3014941 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

“飲食店の勉強代行業”大久保一彦の勉強録

全10件 (10件中 1-10件目)

1

偉人の言葉、今日の言葉

2018.09.14
XML
雑感 ~商売に大切もの
商売に大切なのは義理を通すこととだね。
そういう人が結果成功する。

それと、守破離だね。
守がないと散るな。

大久保一彦の本日のおすすめ


【中古】 この「気づき」で売上げがガンガン上がった! 知的生きかた文庫/大久保一彦【著】 【中古】afb


飲食店の「見える化」経営 <見える化ツール>が成功店に変える! The Restaurant Manager’s Handbook To Success (単行本・ムック) / タルイタケシ/著 大久保一彦/監修






Last updated  2018.09.20 15:22:06
2018.09.03
災いは福を呼ぶのです~
 私は独立してから旅をする仕事をしています。
正確に言うと仕事をするために旅をしています。

 多くの人から「お仕事大変ですね」と言われます。
バタ貧だからかもしれません(笑)

 でも、私は旅をする仕事をしていると思ってますから、旅自体に面白みを見つけることができます。そして、その旅がより面白い“旅”を呼び込みます。

 災いは、その人の未来の面白さや、“伸びしろ”を伸ばす、調味料なのです。
だから、福を呼ぶのです~


本日のおすすめ


ブルゴーニュ ピノノワール[2013] 750ml【コシュ デュリ】 /






Last updated  2018.09.05 01:02:31
2018.08.28
成長の機会
おこっても意味は無い。
怒っても何も産まない。

出来が悪いと言われる人は、それだけ、だれよりも“伸びしろ”があり可能性があるということ。
そして、そういう人がなぜ目の前にいるのか?

あなた自身の成長の機会を神様が与えてくれただけ。

かれの“伸びしろ”の先にある未来に一歩づつ進めば良い。

あなたの現実を忘れて。
あなたの世間体を忘れて。

おこっても意味は無い。
怒っても何も産まない。

本日のおすすめ


ティール組織 ー マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現【電子書籍】[ フレデリック・ラルー ]



ティール組織 マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 [ フレデリック・ラルー ]






Last updated  2018.09.04 01:02:19
2018.06.02
見て信じるのではなく、信じるからこそ見える!
 見て信じるのではなく、信じるからこそ見える!
あなたは、物事をあるがまま見ているのではない。自分の目を通して見ているのだ。
(by エリック・バターワース)






Last updated  2018.06.23 19:45:47
2018.05.12
私の人生を変えた元岡健二さんとの出会い
 本を初めて出版して、三冊が2万部、1万部、2万部以上と立て続けに売れ、ベストセラーの経営本となると、本を読んだ困っているお客様が全国からやってくるようになりました。
しかし、それまでは、ハイディ日高、東和フードサービス、とんかつの和幸、JAなど小規模零細でない顧客を相手にしていなかった私自身も人生に迷っていました。

 「何をすべきなのか」「どうあるべきなのか」という理想と現実のギャップが大きかったからです。
どんな人生でも、行ったり来たりです。歌ではありませんが「3歩進んで2歩下がる」ことが多いものです。そこから、一歩前に進むのはきっかけが必要なんだと思います。
私の迷いを断ち切るきかっけとなったのは元岡健二さんの一言です。今の私があるのは元岡健二さんとの出会いが大きいです。

 当時、元岡さんは自然派ブッフェの「ティア」という業態を熊本で開発され、全国にその業態の賛同者をたくさん生んでいました。この業態によって、外食産業記者会が、その年度に活躍した外食業者を表彰する「外食アワード2004」を受賞されていました。
元岡健二さんとの出会いは、私がの有名なセミナー会社である日本経営合理化協会(牟田学代表)で店舗見学セミナーの講師を務めるようになって、そのセミナーの開催にあたって教育部長の作間信司さんから紹介を受けたのがきっかけです。

 当時私は、『「行列ができるダントツ飲食店」の秘密』をお読みになった大型焼き肉屋を営む地方の二代目経営者より訪問指導を依頼されていました。その店はBSEの影響で苦境にたっており、いろいろなことを模索しておりました。
私は、その大型焼き肉店の苦境を解決するために何かヒントにならないかと、二代目経営者と熊本のティアに一緒に行き、元岡さんにお話を伺いました。
 元岡さんは、その経営者にいろいろなヒントを話してくださいました。
 実は、元岡さんは私にもこれからこの仕事をやっていく上でのヒントをたくさん授かってくださいました。その中で私に光を与えたのが次の言葉です。

「コンサルタントという仕事だから、お客さまの店を潰さないようにいろいろなことを考えるだろう。
でも、それは○○さんのためにならないんだ。
 会社が潰れたとしたら、それはその人の運命だからね。
あなたがちょっと何かをやって仮に売上げを上げたとしてもいつかは潰れるんだよ。
それがその人の運命なんだ。
だから、あなたは潰れることを恐れずに○○さんのやりたいことができるように一生懸命手伝ってあげなさい」

 この言葉を聞いて、
「私はこれまで、私の損得とクライアントの損得のためにコンサルティングをしていた。
それではいけない。
その人、クライアントが『大久保さんと知り合えて良かった』と思える仕事をしないといけない」と、強く思うようになったのです。


「善の循環経営(商業界)」より






Last updated  2018.05.27 08:38:13
2017.12.13
出会いは成長の証、別れもどちらかの成長の証
 まず、友人の齋藤正二郎さんがFacebookに投稿された記事をペーストさせていただきます。

自分の足で歩かない 見つけない 都会の消費者は グルメ情報で 花から花へ 飛び回り 定着しない。 味よりも "行きつけ" 人が好き と言う 時代があった時代は 良かった。
牛丼屋も一杯 450円で "明日もホームラン王だね パパ" と言う幸せな時代は良かった。
良いモノは 売れる と 言うけれど 、 悪くても 不味くても 結局 何が良いのか 分からない 若い層は 拘りも実際に無く、 良いとされる 偶像に飛び付き たがる。
コーヒーなんて 特にそうだと思う。
周りに15坪以下の小店が バリスタを 焙煎を 夢を持って開く そして 人生で遊んで無い お金持って無い コーヒーラバー が 一時ばっと "おめでとうぉ〜 "って 来て パット去って行く。 有名になっても お金が落ちない、結局 このコラムの内容の様に 数年で 殆ど バイバイ となる。
本当に悲しい現実だけど​



​ スッパイ かっこいい 有名なバリスタが居て 有名な店よりも 売上が建っている コーヒーを 見た方が きっと これから 創業しようって コーヒーラバー? は 見習いに行くべきだと思う。​


凄く コンクリートばんばん使って、シンプルで 良いマシーンが置いてあっても 人が居ないのに なんでそれを目指しちゃうのかな? もうそこで 見切れない 夢見る少年は 独立しないほうが良いと 警鐘を鳴らしたい。


本当は 消費者が 豊かさを身に付けて 目先の範囲に 居心地処を 見つける For You の 精神を 身に付ければ もっと
簡単に飲食業は 豊かになる。


​ 20年 やって来れた事に 感謝です。



齋藤さんのやっているダブルトールが20年目を迎えたそうだ。
長く続く商売というのは、​​ご縁の質​と量が違う​​と私は思います。

 ご縁というのは面白く、自分の身丈や考えにあった方と縁があります。
そして、ご縁は今の自分への示唆でもありますね。
商売はこのご縁で続くか続かないか決まるということです。

私はこの中でも、自分への示唆を掘り下げることが、商売をよくする上で大切だと考えます。

私は、過去、誇大広告というかオーバートークをしたために、ご迷惑をかけてしまったお客さんいっぱいいますね。塾生の訪問のついでに、過去にお手伝いした店を訪問すると、跡形もなくなくなっている店がままあります。

自分への示唆と考えると、これらのお客様をどうして不幸せにしてしまったのか?
この問いに自問自答することが自分への示唆なのです。

「この人とご縁があると役にたてるな」なんて思いながらも、ご縁にならない。
今はなのかもしれませんが、それは、お互いに、違う世界に向かっているという示唆なのかもしれません。

人生の出会いは必要な人が必要なときあるもの。
だから常に日々あらたに自分の伸びしろを伸ばさないといけないのです。

ご縁は成長の証、別れもどちらかの成長の証​​

​​​​​​






Last updated  2017.12.13 09:40:40
2016.11.03
大久保一彦のブログが215万アクセスを達成しました!
いつも応援、ありがとうございます。

大久保一彦の本もよろしゅう


非常識に売れる最強メニューがだれでもつくれる成功方程式 [ 大久保一彦 ]






Last updated  2016.11.09 01:57:28
テーマ:旅先にて(811)
伸びしろとは
未知識、未経験、引き出し、可能性、ギャップ






Last updated  2016.11.09 01:53:58
2016.08.24
今日は嬉しかったことを書いてみます。

・ボルダリングをやってるよしはるくんがが、今まで出来なかったルートができるようになって、とても嬉しいと言う意思表示をしたこと

・旅先でこうきくんと二人で食事をすることになった。こうきくんが呟いた「今回の旅は2回嬉しいことがあった。一つは、大好きなテーマパークに2回も行けたこと。一つは大好きなレストランの大好きなコーンポタージュスープを2回も食べられたこと」


 子供は日々成長して自我を持つようになるけど、でも、それが素晴らしい。
私は、日々残りの時間を失うけど、その代わりに思い出や喜びを得る。

失えば、得る。
人の定めだね。






Last updated  2016.09.19 16:28:32
2014.10.28
The more people are educated, the more they are eager to know.
 ~Jean-Jacques Rousseau






Last updated  2014.11.07 01:16:04

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

Freepage List

Profile


四方よし通信

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『日東コーナー』 1… New! 田川 耕さん

訪日外国人も驚いた… New! エルネスト1969さん

★あなたは何人の前で… New! なにわの進藤さん

「ブルー・ベルベッ… New! 丁寧な暮らしさかもとこーひーさん

【福島】照井でランチ New! TOMITさん

お詫び申し上げます New! キューボシさん

石破氏 登場! 食の匠のお助けまんさん

Xmas Dinner 2018 aura cucinaさん

月夜の晩にハープを… 47弦の詩人さん

食べ歩き紀 ByeByeさん

Category

大久保一彦のひとこと情報

(1231)

ワイン会、フードなど大久保の教室

(128)

大久保一彦おすすめのおいしい店の情報

(233)

大久保一彦の商人のための情報

(171)

おいしい料理情報

(83)

食を考える

(65)

雑誌などメディア出演

(26)

大久保一彦が見たエンターテイメント

(34)

愛犬日記

(18)

(141)

よっしー

(97)

よっしーパート2

(112)

よっしーパート3

(179)

よっしーパート4(2010年3月17日以降)

(369)

よっち&こーちゃん

(355)

海外視察

(97)

カリフォルニアクイジーヌ

(5)

フランスの店

(31)

世界のベストレストラン&ホテル100

(70)

世界のベストレストラン更新前の記事

(212)

大久保一彦の二つ星と三つ星の間

(254)

大久保一彦的二つ星のレストラン&ホテル

(221)

大久保一彦の二つ星西日本

(229)

大久保一彦の二つ星ワールド

(24)

大久保一彦の一つ星の店、ホテル

(273)

大久保の一つ星(愛知より西)

(247)

大久保一彦の一つ星の店、ホテル(海外編)

(29)

北海道のうまい店

(63)

東北のうまい店

(35)

関東のうまい店

(125)

東京のうまい店

(261)

目白・雑司が谷界隈の店

(28)

甲信越と東海地方のうまい店

(123)

北陸のうまい店

(76)

関西のおすすめ

(152)

四国と山陰、中国地方のうまい店

(77)

九州のうまい店

(94)

沖縄のうまい店

(17)

魚アカデミー

(214)

各地名産品

(91)

ジェームズオオクボ的視点で選んだ心に残るあの店のあの料理(名物料理百選)

(1)

産地・生産者訪問

(91)

今日の大久保一彦のしごと

(446)

経営者のための連続コラム

(650)

これから開業の方向けコラム

(193)

子供たちのためにコラム

(38)

親父からの遺言

(10)

偉人の言葉、今日の言葉

(10)

大久保一彦の野草のワークショップ

(25)

“経営思想家”大久保一彦の次の世代への哲学

(27)

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.