2429735 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

オペラ座の怪人日本… YYCafeさん

7月30日(土)マチネ「… yuki アイドル 俳優 映画 演劇 ドラマなどさん

久々のコンサート 王道名なしさん

TOEIC受験に際して★… モイラ2007さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
もっとハッピー happy-gaiさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと5747さん

Free Space

設定されていません。

Comments

gamzatti@ Re[1]:「ムー」「ムー一族」(05/28) ひよこさんへ 訂正ありがとうございました…
ひよこ@ Re:「ムー」「ムー一族」(05/28) ジュリーのポスターに向かってジュリーっ…

Headline News

Profile

gamzatti

gamzatti

2013.01.02
XML
カテゴリ:美術
年末年始と、神戸のほうに旅行していました。
東京で見逃した「マウリッツハイス美術館展」に足を運び、
フェルメールの「青いターバンの女(真珠の耳飾りの少女)」や
レンブラント、ルーベンスなどの絵を観てきました。

いつもながら、
「写真以前」の肖像画のリアルさ、緻密さ、立体性には立ち尽くすのみ。
今回は静物画でも、そういった「3D」的技法の魔力に魅入られた感があります。

でも、
「魂抜かれた」ほどの感動はなかったかな。

目玉作品は「ターバンの女」ですが、それより、
以前に見た「リュートを調弦する女」のほうが好みです。

フェルメールは好きだけど、ちょっと騒ぎすぎだと思う。
「その1枚」を観るためだけに行列するほどのことはない。
とか思ってしまいました。
ファンの人、ごめんなさい!
私は、「はい、立ち止まらないで~」みたいな鑑賞の仕方だと、
カンゲキもそこそこ止まりになってしまいます。

ということで、
常設展をじっくり拝見させていただきました。
いやー、こっちのほうが私は面白かった。

のっけから「国宝の銅鐸や銅戈」がそこにあるんですよ。
ガラス越しとはいえ、ものすごく近くに。
誰にも邪魔されず、ずっとずっと鑑賞できるシアワセ、独り占めでした。

神戸市立博物館のある場所が、
かつて外国人居留地の中央付近にあることとか、
ジオラマや地図その他でいろいろな情報がよく理解でき
とても興味深く見ました。

定点観測の写真もで紹介されていて、
阪神大震災の前後の町の変化もわかるようになっています。
昭和の初めからまったく変わらない建物もありました。

前から一度訪れたいと思っていた「五色塚古墳」について、
模型や航空写真があり、今度こそ絶対行くぞ~、の意を強くした私。

楽しいひとときでした。






Last updated  2013.01.03 15:25:08
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「マウリッツハイス美術館展」@神戸市立美術館(01/02)   エトワール さん
神戸市立美術館へ行かれたのですねェ?
マウリッツハイツ美術館展は今週末くらいまで開催ですよね?
私は4月に従妹の息子が結婚する為神戸へ行きますが、実は震災後は一度も神戸へ脚を向けていません。
何だか怖くて(変わってしまった事態が)行けなかったのですが、今回震災後初めて4月に行くことになりました。

フェルメールやルーベンスは昔から馴染んでいますし、孫娘達(高一と中一)がフェルメールやルノワール・ドガ等が好きで一緒に観に連れて行っています。
ガムザッティさんの様に素敵なコメントが出来ると良いのですが。

長女一家も暮れから大阪入りしてUSJでカウントダウンしたようです。
ガムザッティさんも新年から素敵な旅をなさいましたね!
今年も良い年だと嬉しいです。 (2013.01.03 21:56:59)

Re[1]:「マウリッツハイス美術館展」@神戸市立美術館(01/02)   gamzatti さん
エトワールさん
そうです、マウリッツハイス美術館展は6日までです。
2日の朝、9時半開館より前につきましたが、もう並んでいました。
前売り券を持っているとスムーズですが、
当日券の場合、並ぶ時間が長くなるかもしれません。

「震災後」を見るのが怖い、というお気持ち、お察しします。
今度の神戸行きで、「怖さ」から解放されるとよいですね。 (2013.01.04 00:05:46)


© Rakuten Group, Inc.