4405116 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

himekyonの部屋

全て | 未分類 | クライミング | 写真大好き | 山歩き大好き | アマチュア無線 | ペット | 花が大好き | 野鳥大好き | 雑記 | 自然が好き | 家族 | つぶやき | 富士山大好き | 今日のこと | 食べた物 | 各駅停車の旅 | スノーシューは楽しい | 地震 | 高尾の四季 | 東海の四季 | 窓辺の花 | 八ツ岳の四季 | 新潟の四季 | プランター菜園 | 入笠山の四季 | 茨城の四季 | 奥多摩の四季 | 尾瀬の四季 | 群馬の四季 | 千葉の四季 | 埼玉の四季 | 栃木の四季 | 北アルプス | 南アルプス | 中央アルプス | 信州の四季 | 東北紀行 | 誕生日 | 関西紀行 | 富士山周辺の四季 | 北陸紀行 | 東京の四季 | 神奈川の四季 | 山梨の四季 | 箱根路の四季 | 日本の野生蘭 | この花に逢いたくて | 蝶々 | ブログ | 友達 | 静岡の四季
2011/03/15
XML
カテゴリ:地震
今朝の余震の震源地は、千葉県北部・・・

宮城県沖から福島沖、茨城沖と南下して千葉に近づいてきているような

千葉県にも房総南沖に地震の巣があるそうで・・・


テレビに映し出される目を覆うような悲惨な光景、

自然の驚異に人間はなすすべがない、ただただ驚愕するばかりです


東京電力の「計画停電」

前夜遅くなっていきなりの発表による実施、

被災地のことを考えれば、停電は致し方ないとは思っていますが・・・

これは「計画停電」ではなく、机上だけの思いつき無計画停電では??と言いたくなりました

各交通機関との連携もなく、東京電力の一方的な押し付けではなかったのかと、

昨日の朝は、京成電車は時間限定で運行するも、JRは全面運休

最寄駅を大幅に遅れて発車した京成電車は、時間限定の最終列車、午前11時までしか

運転できないとのこと、成田空港からの帰国旅行客を乗せて超満員、なんとか乗れたものの身

動きが取れず、途中大きな揺れの余震に電車は止まり、しばらくは待機状態、やっと動き出し

たものの、11時に近づいてきて



「11時までの時間限定になっており、どこまで運行できるかわかりませんが、

許可が出る限り、先に進めていきますので、よろしくお願いいたします、駅と駅の途中で止ま

ることはありませんが、11時に近づいた駅で運転停止になる可能性があります。途中西船橋

で地下鉄に乗り換えていただければ、少しでも都内に近づけるのではないかと思われます。乗

換えをお薦めします」

車掌のアナウンスの言葉も悲壮感がありました。



なんとか最寄駅に着き、歩いて会社へ辿り着くと、なんと会社は鍵が閉まって電気が消えて

いる、朝、店長に電話したときには何も言ってなかったのに・・・

店長に連絡すると、会社に向かって歩いていると

お昼近くになって2時間歩いてようやく辿り着いた店長、しかし、他の社員は来ませんでした


地震の翌日の朝、京成電車が動くのを待って3時間遅れで出社したとき、

電話連絡をした際に電話にでた社員が、himekyonに言ったことばは

「家で待機?なんでホームで待機してなかったんだ」その社員が今回は出社してきませんでし

た。交通手段は他にもあったはず、勝手なものです・・・


昨日は、この日にやらなければならない仕事だけをして、店長の許可をとり1時間早く帰る

ことにしました。

全日運休のJRが午後から1時間に1本の割で再開されましたが、「西船橋」止まり

京成線は夕方5時から再開予定で、駅まで行くとまだ再開されていないし、

いつ再開されるかはわからないとのこと、

朝は乗換駅から最寄駅までは、「振替」で降りることができたのに

帰りは振替処置はできないとのことでJR線に戻り、西船橋まで行き、船橋駅までの

一駅を40分歩きました。


船橋駅に着くと混雑緩和のために改札規制がしかれていて、15分間隔の超満員の列車に

乗り込み自宅へ着きました。



こんなことが毎日続くのかとあまりの無計画さに憤りを感じていましたが

今朝起きてみると、各交通機関は、本数は減らすものの運行するとのニュースが流れていまし

た。

利用客を無視した計画停電による交通機関の運休に振り回された1日でした

テレビをみていると

昨日の夕方から実施した停電では、被災地の千葉県旭市の避難所が停電区域になり

ひたすら陳謝する東京電力

福島原発事故での記者会見、

混乱しきっている東京電力が見え隠れしています



被害がこれ以上広がらないことを祈ります





節電しなければならないときにブログ更新は自粛すべきとの意見もあるそうですが・・

確かにおっしゃることはわかりますが、更新することで、安否確認ができることもあります。

今、できることはしていきたいと思っております。

















Last updated  2011/03/15 09:36:29 AM
コメント(10) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.