1141073 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メシ食う俺もすきずき

PR

Category

Calendar

Profile


慎之介64

Archives

Favorite Blog

ボクと一緒に水没 New! matsu-kuniさん

衰弱 New! Nori1022さん

ハゼ釣りに決定 New! ponpontondaさん

リールのメンテ New! 晴れ太935さん

金沢行き ピンクラパンさん

Comments

サカエ@ Re:もしもしラーメン(10/22) New! お疲れさまです これ焼シュウマイに見える…
慎之介64@ Re[1]:ホタテ ネギバター(10/21) New! ponpontondaさんへ こちらでホタテの養殖…
慎之介64@ Re[1]:ホタテ ネギバター(10/21) New! kuniさんへ 部屋を暖かくすれば、真冬にだ…
ponpontonda@ Re:ホタテ ネギバター(10/21) New! ホタテというと 北海道や東北をイメージす…
ponpontonda@ Re:もしもしラーメン(10/22) New! へ~~ 面白い形の餃子ですね(^^) 食…

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

全223件 (223件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

魚介が食いたい日

2019年10月07日
XML
カテゴリ:魚介が食いたい日
夕方スーパーに行ったら、ブリの切り身1枚入りがあったので買って来て、塩を打って焼く。焼くと言っても相変わらず魚焼きグリルはないので、フライパンにペーパーシートを敷いて焼く。



キャベツの千切りと、紫芋麺を一把湯掻いて、増えるように思えるワカメを具ににゅう麺を作る。

弘前・白神アップルマラソンを昨日走ったことは書いた。マラソン大会のゴール後は、ふるまいというか、地域の料理をごちそうしてくださることがよくある。豚汁はよく聞くが、例えば九州ならばだご汁になるし、海沿いならば海鮮の汁だったり、時にはぜんざいだったりもする。いや、汁物だけではなく、さんまの塩焼きや、お弁当が出たことも過去には何度か経験がある。

弘前・白神アップルマラソンでは、途中のエイドにカットされたりんごが並んだだけではなく、ゴール後にはりんご1個を渡された。皆さん慣れているのかその場でりんごをしゃくしゃく丸かじりしていらっしゃったが、俺はビールを飲まなければならないのでその場では食わず、わざわざ福岡まで持って帰って来た。

毎朝バナナを一本食べるのだが、昨夜は帰宅が遅かったので今朝の分のバナナを買うことが出来ずに、今朝はさっそくそのりんごを半分食い、残りの半分は晩飯の皿に盛られた。






Last updated  2019年10月07日 22時52分08秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年10月04日
カテゴリ:魚介が食いたい日
昨日炊いた冷蔵ご飯があるし、明日は一泊だけど家にいない予定なので、夕方スーパーで一夜完結の晩飯のおかずを探していたら、国内産のバチマグロの切り落としを見つけた。

これが見るからに貧相な切り落としなのだが、これを見た瞬間にマグロ丼をイメージした。


昨日炊いた時点ではこんなことになるとは思っていないので酢飯にはしていないが、レンジで軽く加熱してバチマグロの切り落としを乗せる。酢飯ではない代わりにカボスを振り込む。

マグロとご飯の間に切り海苔でも敷こうと思ったのだが、封が開いた海苔の在庫がなく、新たに開封することは今後の消費を考えると躊躇してしまう。

ウィンナーとオクラが一本ずつ残っていたので、


一炒めして昨日作ったコールスローサラダに添える。昨日作ったかぼちゃの煮物も今夜中に消費してしまわなければ。






Last updated  2019年10月04日 21時12分29秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年09月19日
カテゴリ:魚介が食いたい日
3日ぶりのブログを書く。一昨日は飲み会だったので人様が作った料理の写真を貼るまでもなく、昨日は今週一回目のハーフを走ったら、酒を飲んでいる途中で寝てしまい結局晩飯は食わずに終わった。

そんな今日は夕方スーパーに行ったら、タチウオの切り身が一切れ400円もしやがって、そんな値段ならば絶対に買わないのだが、半額シールが貼ってあったので買う。

一つには​Nori君がタチウオを釣っていた​こともあるのだろう。

これに塩を打ち、在庫のナスと一緒に小麦粉を塗してソテーして、レモンを絞って食おう。


魚の切り身の向きが逆のような気もするが、魚が崩れそうでこれしか出来なかった。


昨日作って食わなかったオクラと、ナスの一部を味噌汁の具に作る。ナスは一部を浅漬けの素にも漬けていた。






Last updated  2019年09月19日 21時36分38秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年08月25日
カテゴリ:魚介が食いたい日
そろそろ新さんまの時期だ。やっとさんまの漁獲が始まったようだが、今の時期は一尾350円という高値らしい。

というわけで、新さんまは買えないので、さんまのかば焼き缶を買って来た。さんまのかば焼き缶って、100円以下で買えた気がするが、さんま缶も高騰しているらしく150円以上もしやがった。

そういうわけで、さんまのかば焼き缶詰を炊きこむ。一合の米を研いで、


さんま缶半分と汁も半分使い、塩だけをを打って炊きこむ。

きゅうりは最後の一本なので、最後にポテサラを作ろう。きゅうりとタマネギ・ニンジンを切って塩揉みして、


一茹でしたジャガイモをマッシュして、冷やして合わせる。

毎年恒例の夏の定番そうめんを買わせられたので、今夜はひじき麺を使うが、昨日書いたように今日は涼しくて、昼間車に乗ったら外気温が22℃を切っていた。

昨夜は酒を飲みながら警察24時的な番組を見ていたので、途中で力尽きているな。涼しかったからにゅう麺にしたということを書きたかった。






Last updated  2019年08月26日 05時24分31秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年07月16日
カテゴリ:魚介が食いたい日
今週は明日以降ずっとぐずつきそうだ。今のところの天気予報では、そんなには降らないようだが。そう考えると今日走っておけば後が楽になるのだが、夕方までは暑くて走る気にはならなかった。

ところが夕方になると涼しい風が吹き出したので、慌てて着替えて走りに行く。15.5kmという中途半端な距離を走ったが、これで今週残りは10・6km(クォーター)なのでなんとかなるだろう。

昨日kuniさんが魚を食いたいと書いていたが、そういえば俺も魚を食いたいと、夕方スーパーの鮮魚コーナーを覘く。ところが相変わらず魚を焼くロースターを持っていない。フライパンにクッキングシートで焼くことは出来るけれど、せいぜい干物くらいなんだよね。

そう考えながら見ていたら、ヒラス(標準和名はヒラマサ)の柵が半額になっていたのでこれを買って来た。これを適当に切って二皿に分けて、大葉も買って来たので皿に飾る。


まずは半分が酒のアテになる。大葉はとりあえず皿に敷いたが、たくさんあるので別皿に盛って食い放題。

酒のアテの残りのもう一皿が晩飯のおかずになる。


そうめんでも湯掻こうと思っていたが、走った後は面倒くさいので、献血の時にもらったひるげのナメコ汁が満を持して登場。キュウリを浅漬けの素に漬けていたので添える。キャベツの角切りは用意したけれど結局食えず。






Last updated  2019年07月16日 22時30分53秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年06月22日
カテゴリ:魚介が食いたい日
今週はもう20km残っていたので午前中に走ってしまう。今日は湿度は高かったが気温は低かったので、風が気持ちよかった。

午前中に20km走ると思った以上にヘロヘロで、昼からは外に出る気にはならず、プロ野球を観ながらだらだら過ごす。夕方になってスーパーへ買い物に行ったが、鮮魚コーナーのメバチの切り落としが美味しそうだったので手に取り、ついでに長芋も買って来た。

酒のアテには惣菜の鶏からを買った。こいつどんだけ鶏からが好きなんだと思われるかもしれないが、今後食うおかずをなにか一つ選べと言われたら、迷うことなく鶏のから揚げを選ぶ。そして、晩飯のおかずにする量ならば自分で揚げるが、酒のアテくらいの量だと、油の始末もしなくていいので惣菜で十分。

鶏からが酒のアテの予定だったが、メバチの切り落としも結構量があったので、


鶏からの半分とメバチの一部が酒のアテになる。

昨日炊いた冷蔵ご飯なので、酢飯ではないチンした白ご飯に残りのメバチを乗せ、


擂った長芋を掛け刺身しょう油とわさびを添える。



キャベツを千切りにして、残った鶏からをおかずにしよう。春雨を具にお吸い物を作る。






Last updated  2019年06月22日 20時04分28秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年06月05日
カテゴリ:魚介が食いたい日
夕方スーパーに寄ったら、イッサキ(標準和名はイサキ)の刺身に脂が乗っていて美味そうだった。


イッサキは、さらにはこれだけ脂が乗っていればこそ、松皮造りを希望なんだけど、今日はこれしか売っていなかった。自分で捌けばいいんだけれど、平日に仕事が終わってから魚を捌くならば、21Km走った方が楽だ。(個人の感想です。)

この量のアテがあれば頑張って酒を飲まなければいけなく、晩飯のおかずも一応はプランがったのだが、


キムチと卵の二色丼を作って、キャベツの角切りときゅうりの生野菜を添えて、3切れ余ったイッサキがおかずになる。






Last updated  2019年06月06日 05時26分48秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年02月28日
カテゴリ:魚介が食いたい日
昨夕の買い物時にブリの小さな柵を買って来たので、昨夜の晩飯を作るのと並行して、大部分は厚めに切ってしょう油とみりんに酒で作ったヅケ汁に漬け込み、残りの一部は薄切りにして昨夜の酒のアテとなった。

漬けたってことはご飯に乗せたいが、昨日炊いた冷蔵ご飯なので、酢飯ではなく白飯。


色目的に地味なのでキュウリの薄切りを下に敷いた。タイトルはブリヅケドンだが、漢字で書くと鰤漬丼。

昨日作ったかぼちゃと厚揚げの煮物の一部が今夜の酒のアテになり、残りはおかずになる。


鮮魚の丼ぶりには吸い物だよなと麩を具に作り、サニーレタスときゅうりの生野菜。

ところで、今朝は目が覚めた瞬間「まだ早いんじゃない?」という嫌な予感があった。時計を確認すると3時半だったが、それ以上は寝られそうになく、起きてパソコンのスィッチを入れる。

3時半に起きてもすることがないと思ったが、明日3月1日は渓流解禁日だった。解禁直後に釣りに行けるのかは別にして、フライボックスがスカスカのままでは釣りに行く気にもならない。

そこでとりあえず今朝はカディスを巻いた。親と同居しているので、そんな時間にスタッカーでカチカチとテーブルを叩くわけにはいかず、地味に手のひらで受け止める。


前はナチュラルとブリーチを巻いていたんだけど、色の差をそんなに感じられず、今はナチュラルだけにした。エルクヘアカディスとCDCダン的(←便利な言葉)な弾(右の小さなボックス)は最低数が揃ったが、パラシュートはカラーによってバラつきがある。とりあえずは勝負できるとして、余裕があったら巻き足さなきゃ。ニンフのボックスは写っていないけれど、こちらもやばい。

そもそもティペットの在庫がないので、釣行前には必ず釣り具屋に行かなければならない。後、フライラインのメンテナンスも。2シーズンほどまともに釣りをしていないので、本当はフライラインを買いなおすべきだろうが、明日はもう解禁だし、とりあえず一回釣りに行ってみて考えよう。






Last updated  2019年02月28日 21時21分05秒
コメント(10) | コメントを書く
2019年01月29日
カテゴリ:魚介が食いたい日
先週は日曜日まで掛かって週間ノルマの42kmを走ったので、中一日空けて今日から今週分を走り始める。毎度書いているが、週初めは心も体も軽くて週のノルマを3回に分けて走るならば1回は14Kmだが、気がつけば16kmを走ってしまう。きっと後が楽になるはずだ。

先々週だったかジャガイモを買って来て、「煮崩れしにくいジャガイモ」を買ったと書いたが、当然煮物だけでは使い切らず、煮崩れしにくいジャガイモとは正反対の使用目的であるポテサラを作る。


俺のキャベツとオニスラ・ニンジンを塩揉みしてポテサラの具にする。


ご飯は炊飯器にセットして、冷凍していた塩鮭を解凍のためにその辺に放置して走りに行った。帰ってっ来てから慌てて麩の味噌汁を作り、塩鮭を焼く。






Last updated  2019年01月29日 21時48分05秒
コメント(8) | コメントを書く
2018年12月11日
カテゴリ:魚介が食いたい日
今日は朝から雨の一日だったが、たいした仕事もなく家で事務処理をしていた。そんな稼ぎがない日でも晩飯は食わなければならない。

その前に、日曜の奈良マラソンで低体温症気味になって、お土産も買わずに関西空港まで戻ったという話は書いた。当然関空で奈良みやげを買えると思っていた。成田空港で「くまモン」が買えたり、福岡空港の国際線では「東京ばな奈」が買えるんだもの。

ところが関空に戻ってみると、大阪みやげは地元だから当然多くの商品があり、おしゃれな神戸みやげやおたべをはじめとする京都みやげもたくさんあったが、和歌山は梅干しなどの梅関連、そして奈良は奈良漬と柿の葉寿司くらいしかなかった。

今回必要なのは両親や仕事先へのおみやげだけだが、奈良漬や柿の葉寿司ではないよなと、結局は広域に関西的な大阪や神戸のおみやげでお茶を濁す。

関空に戻ってやっとビールを飲む気になったと書いたが、自分用の酒のアテに大阪泉佐野のかまぼこを買った。空港では「から酒」(アテがない酒)を飲んだので、このかまぼこは持って帰り、今夜の酒のアテになる。


今夜は冷凍していた塩鮭があったので解凍し、ついでに冷凍のウィンナーも一本解凍しフライパンで一緒に焼きキャベツを添えるが、事前に切っていたキャベツの一部を酒のアテのかまぼこに添えたので、量が少なくてちょっと貧乏くさくなった。


そうめんを一把茹でて、汁椀代わりににゅう麺しよう。

奈良みやげが「奈良漬はないよな」と書いたが、奈良で食った一番印象に残っているのものは、ホテルの朝食に出て来た酒が効いた本場の奈良漬だった。






Last updated  2018年12月11日 23時19分25秒
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全223件 (223件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.