792251 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

“しょう”のブログ

PR

Profile


shchan_3

Category

Comments

渡邊昌@ Re:児玉龍彦(内科医、東大先端研)の「提言」(04/12) 児玉さん、ご活躍なによりです。国立がん…
shchan_3@ Re[1]:致死ウイルスに向き合う 児玉龍彦(05/14) コメットさんへ >私は原発除染の時から…
コメット@ Re:致死ウイルスに向き合う 児玉龍彦(05/14) 児玉龍彦さんを信じているんですね。 私は…
shchan_3@ Re[1]:憲法改正に関する玉木代表の発言について(07/27) KUMA0504さんへ  お久しぶりです。コメ…
shchan_3@ Re[1]:ポスト京都議定書に向けてIPCCの論議(12/14) 京都議定書失敗から学ぶ研究生さんへ  …

Favorite Blog

書評「クリスマスを… New! KUMA0504さん

【絆―棋士たち 師弟… New! けんとまん1007さん

・「足を運ぶ」を考… あならいざぁさん

日本の教育は、これ… 今日9729さん
       世に… che-gさん

Calendar

2011.09.23
XML

 広瀬隆の上記著書が注目をあび、よく読まれているようです。
 しかしながら、根本的に『二酸化炭素温暖化説の崩壊』に関わる主張の多くは「科学的な妥当性に問題のある従来の懐疑論の受け売り」に「広瀬流の陰謀説」を加えたもの、というのが私の判断です。
 
 確かに、福島原発事故の責任を厳しく追及すべきだとする点、そして「反原発」という根本において、私と広瀬氏の立場は共通しますが、「自らの主張に有利と見れば全く不確かな情報も間違いないかのように主張する姿勢」には根本的な疑問を禁じえません。 

 「反原発」、「温室効果ガス削減」いずれも重要だ、と考えます。

 それでは、「二酸化炭素温暖化説が崩壊している」という主張のポイントだけを抜き出して、その問題点を列挙しておきましょう。(常体で)

 広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』に関わって

1、「ここ10年来、地球気温は全く上昇しておらず、むしろ寒冷化している」(P. 8,16)について

 広瀬氏は「気候変動と気象変動」の区別ができていないようである。

 温室効果ガスによる気候変動を問題にする場合、少なくとも50年以上の傾向を見る必要がある。短期的には様々な要因で気温は上下に変動する。例えば2008年は今世紀に入って最低の気温を記録したなどと騒がれたが、観測史上で言えば10番目の高温だった。(2008年現在で10番、その後の気温はさらに上昇。)

 長期的な温暖化傾向については、気象学者が100%合意している観測事実である。
 (世界の年平均気温偏差のグラフ 気象庁のHPより)

2、「中世には、20世紀よりはるかに気温の高い時期があった」(31)について

 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第4次報告書では「中世の高温期」について以下のように結論づけられている。

(1)20世紀より前に最も暖かい期間は、950年と1100年の間に起こった可能性が非常に高い。ただしこの気温は1961~1990年の平均に対しておそらく0.1~0.2℃寒冷であり、また1980年以降に実測された気温よりも顕著に低い。

(2)中世の温暖期が全地球的なものであったかどうかについては、データは十分というにはほど遠い。

(3)現在の証拠からは、中世の間(950-1100年)の北半球平均気温はこの2000年の間では温暖であったことが示唆される。

(4)しかし地球全体が20世紀全体のように温暖であったと言うには、中世のいずれの時期についても、証拠が不十分である。

補足:また「人為起源温暖化説」は「近年の気温上昇が過去のいつの時代よりも異常に大きい」ことを主張しているのではなく、「近年の気温上昇が人為起源温室効果ガスの影響を勘定に入れないと量的に説明できない」ことを主張しているものである。

 過去に高温期があったという主張は(それが事実であったとしても)、IPCC報告に対する反論の意味を持たない。

Q なぜIPCCの報告を信頼できると判断するのか?

 IPCC報告書では、基本的に査読を経た多数の学術論文に基づいて、それらをさらに検討・引用する形で、現時点での科学的知見の総合的な評価が行われているため。

 研究者が研究結果を論文として学術雑誌に発表する際には、通常2~3人の別の専門家(査読者)が匿名で論文の審査をする。(=論文の査読)

 論文の書き方に不備はないか、論理展開や計算などが間違っていないか、過去の関連研究をきちんと踏まえているか、新しい重要な知見が書かれているか、などの観点から、査読者が論文を評価する。

 IPCC報告書は政策決定の参考になる情報を総合的にまとめたもの(政策提言は行わないが・・・)。

 「温暖化懐疑論」のほとんどは根拠となる論文や出典が不明確で、米国(懐疑論者)のHPや同種の著書などからの受け売りだと思われるが、少なくとも欧米における「懐疑論者」の大部分は特定の団体(石油業界など)と結びついているといわれる。

(例)ブッシュ政権を支えた懐疑論者 

 私もこれまで「懐疑論者」の著書を複数読んできたが、私(高校社会・理科免許状取得)の知識であってもわかるような間違いが多く、「査読」にたえられるようなものはなさそうである。

3、「二酸化炭素増加が地球温暖化をもたらしているという事実はない」、「1960~70年代には二酸化炭素が増加したにもかかわらず寒冷期に入っている」(66~,74)について

 例えば二酸化炭素などの温室効果ガスが、赤外線を吸収するという物理特性を持っていることは、科学的に確認されている

 そのような温室効果ガスが増加する結果、地球が宇宙空間に放出するエネルギーが低下し、太陽から受け取るエネルギーが放出を上回ることで、地表面の温度が上昇していくのである。

 そして、20世紀後半以降の気温上昇傾向を説明するためには「温室効果ガスの増加を組み入れた気候モデル」が有効で、温室効果ガスの増加を考慮せずにそれを説明することが不可能だということについても、ほぼ100%の科学的合意が成立している。

 太陽光線はほとんどが可視光線と紫外線という形で地球に届き、地球の表面からは赤外線という形で放出される。温室効果ガスによる赤外線の吸収がなければ(赤外線がそのまま宇宙空間に放出されれば)地表面の温度は計算上 零下19度になる

 1960~70年の気温低下は、火山活動や人間活動により大気中に多くの微粒子(硫黄酸化物やすす)が放出されて太陽光線を遮ったためであり(確認された微粒子の増加で)きちんと説明がつく。 

4、「(水面に浮かぶ)氷が融けて水になっても海面は上昇しない」について

 これは当たり前のことで、地球温暖化を問題にする科学者は一人たりともそれを否定しない。しかし、気温上昇による山岳氷河やグリーンランドの氷床の融解、大陸上に存在する氷床の崩壊・流出が海面上昇をもたらすことについても否定する学者はいない。ここ100年間では17センチメートルの海面上昇が生じていることが確認されている。海洋面積の広大さを考えれば、すでに大きな変化が生じているのである。

5、「氷河の後退が始まったのは、二酸化炭素大量排出以前の18~19世紀からだ」(92について

 氷河の後退の原因は温室効果ガスによる温暖化だけではない。16世紀~18世紀前半まで、太陽活動の低下が原因と思われる小氷期に入っており、その後この小氷期からの回復によって20世紀前半までの氷河の後退が起こったと考えられる。

 気候モデルによる温暖化というのは、気温上昇の原因が「温室効果ガスだけであること」を主張しているわけでは決してない。20世紀後半以降に観測された気温上昇が、「温室効果ガスの増加による温暖化」という仮説抜きにはほぼ説明不可能であることを主張しているに過ぎない。

 20世紀後半における太陽放射量は大きく変化しておらず、成層圏(高さ10~50kmの大気層)では温度が低下しているにもかかわらず、地表に近い対流圏では温度が上昇していることも、上記の仮説抜きには説明できない

6、「温室効果の大部分は水蒸気によるもので、二酸化炭素増加によるものではない」、「(都市化による)ヒートアイランド現象の影響も大きい」(120~)について

 水蒸気も赤外線を吸収する(温室効果を持っている)のは事実であるが、その量は自然のバランス=大気と海洋および陸水との間の交換(主に気温・風という二つの条件で決まる蒸発と降水)によって定まるため、人間が直接に増加させたり減少させたりすることはできない

(人間活動でも水蒸気は排出されているが、それが大気中濃度に与える影響はほとんどない。)
 ただし、「二酸化炭素等の増加⇒気温の上昇」が水蒸気量の増加につながり、温暖化を加速させる影響はあるといわれている。

 ヒートアイランド現象はきちんと補正した上で気温の測定がなされている。また、温暖化の進行が激しいのは北半球の高緯度だが、それらの地域では都市化が進んでいない。

 ところで「古気候も含めて今以上の温暖化はしばしば起こっているので現在の温暖化も人間による温室効果ガスの排出が原因ではない」という主張がある。しかし、各時代における「温暖化」の原因はその都度異なる。例えば、地球の公転軌道の変化が原因であったり、太陽活動の活発化が原因であったり。 

 問題は、現在の温暖化はそのような原因がないにもかかわらず進行していることである。(太陽活動の活発化がないため成層圏では気温が低下しているにもかかわらず地表から10km以内の対流圏では気温上昇が進行している。)

 それは、人間活動による温室効果ガスの増加を考えなければ説明できないのである。
 

参考文献

『地球温暖化 ほぼすべての質問に答えます!』(岩波ブックレット)

『地球温暖化の予測は「正しい」か?』(DOJIN選書)

にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
人気ブログランキングへ 日本ブログ村と人気ブログランキングに参加しています
          
 教育問題に関する特集も含めてHPしょうのページ​に
(yahoo geocitiesの終了に伴ってHPのアドレスを変更しています。)







Last updated  2021.12.26 23:03:00
コメント(11) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』の批判 (09/23)   無縁仏 さん
広瀬さんのこの本、原発事故前に書かれたものですか?
それによって、CO2温暖化説崩壊をアピールする目的が違ってきますよね。
今回の原発事故に関する全てのコメントに対して、私個人は全面的に広瀬さんを支持する立場を取ります。しかし、事故を起こした側の東電と日本政府の対応に関しては、どうでしょうか?
放射線による健康被害、放射性廃棄物の日本縦断汚染に関して、我々国民サイドの警告や訴えにまったく耳を貸さない。食うためには、日常の生活をやめる訳にも行かずに休日になったらネットで呼びかけてデモをやっている状態です。

また、3月19日に「さよなら原発1000万人」アクションでは、6万人もの人が結集したにもかかわらず、NHKを筆頭にマスコミ報道での取り扱いは、無視ですよね。

二酸化炭素削減、環境問題を考えましょう、エコエコアザラク推進運動って結局、電気屋と車屋の売り上げのための政策でしょ。いい加減にしろ!国民をバカにするな!何が二酸化炭素削減だ。寝言は、寝て言え!
放射能ばら撒いた責任もとらずに何を言っているんだ。

皆さ~ん、東電や九電やその他の電力屋を困らせるためにどんどんばんばん電気を無駄使いしましょう。
脱原発に対して国民の声をどのように受け止めるのかハッキリとした政府の声明が出るまでは、脱原発を訴えながら、二酸化炭素をバンバン排出して電気も使いまくりましょう。

その様なメッセージ性が含まれているのだとすれば、世界でCO2削減を提唱する日本政府は、国民とまったく乖離した奇麗事を宣言している事になり、温暖化による環境バブルを否定する姿勢になります。アメリカは困るでしょうね。

温暖化で灼熱地獄をいきるも、原発で放射能まみれで生きるも日本政府に環境問題をどうのこうの言う資格がありません。

そういうことなら広瀬のオヤジさんの主張を全面的に支持します。以上です。 (2011.09.24 02:18:58)

Re[1]:広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』の批判 (09/23)   無縁仏 さん
>また、9月19日に「さよなら原発1000万人」アクションでは、6万人もの人が結集したにもかかわらず、NHKを筆頭にマスコミ報道での取り扱いは、無視ですよね。

3月じゃなくて6ヶ月間もたった9月の誤りです。 (2011.09.24 02:25:22)

Re[1]:広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』の批判 (09/23)   shchan_3 さん
無縁仏さん
 
 正直、ムッときています。
 まず、とんでもない政府やマスコミと「私たち」を同じにしないでください。
 環境にかかわる運動を地道にしてきた人たちは、動きながら学習していますので、大多数がずっと以前から「原発反対」と「温室効果ガス削減の重要性」を訴えています。

 原発が後世まで放射性物質という莫大な負の遺産を残す(現時点でも採掘労働者や原発点検の労働者を被曝させることなしには稼動できない!)ことは明らかです。

 機械は壊れるという点からしても、それを隠蔽する体質にしても、残念ながら大事故は起こるべきして起こったと言えるでしょう。これも、とんでもない負の遺産!

 しかし、同時に大気の組成を変えて後戻りできないような事態を引き起こすこともまた、とんでもない負の遺産です。この点においても私たちは将来世代に対して重大な責任を負うと考えています。

 日本政府は、二酸化炭素削減にまともに取り組んだことはありません。何よりも実際の数字(まったく削減できていないどころか増加させている)がそれを物語っています。
(だから、単なる「環境バブル」しか生みだしていないわけです。)

 それから、原子力発電所は二酸化炭素を出さないから温暖化を促進しないというのもウソです。
 確かに核分裂反応自体は二酸化炭素を発生させないですが、原発が動くために必要な、燃料採掘・精錬・濃縮・核燃料の生産・輸送、使用済み燃料の保管・輸送・再処理など多くの過程で太陽光発電、風力発電、地熱発電とは比較にならないほど多くの二酸化炭素を発生させます。

 加えて、原発からの大量の熱放出は温暖化を加速させます。(この点は広瀬氏の考えに同意)
 しかし、同意できない点については上記記事にまとめたとおりです。なお、本コメントと少し重複しますが、(科学的検証とは別の)状況判断に関わって続きを書こうと思っています。 (2011.09.24 18:39:45)

Re[2]:広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』の批判 (09/23)   無縁仏 さん
shchan_3さん
> 正直、ムッときています。
> まず、とんでもない政府やマスコミと「私たち」を同じにしないでください。

お怒りは、御尤もであります。

> 環境にかかわる運動を地道にしてきた人たちは、動きながら学習していますので、大多数がずっと以前から「原発反対」と「温室効果ガス削減の重要性」を訴えています。

問題は、何処にあると思いますか?

> 原発が後世まで放射性物質という莫大な負の遺産を残す(現時点でも採掘労働者や原発点検の労働者を被曝させることなしには稼動できない!)ことは明らかです。

少なくても、広瀬さんは、その事を何年も主張してこられた方ですよ。

結論が出ていますよね。
まず、科学技術を過信して人類が末永く、今以上の社会を持続的に発展させて生きて行く事が目標として間違っています。

本来、地球の循環を重視するならば、奇跡的に宇宙で存在し続けている母なる地球のエコシステム沿って私たち人類は生活をしていかなくてはならないはずです。

なぜ、地球の循環システムを無視して生命圏を脅かす放射能開発原子力発電をやめないのでしょうか?
今のままでは、中野氏が言っていたように歴史の必然として原発も戦争も受け入れ続けなくてはいけなくなる道理になります。

頭を切り替えて、パラダイム転換を実行しなければ日本人に未来はありません。
科学技術よりも自然への回帰です。
二酸化炭素削減よりも破壊した自然を回復する為の活動の方がよっぽど急務です。 (2011.09.24 20:19:39)

Re[3]:広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』の批判 (09/23)   shchan_3 さん
無縁仏さん

>頭を切り替えて、パラダイム転換を実行しなければ日本人に未来はありません。
>科学技術よりも自然への回帰です。
>二酸化炭素削減よりも破壊した自然を回復する為の活動の方がよっぽど急務です。

破壊した自然を回復させること(あるいは自然に近い循環を回復させること)は、当然二酸化炭素の削減につながりますね。
 例えば、人工林を自然林に戻すことは難しいですが、私たちのの祖先が雑木林の枝を適度に薪として活用しながら生き生きした里山を育てていたように、人工林の適切な間伐は山をよみがえらせます。

http://plaza.rakuten.co.jp/shchan3/diary/200711100001/

 環境保全型の農・林業の技術も、地熱発電も人間の技術です。(広瀬氏の推奨する燃料電池コジェネレーションももちろん・・・)

自然から逸脱し、自然の中にない様々な物や技術を生み出し積み上げてきた人間は、「自然に帰る」ことも含めて人間なりの文化や知恵(むかしながらの知恵を含め)活用していくしかないように思われます。

 原発のような巨大技術ではなく、循環を損なわない(もちろん二酸化炭素の大量放出で大気の組成を変えたりしない)技術や生活をどのように選択していくか、と言うことだと思います。

 そもそも私がHPやブログを始めたきっかけは、そのような意識からです。初めてHPに載せた文章は『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』について考える。

 無縁仏さんの主張に近いことも書いていますよ。
 少し長いですが・・・
http://sky.geocities.jp/shchan_3/uso.htm (2011.09.24 21:22:37)

Re:広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』の批判 (09/23)   今日9729 さん
貴重な意見ありがとうございました。

広瀬氏の意見・武田氏の意見に?でした。

ありがとうございます。

応援して戻ります。 (2011.09.27 18:46:46)

実際に   meisinn2006 さん
北極海の氷がとけている事は、衛星写真を見ても明らかです。
氷が融ければ、融解熱で水温が下がるので、北極に留まっていた冷水が海流で広がって、「部分的な寒冷化」があることはあるでしょうが、
全地球的に見て、温暖化していることは間違いない。
(預金残高が減ってるのに、財布の中の小銭が増えて喜ぶ人はおるまい)

二酸化炭素の削減というのは、すなわち化石燃料という、
太古の太陽エネルギーの食いつぶしなのだから、
どこかで破綻するに違いない。

「温暖化しないなら、浪費してもいい」という発想をまずやめさせた上で、
「さらに緊急の問題があるから、一刻も早く浪費をやめる必要がある」ということですね。

浪費を続ける前提で「化石燃料の代わりに何を使う」というのが、いまどきの「脱原発」(メガソーラーなど)の主流のようですが、

福島の農産物が恐いといって、輸入食糧に頼るようなことでは、「見えないところ」の環境破壊が進むだけ。

(首都圏近郊にも耕作放棄地はたくさんあるから、
 ちょっとでも自給自足しよう、・・・という運動は、あまり聞かないですね) (2011.09.27 20:28:10)

Re[1]:広瀬隆『二酸化炭素温暖化説の崩壊』の批判 (09/23)   shchan_3 さん
今日9729さん

>貴重な意見ありがとうございました。

>広瀬氏の意見・武田氏の意見に?でした。

 原発の問題点を強調するのはいいのですが、温暖化対策が不要であるかのような言説が広まるのは大問題だと思います。 (2011.09.27 22:16:17)

Re:実際に(09/23)   shchan_3 さん
meisinn2006さん

>「温暖化しないなら、浪費してもいい」という発想をまずやめさせた上で、
>「さらに緊急の問題があるから、一刻も早く浪費をやめる必要がある」ということですね。

>浪費を続ける前提で「化石燃料の代わりに何を使う」というのが、いまどきの「脱原発」(メガソーラーなど)の主流のようですが、

>福島の農産物が恐いといって、輸入食糧に頼るようなことでは、「見えないところ」の環境破壊が進むだけ。

>(首都圏近郊にも耕作放棄地はたくさんあるから、
> ちょっとでも自給自足しよう、・・・という運動は、あまり聞かないですね)

 おっしゃることには、賛成です。
 化石燃料の消費を抑制することや温暖化対策が重要だ、という意志が共有されていけば、出来る限り輸入品に頼らない消費行動も増えていくでしょう。

 それにしても、自然農法と地産池消を目指していた多くの農家が原発事故で大きな打撃を受けたことは遺憾です。
 広河隆一氏が『福島 原発と人びと』(岩波新書)で報告していらっしゃいます。 (2011.09.27 22:26:21)

目覚めよ!ニッポン   無縁仏 さん
日本は、激怒するアメリカに対して無条件降伏して植民地支配されるのではないでしょうか。
お友達だと思っていたのに空気の読めないノダメ総理は、気づいていないらしい。アメリカは物凄く怒っていますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=i4JQc_kGDM8&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=yPf4UaNMTUs&feature=related
キャンベルさん本気で怒っています。コワイ

フロリダに着弾した放射能ふうせん爆弾の責任は、日本国民を騙したやり方で通用すると思っているのかな?
オバマに突っ込まれて「今すぐ健康に影響する数値じゃありません」とノダメ総理は、答えたのだろうか。
現在の日本政府に統治能力はないと判断してアメリカに政権交代するように迫っているのではないでしょうか?

世界中の人々の生活水準が向上する事は良い事です。
しかし、世界中の人々が先進国を手本に大量生産、大量消費、経済拡大で豊かに暮らしたいと欲したときに、アメリカや中国、EU、ロシアは、途上国を軍事力で抑制する準備があります。

日本のように世界みんなが幸せになり、持続的に経済発展を続け、尚且つ、二酸化炭素削減が実現されて温暖化もなくなるなどの奇麗事を主張する国は、世界広しと言えども見当たりません。

日本の経済発展は、途上国の豊かな資源と労働力を搾取して成り立っていました。
日本は、二酸化炭素を削減して温暖化を防ぎましょうなど言える立場でなくなったことに早く気づきましょう。

そうして、反原発を世界中に訴えて自然に回帰する事を宣言して、尊い地球生命体をみんなで守りましょうと方向転換をするのです。自然を壊さない再生可能な技術を無償提供して途上国の開発を食い止めなければなりません。

それか、アメリカに大政奉還して植民地支配されながら生きながられるかのどちらかですね。



(2011.09.27 22:59:57)

Re:目覚めよ!ニッポン(09/23)   shchan_3 さん
無縁仏さん

>日本の経済発展は、途上国の豊かな資源と労働力を搾取して成り立っていました。
>日本は、二酸化炭素を削減して温暖化を防ぎましょうなど言える立場でなくなったことに早く気づきましょう。

 先進国に圧倒的責任のある地球温暖化のリスクや被害が、真っ先に途上国(経済発展の犠牲にされてきた途上国)を襲う可能性が高いことが大問題なのです!

 日本などは、そのようなリスクの低減にもっとまともに取り組むべきです。
 次回記事でそのようなリスクについて具体的に述べます。 (2011.09.28 21:33:26)


© Rakuten Group, Inc.