更新日  2020.10.08 22:00:34
コメント(8) | コメントを書く


2020.09.01
カテゴリ:魚介が食いたい日
9月になったとはいえ、引き続き今日も暑かった。とはいえ、俺の仕事は朝昼夕と電話をするだけだったが。

台風は明日の夕方頃に北部九州に接近するのかな? 今夕はすでに風が強く、雷鳴がとどろき雨がポツポツ落ちていた。台風接近に備えて家の周りを片付けて、そんな状態だから当然今夜も走る気はない。だって、帯状疱疹中だもん。ほぼ治っている感はあるが。

夕方スーパーへ行き、スルメイカが美味しそうだったので手に取る。イカと煮つけるならば里芋だよなとスーパーを探したが、里芋の季節ではないのか、小さな里芋の詰め合わせが一袋だけポツンとあった。

そういうわけで、スルメイカを輪切りにして、料理白だしと料理酒で煮込み、小さな里芋とこれも小さなしいたけを、小さいので面倒くさくて石突ごと煮込む。味的には料理白だしだけで決まるのだろうが、イカの煮汁は赤いので、しょう油を少し足してみた。煮汁とよく似た2自らは、東京警視庁の第2自動車警ら隊の略。というどうでもいい情報。


とりあえず今夜は作ったものの半分を食う。


昨日作ったかにかまさらだに、素味噌汁で作って乾燥具を放り込んだ味噌汁。

タイトルが「里芋とイカ煮」以外であることを考える人は珍しいだろう。






最終更新日  2020.09.01 21:17:19
コメント(8) | コメントを書く
2020.08.22
カテゴリ:魚介が食いたい日
夕方家に帰って、さあ酒を飲もうとしたときにショートメールが入る。

内容は「奨学金の返済が終わりました。お世話になりました。」というものだった。これを今読む皆さんは、そんなことを電話ではなくショートメールでいうのかと思うかもしれないが、奨学金や借金の保証人になって、返済が終了しましたって報告を受けたことがある? 多分普通は親にもしないんじゃないか。そもそも18歳の時に誰が保証人になったなんて覚えていないだろう。連絡とお礼のメールをくれただけで立派な子だと思う。(もしかしたら、貸付証書が戻ってきて、保証人に俺の名を見て思い出したのかもしれない。)

そもそも俺のポリシーで、3親等以上の人の、借金の保証人にはならないけれど、奨学金だけは仕方がないと思っている。向学心がある子の無限の未来だもん。もちろん、保証人になる時点で親と本人をよく知っていて、例えば返済が終わった時に「終わりました」と報告するくらいのちゃんとした子じゃないとならないけれど。

まあ、奨学金の保証人は親が第一で連帯保証人、俺は保証人だから多少は気が楽だ。

普段は奨学金の保証人になっていることなんて忘れているけれど、こうして報告されると肩の荷が一つ下りたような気がする。とはいえ、彼の妹の保証人も俺だけど。(妹はさらにしっかりしているので問題ない。)

ちょっと話はそれるけれど、俺らの頃は優秀な子と本当に必要な子しか奨学金を受けられなかったが、制度が変わって今は奨学金という名の学資ローンになっている。今の子たちはみんな学生の時から借金を背負っていて、この子も40歳近くになってやっと返済が終わった。

この子は学歴を生かした仕事をしているが、猫も杓子も借金して進学する必要ある?

そんな今夜は帰りにスーパーに寄り、魚を食いたくて鮮魚コーナーに直行するが、一尾・一切れパックのちょうどいい鮮魚がなかった。鮮魚コーナーを離れようとしたが、塩サバの切り身が美味しそうだったので足を止める。

そういうわけで塩サバを買ってきたが、塩サバの切り身程度では魚焼きグリルを出すほどもなく、フライパンにクッキングシートで焼いて在庫のオニスラを添える。


今日の汗の掻きかたも半端なく、乾燥具を使った味噌汁は必須。






最終更新日  2020.08.23 05:04:21
コメント(8) | コメントを書く
2020.08.03
カテゴリ:魚介が食いたい日
梅雨が明けたと思ったら暑いね。これだけ急に暑いと走る気にならない。

そんな今日はなんのプランもないままスーパーに出かけたが、マグロの切り落としが安かったので買ってきた。もちろんマグロと一緒に長芋も忘れてはならない。

ご飯を昆布飯で炊いて酢飯に取ろうかとも考えたが、今夜は白飯で行く気分だった。


毎年夏に付き合わされるそうめんが届いた。そうめんの在庫がなくて何度か買おうとしたのだが、もうすぐこれを買う季節だからと思い直して待っていた。そうめん一把を湯がいて、なんか面倒くさくて角切りにしただけのキャベツ。

晩飯の話は以上だがついでに。なんか、Go toキャンペーン中だがお盆帰省はするなという笑点のネタみたいなことになっている。まあ、いいたいことはたくさんあるが一つだけ。

寮・寄宿舎に入っている高校生以下、そして今春新たに親元を離れて暮らし始めた大学・短大・専門学校などの新一年生、さらには新社会人一年生は、だれも経験したことがないコロナ禍での自粛を経験した。特に一人暮らしを始めたばかりで、その地に知り合いも友人もいない中で学校・会社に行けず、相談する友達もいなかった彼らは歯を食いしばって孤独と戦ってきた。

少しずつ日常に戻っているからもういいだろうではなく、彼らはこの機会にいったん地元に帰り、親の作った料理を食い、見慣れた風景の中に戻る必要がある。たとえ友達と遊べなくても、友達の顔を見れるだけで意味がある。

もしかすると何割かはもう学校や会社に戻れなくなってしまうかもしれないが、それも仕方ないくらいの経験をしたと思う。彼らが夏休み・盆に地元へと帰れる環境を作ってやることは、政府には思いもつかないだろうから、俺たち大人の仕事。






最終更新日  2020.08.03 21:08:07
コメント(12) | コメントを書く
2020.06.29
カテゴリ:魚介が食いたい日
タイトルの通り、金曜日に作ったカレーを昨夜まで掛かって食い終えた。今夜は何を食おうかとスーパーをひと回りしたが、カレイが美味しそうだったので買って来て、塩コショウを打ち片栗粉をまぶして揚げる。


俺はカレイのから揚げのつもりで作ったのだが、片栗粉をまぶすと竜田揚げかな?

魚のから揚げの皿に盛るキャベツは、ポン酢を掛けて食うことになるから、千切りよりも角切りが似合う。(個人の感想です。)

キュウリも少し余っていた。キュウリをキャベツの横に添えてポン酢で食うのも別におかしくはないが、なんかちょっとイメージが違ったので、ピーチ屋のキムチの素でオイキムチを作ってみた。今夜は涼しいので味噌汁を作ろうという気になり、干揚げを具に味噌汁を作る。

さて、俺のブログを見てくださる方は魚に詳しい方が多いのだが、この画像を見て左ヒラメ右カレイだろうとお思いかもしれない。そんな皆さんにこの言葉を贈る。

贋造カレイ(関東ではガンゾウヒラメ)だから。






最終更新日  2020.06.29 21:40:18
コメント(10) | コメントを書く
2020.06.20
カテゴリ:魚介が食いたい日
県境を越える移動制限が解除されたので、3ヶ月ぶりに佐賀県武雄に行った。今日は防災関係のイベントだったのでまったりとした一日だったが、去年の水害で被災された多くの住民の方が訪れて、地域の方の防災への意識の高まりとともに、新型コロナウイルスでの外出自粛でストレスが溜まっているのかもしれないと思う。

この3ヶ月の間に災害派遣等従事車両の適用が終わってしまった。これまでも往路は一般道だったが、夕方は道路が混むので高速道路を使って帰って来たが、今日から復路も一般道(有料道は使う)になる。

さてそんな今夜は昨日買った塩鮭があるが、塩鮭の切り身程度に魚焼きグリルを出すほどのことはなく、フライパンにクッキングシートで焼く。


帰りにブリの刺身を買ってきたのでこれを酒のアテにしたが、一部残ったのでおかずに参戦。半田麺を50g湯がいて、汁椀代わりに冷たい麺とし、昨日と全く同じカップサラダを買ってきたが、そこまでは食えそうになく未開封のまま冷蔵庫行きになる。

タイトルは酒のアテも晩飯のおかずも魚って、今日は口が魚を欲しているってこと。






最終更新日  2020.06.20 20:38:56
コメント(10) | コメントを書く
2020.06.04
カテゴリ:魚介が食いたい日
納豆が1カップ残っているので、今夜は納豆ありきでメニューを考えた。納豆とご飯に味噌汁があれば晩飯として成立するが、それだけでは見た目がショボいというか、ブログに書きようがない。

一方で普通のおかずがあれば納豆まではいらないと納豆を食うのが先送りになってしまい、消費期限ギリギリになった。まあ、納豆なんて糸を引いてナンボだから、消費期限なんて気にすることはないが。

ということを踏まえてスーパーの店内を一周した結果、この季節に脂が乗っているであろうイッサキ(標準和名はイサキ)の刺身を買って来た。物価って地方によって違うだろうが、こちらのスーパーで刺身を買おうと思えば養殖物の鯛やブリなどで1パック398円(税別)で、アジやハマチが豊漁で安い時や、解凍物のカツオのたたきとか外国産バチマグロの切れ端がかろうじて298円で買えるかなという感じだが、このイサキで298円(税別)は安かろう。


これを半分酒のアテにして、残りをおかずにすればちょうどいいと思うが、この画像を見てお分かりの通り、どちらかの列を酒のアテに、もう半分の列をおかずにというわけにはいかない。

ここは腹身と背身を半々に食う。ぐだぐだ酒を飲んでいて、イサキが常温に戻った時の脂の浮きが凄い。その前に口に入れて脂が乗っていることを確認済みだけど。


当然背身と腹身を組み合わせた残り半分がおかずになり、昨日作ったカボチャの煮物にレタスとプチトマトの生野菜、みそ汁の具は何もなかったのだが、ちょうどインスタントみそ汁の在庫があったので、今夜の味噌汁はインスタント。

イサキは皮目の間の脂こそなので松皮造り希望なのだが、スーパーの298円(税別)の刺身にそこまで求めてはいけないかな?






最終更新日  2020.06.04 21:21:18
コメント(10) | コメントを書く
2020.05.24
カテゴリ:魚介が食いたい日
この家に転居してやがて2年になるが、俺が居住する2階のキッチンのIHヒーターは安物なので、魚焼きグリルはついていない。最終的には俺が1階に降りていく予定で、2階はそれまでの簡易なので。

必要ならばIH対応の魚焼き網を買おうと思っていたのだが、本人もそんなアドバイスをしたことさえ忘れているだろうが、Nori君から別に魚焼きグリルを買ってベランダで焼いた方がいいとアドバイスをもらった。

それ以来魚焼きグリルが気にはなっていたが、ブリの切り身くらいならばフライパンで焼けたし、いざとなれば七輪もあったのでなんとなく後回しになっていた。

さて、俺は「​あう​」ユーザーだが、2年縛りごとに3,000ポイントのギフト券をもらえる。いや、それって月々の基本料を100円ずつ安くできるってことだろう。と文句を言いながらギフトカタログを見ていたら4,000Pで魚焼きグリルと交換できたので、保有ポイントから1,000P足して交換した。

注文したのがG.W前だったのでもう忘れかけていたが、昨日届いたのでさっそく使ってみようと今日はアジの開きを買ってきた。せっかく魚焼きグリルを手に入れたのに最初に作るのが干物かと思われるかもしれないが、パッケージのイメージ画像もアジの干物だった。


もちろんNori君のアドバイスに従って、ベランダに魚焼きグリルを持ち出して焼く。



結構大きなアジだったので、まずは酒のアテで半身を食おう。


残り半身がおかずになり、キャベツの千切りと厚揚げの味噌汁を作る。残った厚揚げは箸休めになる。


おかずとなる残り半身の写真写りがいいように、酒のアテになった半身はひっくり返して上側を食ったことは内緒だ。画像を見ればわかるけれど。

俺が居住する2階は、もともと俺の部屋と妹の部屋の壁を取っ払ってキッチンとトイレをつけた、ワンルームに近い感じなんだよね。キッチンで魚を焼けばベッドにまで魚の煙が届きかねないが、確かにベランダで焼けば煙はまったく室内には入ってこない。アドバイスしてくれたNori君に感謝だ。






最終更新日  2020.05.24 20:12:57
コメント(8) | コメントを書く
2020.05.04
カテゴリ:魚介が食いたい日
俺的には庭やベランダでのBBQなんて日常だが、妹にとっては衝撃のイベントらしい。そりゃあ、妹の日常である調理することが教えたり研究するって話とは対局にある、火を熾して焼くだけの話だからね。

そういうわけで、俺はラーメンやちゃんぽんこそ食いたいのだが、妹が毎日BBQしようという。昨日は雨だったので逃げれたが、今日は逃げれず、これまでこのStay home中にステーキ肉・焼き鳥・ネギタンと焼いてきたので、せめてもの抵抗で魚の干物を提案した。


カレイの干物を焼いたり、


七輪からはみ出しそうな金目鯛を焼いたり。

妹は酒を飲まないからいいけれど、毎晩炭火を熾しながら酒を飲む俺は大変だ。






最終更新日  2020.05.04 20:29:35
コメント(8) | コメントを書く
2020.04.06
カテゴリ:魚介が食いたい日
あらあら、福岡も緊急事態宣言地になっちゃうようだ。これでいよいよ仕事が出来なくなる。政府は50%収入が減ったら30万円くれると言っているらしいが、例えば40%しか減っていない人は自分で頑張ってくださいってことなんだろうな。

まあ、給付金の対象が広がるってことは、そもそも赤字国債に頼っているこの国の借金が増えるということで、都合が悪くなったら薬物の過剰摂取で救急搬送され、国会を欠席する議員の歳費は減額されないので、俺たちの税金が上がるってことだからね。

夕方スーパーに行ったが、それほどパニックにはなっていなかった。俺も買い占めする気はないが、焼酎の在庫はまだあるのだが、緊急事態宣言のパニックで焼酎が品切れしたらおおごとなので、用心のためもう一パック買う。(笑

緊急事態宣言は一ヶ月の期限らしいので、焼酎1.8ℓ×2ではとても足りないが。

さて、そんな日は、鮮魚コーナーのブリの柵が美味しそうだったので、大葉と共に買って来た。その半分が酒のアテになり、残り半分はおかずになる。



おかずが冷たい刺身だけではなく、もう一品くらい作ろうと思ったが、飲んだら面倒くさくなった。



在庫のブナシメジで作った味噌汁と、キャベツの千切りだけ添える。

さて、政府は緊急事態宣言発令後も、スーパーやドラッグストアは開いているからパニックになるなとアナウンスしている。そのスーパーやドラッグストアの店員さんは緊急事態宣言にかかわらず出社するわけ? 多くは子どもを抱えた主婦のパートや学生のアルバイトだろうが。

きっと店舗によっては従業員不足が起こりかねない。そんな時こそ俺らを使ってほしい。俺は最近セルフレジを使っているので、数時間の研修を受ければレジや商品補充くらいならばできそうだ。

もちろん、どれだけ働いても30万円以上の対価をくれとは言わないから。






最終更新日  2020.04.06 22:01:04
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全242件 (242件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.