2177220 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

2020.11.24
XML
カテゴリ:スポーツ
玄関わきに咲いている山茶花(サザンカ)

今日本シリーズ第3戦が行われている。今年は新型コロナウイルス伝染で開幕が遅れ無観客試合でスタートしたシーズンで盛り上がりに欠けたプロ野球だったが、セリーグは巨人、パリーグはソフトバンクが優勝してその両者で日本シリーズを戦っている。昨年も同一カードで巨人はソフトバンクに4連敗して屈辱を味わった。
今年も、もし4連敗するようなことがあったら原監督は責任をとって辞任すべきだとの声もある。今年も1,2戦連敗し3戦目もリードされており巨人4連敗の可能性が強くなった。しかし勝負事は最後までみないと分からない。3連敗したチームが4戦目から4連勝して逆転優勝したこともある。しかしここまでの所投手陣、打撃陣いずれもソフトバンクが巨人を圧倒的に凌駕している。捕手大城と甲斐の違いが出ているという人もいるが捕手だけでなく他の部所でも優劣は明らかだ。捕手に誰を使うか先発投手は誰にするか、打順はどうするかなど監督の采配は重要だが今シリーズでは監督の采配以上のものが勝負に関係しているように思われる。しかし勝負事は強い方が勝つとは限らない。運、波に乗ったか、気力の充実、采配の妙、天候、選手の体調など様々な要因が関与して勝負は決まる。現状では巨人が劣勢だが体制を整え、気力を充実させて猛然と敵に襲いかかり先ず一勝をもぎ取ってもらいたいと思う。






Last updated  2020.11.24 21:00:35
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.