2856089 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

S.A.C.サイバーパンク親父.COM

PR

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

ランキング市場

フリーページ

購入履歴

【楽天ブックスならいつでも送料無料】天使の深睡眠マクラBOOK ([バラエティ]) […
『睡眠BOOK』は表紙込みで8ページの冊子。 枕が折りたたまれて入ってました。上手く詰めたものです。 勝手…[>>]
【楽天ブックスならいつでも送料無料】妻に龍が付きまして… [ 小野寺S一貴 ]
橋爪大輔氏のYouTubeで、著者である「龍神ガガシリーズ」の小野寺S一貴氏を知った。 寺社参拝者の間では龍…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2019年09月19日
XML
テーマ:石油価格
カテゴリ:アメリカ
​​​
        ​
 シェールオイルの採掘コストが下がってから、米国は最大の産油国になった。
 高値を維持してきた石油収入を国家財政の支えとしてきた反米ベネズエラや親米サウジアラビアは、平等に財政危機を迎えた。
 アメリカ・ファーストのトランプ大統領は、米国のためになる石油資源の供給を抑制して、世界の石油相場を引き上げようとはしない。
 貧しくなり、貧富の差に焦点があたりだした産油国の内政は、混乱。
 反政府活動が各所で発生。
 それをイスラム教の宗派対立に利用する勢力もあり、世界の不安定化に拍車をかけている。
        ​
19年の米原油生産、
=EIA
2019/09/11 ロイター
 米エネルギー情報局(EIA)は10日公表した月次の短期エネルギー見通しで、2019年の米原油生産が前年比で日量125万バレル増の1224万バレルとなり、過去最高を更新するとの見通しを示した。
 増加幅の予想は従来の128万バレルから小幅下方修正した。
 産油業者の大半が今年、新規掘削の支出を削減していることなどが背景。
 EIAは20年は99万バレル増の1323万バレルを見込む。
        ​
 19年の世界の石油需要の伸びは見通しを11万バレル引き下げて89万バレルとした。
 米中貿易摩擦が影響しているとみられる。
 EIAは、20年の伸びは3万バレル引き下げて140万バレルと見込んだ。
 国内の石油需要は今年が14万バレル増の2059万バレルで、前年比の増加幅の予想は従来の21万バレルから引き下げた。
 20年については26万バレル増の2085万バレルと見込んだ。
 米国はテキサス州からニューメキシコ州にかけて広がるパーミアン盆地で開発が進み、今やサウジアラビアやロシアを抜いて世界最大の産油国となっている。
  ― 引用終わり ―
​​​        ​






最終更新日  2019年09月19日 06時00分12秒
コメント(0) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Ta152R

お気に入りブログ

大漁亭、魚魚丸に追… New! nkucchanさん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

格安SIMの認知度は90… New! アンクル・トム大森さん

小松基地航空祭 ア… New! 越前SRさん

DUNE 砂の惑星 New! maki5417さん

コメント新着

 ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
 Ta152R@ Re:モネ、幻の大作『睡蓮、柳の反映』AIを活用し復元(07/06) 印象派を展示する器(建物)が、鉄とコン…
 maki5417@ Re:モネ、幻の大作『睡蓮、柳の反映』AIを活用し復元(07/06) 小学生の頃観に行きました。 印象派よりも…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.