きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影

バックナンバー

日記/記事の投稿

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

写真撮影(神戸市内)

(233)

写真撮影(六甲山・摩耶山)

(154)

写真撮影(県内)

(189)

写真撮影(県外)

(155)

ご近所写真

(78)

ドライブ

(143)

小旅行

(90)

パソコン

(38)

パソコン(ハードウェア)

(68)

パソコン(ソフトウェア)

(101)

パソコン(トラブル解決)

(95)

デジカメについて

(56)

自動車・バイクについて

(90)

春夏秋冬・季節について

(227)

お天気・台風・豪雨・豪雪・猛暑・極寒など

(48)

写真クラブ

(53)

映画について

(123)

星空・天文学を楽しむ

(82)

科学・化学・考古学など

(25)

健康管理・定期健診など

(205)

文学・美術・歴史・地理など

(29)

ストレスとのつきあい方

(9)

知って役立つ 暮らしの法律

(10)

知っておきたい認知症・らくらく介護

(47)

知って役立つシリーズ

(15)

働く人のメンタルヘルス

(10)

いろんな取組み

(134)

政治について一言

(39)

各種イベント

(91)

JR・電車・ディーゼル・路面電車など

(149)

カラスっておもしろい

(4)

眠りのはなし

(20)

老前整理

(4)

安曇野ちひろ美術館・安曇野散策・無言館(2019年5月21~22日)

(4)

志度・屋島・高松・琴平・善光寺・丸亀城・銭形・父母ケ浜(2019年5月3~4日)

(7)

備中高梁&吹屋ベンガラの里(2018年5月4日~5日)

(4)

四万十川・足摺岬・竜串見残し・内子観光(2017年5月)

(6)

越前・加賀の旅(2016年5月3日~4日)

(9)

鳥取・出雲街道(2014年5月3日~4日)

(10)

志摩・尾鷲ツアー(2013年8月8日~9日)

(5)

阿波・土佐の旅(2013年5月3日~4日)

(7)

琵琶湖めぐりの旅(2012年5月5~6日)

(9)

安曇野 常念岳・道祖神(2011年5月)

(7)

松本・安曇野・白馬の旅(2010年8月)

(7)

鳥取 春紀行(2010年5月)

(9)

徳島(吉野川・祖谷)紀行(2009年5月)

(9)

井倉洞・帝釈峡・比婆山(2008年5月)

(15)

潮待ちの港町・鞆の浦(2007年11月)

(18)

ポートアイランド

(91)

兵庫県知事選挙(2009年)

(13)

尼崎市議会議員選挙(2009年)

(21)

日常生活

(362)

コメント新着

星の風来坊@ Re:出石を散策 出石皿そばに出石酒造(11/21) お早うございます。 出石の皿蕎麦は以前…
ベンジャミン・フルフォード@ Re:マイナンバー やっと届きました 「個人番号カード」 便利な様で危険の方が大きい(12/01) 脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード…
脱国民洗脳はベンジャミン・フルフォード@ Re:新開地のメトロこうべもハロウィーンモード(10/09) 国民電波洗脳による、テレビ、新聞、週刊…
きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影
休日にはデジカメを持って風景を中心に撮影に行きます。
パソコンやドライブも趣味です!!
gooブログ:https://blog.goo.ne.jp/kin_chan0701/
フォト蔵:http://photozou.jp/photo/top/190555
ツイッター:https://twitter.com/kinchan0701
Facebook:https://www.facebook.com/kinchan0701
日常は、99%の側の立場で日本の民主的変革をめざす某政党の事務所で働いています。
一眼レフカメラ
α900
デスクトップPC
HP HPE380jp
ノートPC
LIFEBOOK AH53/B2
新しいプリンタとパソコン.jpg
2020年11月28日
XML
テーマ:マンガあれこれ
カテゴリ:いろんな取組み
マンガの聖地トキワ荘① 水野英子 トキワ荘って?

みずの・ひでこ 1958年3~10月、トキワ荘に仕事のために入居。当時18歳

昔、トキワ荘というアパートがありました。
そこにはマンガが好きで好きで、マンガさえ描いていれば幸せという人たちが住んでいました。




やはりマンガが好きなその友人たちや、うわさを聞きつけた人たちが集まってきて、そこはまるでマンガ家アパートのようになりました。気の合う仲間ばかりでいつも笑い声が絶えなかったのです。
その頃、マンガは下等な物とされ、子どもの頭を悪くすると言われていました。「何年生になったからもう読むのはやめなさい!」と取り上げられたことがあると思います。
もし家族がマンガを描いているとわかったらカンドウものでしたよ。そんなことは口にも出せない世の中だったのです。
でも、トキワ荘では24時間マンガに浸り、好きな話ができる仲間たちがいました。
お金がなくても食べる物がなくても、そこは天国のようでした。みんながライバルではなく、誰かによいことがあれば自分のことのように喜ぶのでした。
のちに世の中は、ここでがんばった人たちが日本のマンガという文化をつくり上げたのだと気づきます。
トキワ荘は伝説となり、忘れ去られることなくずっと語り続けられることになったのです。
後年、私たちはよくトキワ荘のことを聞かれるようになり、何のメモも記録もしていなかったので戸惑うことになりました。
思い出しては書きとめ、調べてきましたが、あの貧しかった頃のことがたびたび話題にのぼるのは本当に不思議な思いでした。
何も持たない若者たちばかりだったけれど、毎日ワクワクするような思いで集った日々…。
2020年3月、東京都豊島区に実物大のトキワ荘が“トキワ荘ミュージアム”として復元されました。
もうトキワ荘は忘れ去られることはないでしょう。
(マンガ家、イラストも)(金曜掲載)

「しんぶん赤旗」日刊紙 2020年11月6日付掲載


赤塚不二夫や藤子不二雄、石ノ森章太郎などそうそうた漫画家を輩出したトキワ荘。
そのトキワ荘が、コロナ禍のもとでリアルによみがえりました。
そのトキワ荘の初期を水野英子さんが語ってくれます。






最終更新日  2020年11月28日 07時42分48秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

プロフィール


かねやん0701

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

都忘れと蛾の話 New! kororin912さん

四季桜と紅葉の共演… New! M.KEIZOさん

test 日記更新 vissel-篤胤さん

跡部神社の紅葉 m-cyanさん

今度の日本シリーズ… 星の風来坊さん


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.