000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

“飲食店の勉強代行業”大久保一彦の勉強録

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

大久保一彦の二つ星ワールド

2015.10.03
XML
~ニューヨークステーキの源流、かつ唯一無二 ~

 “飲食店の勉強代行業”大久保一彦のアメリカ視察レポート。
今日は、ステーキの名店『Peter Luger Steak House』にしましょう。

s-20150931 (389).jpg

 『ピーター・ルーガー』は、ニューヨークのステーキハウスの源流と言えるでしょう。
ハワイ経由で六本木、大阪と展開しているWDIがライセンス展開している『ウルフギャング』のウルフギャング氏が長年ヘッドウエイターを務めたステーキハウスでもあります。
http://www.wdi.co.jp/ja/restaurants.html

 まずは、今回、ご一緒させていただいた藤山純二郎先生の解説から・・
『ピーター・ルーガーステーキハウス』
 ミシュラン一つ星、1本(そのカテゴリーで特に美味しい料理、かなり快適)

 1887年創業、128年の歴史を誇り、ニューヨーク唯一の星付ステーキ店。
ピーター・ルーガー氏は実在した人物1866~1941、75歳で亡くなる)
 彼の横川潤氏に「世界最強のステーキハウス」と言われている。理由はいろいろいな意味でということで。

 予約は、一番最後の21時45分で取れました。
入口に入ると、バーがあり、

s-20150931 (393).jpg

ZAGATのアワードがずらり、ずらり。

s-20150931 (394).jpg

s-20150931 (395).jpg
ミシュランもちょっこと掲示しています。

s-20150931 (396).jpg

 今日はUSDA PRIMEのポーターハウス、ステーキFOR2を注文します。

s-20150931 (397).jpg

 まず、前菜にシーザーサラダを。

s-20150931 (398).jpg
ボリュームもちょうどよく、なかなかおいしい。
 ちなみに、トマトとモッツァレラのスライスが名物であるが、こちらは切っただけの一品の印象ということで藤山先生と意見が一致します。

 まずは肉汁をかけて食べるため、傾ける、部品をテーブルに置きに来ます。

 さあ、ポーターハウスが登場。
大きさは二人でちょうど良いボリュームです。
ドライエージングにつき、しっかり焼きこんであり、表面がクリスピーであることが見た目でわかります。
これを、ヒレ、サーロイン、おのおの切り分け、それぞれ一切れ皿盛りしてくれます。

s-20150931 (401).jpg
最後に食べ方を説明しながら、肉汁かけておしまい。

s-20150931 (404).jpg

 ひとくち口に入れると、「おお、これは違う」と再認識。
こちらで食べるとウルフギャングとも違うことを再認識します。
熟成肉、独特な熟成香とクリスピーさ、にじみ出る肉のうまさかつ意外なあっさり感。
このステーキにタレはいらないですね。
 まさに、唯一無二。
さらに、スプーンで脂をかけてそのまま食べると、こりゃやばい。
オリジナルソースはウルフギャングよりさらにインパクトがある印象。

最高やね。
全く違うタイプではありますが、東京の『IDEA銀座』の釜焼きステーキとも通じる部分がありますね。


サイドはクリーミースピナッチ

s-20150931 (405).jpg

s-20150931 (408).jpg

 デザートはしびれるほど甘いピーカンパイを藤山さん、私はアップルツィーデル。

s-20150931 (409).jpg
今夜の勉強はとても勉強になりました。

s-20150931 (410).jpg

 ローマ法王と国連総会で各国首脳が来ている日の深夜のアップタウンへのタクシーは危険だった。
これは反省。


 なお、カード不可なのでご注意を。

Peter Luger Steak House
178 Broadway, Brooklyn, NY 11211
電話  7183877400






Last updated  2015.10.03 20:44:50
2014.10.11
 “飲食店の勉強代行業”大久保一彦の香港二日目のお勉強はコーズウエィベイの『湖舟』です。
香港の鮨店の老舗と言えるでしょう。
昼は300香港ドル、夜は1500香港ドルくらいのようです。
今年ガイドブックで三ツ星に格付けされた『鮨よしたけ』を除くと、夜の価格はかなり高い方になるようです。

20141009 (4).jpg
そのため吉武さんにお聞きしたら鰻屋さんじゃないですかと返ってきました。

20141009 (3).jpg
最近は鰻を打ち出しているようです。
浜名湖の鰻を使っているのはこちら『湖舟』のみのようです。

20141009 (6).jpg
まずは秋刀魚の棒寿しからスタートです。

20141009 (31).jpg

20141009 (19).jpg
新子は甘味を感じます。

20141009 (22).jpg
赤酢をブレンドしたシャリは意図的にしっかり握っています。
そのため、切り付けは厚めになっています。
好みは分かれるかもしれませんが、こちらのオーナー袖山富士男さんのこだわりです。

袖山さんは、14歳のときに仙台にある江戸時代の名職人の華屋与兵衛の最後の弟子の店で修業し始めた。

※華屋 與兵衛(はなや よへえ、1799年 - 1858年、小泉與兵衛、花屋與兵衛とも)は、江戸時代の江戸前寿司の人物。江戸三鮨のうちの一つ「与兵衛寿司」を開業した。
1824年に華屋を開業。ワサビを使い、現在の寿司に非常に近いものを出したことから、一般には握り寿司の考案者とされる。他の業者と競い豪華な寿司を提供したことから、奢侈を禁じた天保の改革の際には他の寿司職人ともども投獄されている。明治時代に出版された書物には、与兵衛が投獄された原因はアナゴ寿司にあったと伝えている。
出展:フリー百科事典ウィキペディア

20141009 (25).jpg

20141009 (28).jpg
本日の鮪は対馬の蓄養。「残念ながら、国産じゃない」と繰り返していました。

20141009 (29).jpg

20141009 (38).jpg
イバラガニの卵の細巻きが個性的です。

今日は魚が少ない日だと言うことで、次回、夜来たいですね。

18/F, Macau Yat Yuen Centre, 525 Hennessy Road, Causeway Bay
銅鑼灣軒尼詩道525號澳門逸園中心18樓
電話 +852 2187 3800


湖舟寿司 / 銅鑼湾 コーズウェイベイ)

昼総合点★★★★ 4.7








Last updated  2014.10.12 02:07:04
2014.10.10
 今回のお勉強のベースに選んだのが九龍にある『W酒店』です。
デモもあり、ベストチョイスでした。

20141009 (54).jpg

20141009 (53).jpg

九龍は開発が進み、周りの環境も、近代的で商業施設にもかなりテナントが入っています。
今日は私くらい身長のあるレセプションのスタッフが部屋まで案内してくれます。
話をしている彼は韓国国籍のようで、日本にも来たことがあるようです。

20141008 (5).jpg

20141008 (7).jpg
お部屋の感じもいいです。

20141009 (55).jpg
窓から眺めもいいですね。

20141009 (57).jpg

初日、深夜、ラウンジで亀島さんと時間を過ごしました。
かなりにぎやかで、クラブのような賑わい。
ただ、私たちは今後のお話をしたかったので、フロン前のロビーでもOKということで、そちらに移動します。
そこで飲むカクテルは格別です。
私はジントニック、亀島さんはギネスビールを飲んでいましたが、さりげなくおいしいです。
いい時間を過ごせました。

ラウンジは、深夜の姿であって、昼夜はレストランになっております。
20141010 (1).jpg

20141010 (2).jpg

W酒店
中国香港九龍柯士甸道西一号港鐵九 (West Kowloon)
1 Austin Rd W
電話 +852 3717 2222


W酒店旅館・オーベルジュ(その他) / 佐敦 ジョーダン)

夜総合点★★★★ 4.8








Last updated  2014.10.12 02:00:04
2012.10.20
 今日のランチは人気のあるレストランに行き、Eatalyと比べてみようとしよう。
となれば、ダニー・メイヤーか・・

 まずは、アペタイザーにハンバーガーでもと思い、マジソンSガーデンに行く。
そこにあるのはSHAKE SHACKなのだが、すでに行列・・

20121020001 (1).jpg

いやー、もう少し早く来るべきであったにゃ。
さすが、エンゲージメントのダニーということで、Gramacy Tavernへ。
一号店のユオンスクエアのところにある。

ザガット2013によればMost Popularレストランの二位に位置する人気店。

先ほどものべたが、ダニーは、
「私は、まずスタッフを大事にすることからはじめます。彼らと価値観を共有することで、彼らが責任と誇りを持って接客してくれれば、お客様も喜んで店に来て下さり、店が活気付きますよね。次に、コミュニティとの繋がりを重視しています。『UNION SQUARE CAFE』は、週に数回、地元の農家の人々がユニオン・スクエアに出店するグリーン・マーケットの目と鼻の先にあるため、我々は新鮮な食材を簡単に買うことができます。そして、それは供給者と地域への貢献に繋がります。店の評判が良くなれば投資家などの関係者やスタッフも喜ぶ…。なかなか良いサイクルだと思いませんか? 」と述べている。
※詳細はこちらから

今日はカウンターの席に案内される。

20121020001 (3).jpg

20121020001 (7).jpg

20121020001 (2).jpg
カラマリとマッシュルームの温製サラダ。
味の決まり方が素晴らしい。
Gramacy Tavernで食事をしてしまうと、Eatalyの料理は普通に感じてしまうかもしれない。
ダニーは食材の購買活動による地域貢献を打ちだし強いエンゲージメントをスタッフ、顧客、生産者の間で共有しているのが強みだ。
この強みのある企業に対しては、レストラン×リーテイルのハイブリッドも負けるのかもしれない。

20121020001 (4).jpg
シャックシェイクで食べられなかったので本日のランチのハンバーガーを注文。

20121020001 (5).jpg

20121020001 (6).jpg
これは私の顔かにゃ。
ホスピタリティ満点ですな・・


Gramacy Tavern
42E.20th St. (bet b'Way& Park Ave)
電話 212-477-0777


Gramacy Tavernフレンチ / フラットアイアン/ローワー・ミッドタウン)

昼総合点★★★★ 4.7














Last updated  2014.08.10 11:00:56
2011.02.23
テーマ:台湾グルメ(14)
 飲食店の勉強代行業の大久保一彦は台北市に出没しています。
今日は、ド定番の店でお勉強しましょう。
というわけで、『鼎泰豊』に出没します。

1102220000t 007.jpg

1102220000t 008.jpg

1102220000t 011.jpg
カジュアルな店であるが、スタッフの数が凄いですね。
その数多くのスタッフがくりひろげる教育訓練による差別化です!
台湾でこれだけスタッフを教育訓練するのは至難の業ですが、凄いですね。

 まずは前菜をもってきますね。
主に季節の野菜を使っていろいろあります。

1102220000t 009.jpg

1102220000t 010.jpg

1102220000t 012.jpg

さあ、本命いきましょう。
この店にきたなら小籠包ですね。
非常に種類が多いです。

1102220000t 013.jpg

クライアントさんは、もっとおいしい店がいっぱいあるが、安定している店と言っています。

1102220000t 014.jpg
餃子もいきましょう。

1102220000t 015.jpg
〆は炒飯ですね。
台湾の店としては減点材料が少ないと言えるでしょう。

鼎泰豊
台北市信義路二段194号
電話 02-2321-8928

鼎泰豊 信義店上海料理 / 永康街)

夜総合点★★★★ 4.0







Last updated  2015.11.20 09:42:29
2010.08.31
さて、今日はTRUに行きます。


TRUはこんな店です

(コンセプト) ユーモアのある高級ダイニング

(TRUの意味)全てに限界はないという意味。料理、
             材料そしてアートに探求を続けるということ。

(FOOD&MENU)
 料理人の間で高い評価を受けているシェフRick Tramontoとpastryの専門家 Gale Gandが
作っているモダンフレンチである。
 地元と外国の専門家が作った風味に富んだ味の良い材料によって、
伝統的なフランスの外観にとらわれない新進のフレンチを作りあげている。      
 コース料理も多種多様に用意されていて、
特に、この店のシェフTramotoのスペシャルコースは
お薦めである。
 ワインは常時16.000ボトルのコレクションリストがあり、
専用のワインセラーに保管されている。またそれぞれのメニューにあったワインが選べるよう、
ソムリエのScott Tyreeと(1966年からレタス社にソムリエとして所属しており、
いくつかのソムリエのタイトルも持つ)知識の豊富なスタッフが的確なアドバイスをしている。

(DINING)
 90席の広いメインダイニングルームと、3つのプライベートダイニングルームで構成されている。
メインダイニングは2人では充分すぎるくらいのゆとりのあるテーブルと、
心が落ち着くジャズミュージックの演出で、
会話がまるで口ずさんでいるかのように感じる心地よい空間になっている。
 テーブルは白いシルクのテーブルクロスで椅子はスペインで作られた
黒のヴェルベットで統一されている。
 高さのある花瓶には自然な色の花が活けてあり、
壁には有名な画家のオリジナル作品が飾られている。
 また、キッチンをかすかに覗くことのできる窓からは、
動く芸術を見ることができる。
それはあるときは、ざくろであり、またある時は、
ガーリックの球根が水に浮いているかもしれない。

 プラーベートダイニングルームは、36人のパーティが可能な大きな部屋と、
11人までが入ることのできるバルコニー(セミプライベートダイニング)、
及び専用のキッチンのある6人限定のプライベートルームの3つからなる。
TRUにはプライベートダイニングルームコーディネーターがおり、
客の要望に答えて満足のいくようなパーティになるお手伝いをしている。

(KITCHEN)
キッチンはシェフであるRickとGaleが作りあげた。
Pastryも独立したキッチンをもっている。このキッチンから、
厳選された食材が芸術と融合し、すばらしい作品となって客の前に並べられるのである。
6名用のプライベートダイニングルームには専用のキッチンもあり、
専用のシェフが客の希望にこたえたオリジナルメニューを提案することもできる。

全席禁煙で、ジャケット着用である。
駐車場完備でメインディナーの後に映画、ミュージカルまたは、
舞台を楽しみたい方のために、TRUでは馬車を用意するサービスも提供している。
車をここに置いたまま出かけ、戻ってきてから、デザートを楽しむこともできる。

視察記
 最終日われわれは、”Spago” のバーでスモークサーモンの
ピッツァを食べた後、8時の店についた。
 入り口には、雑誌のモデルのような黒人のトレンディなドアマンが居た。
彼が、中に導いてくれる。
おかしい、彼は中までついてくる。
実は後で気づいたのだが、彼はマネージャーのようだった。
このあとダイニングの状況を何度も確認していたからだ。
おそらく、そろそろ、8時の予約が来るということで待っていたのだろう。

 席についていきなりショープレートのおもしろさにうなずく。
続いて、バターの容器もおもしろい。いずれも、クリスタルでできている。
さて、早速、食前酒はどうするか聞きに来た。
すでに、“Spago” で飲んできたので、ワインが欲しい旨をいい、
私の独断で、ビオニエを選ぶことにした。
ソムリエのおすすめが195ドルのフランス(1999年)の黒っぽいボトルのものだった。

 続いてメニューが来て、われわれはグランドコレクション(Grand Collection)を選んだ。
まず、アミューズが来る。
それは、四つの四角いお皿をうまく利用した、とてもプレゼンテーションのよいものであった。
 そして、ワインがサービスされる。
また、ここでも、オマリーのような顔のソムリエがワインの試飲後、
何度もグラスの臭いをかいでいる。どうもおかしいらしい。
どうするのか?

 彼は、われわれのところへ来て、開けたワインが何か本来の香りが出ていないので
交換するのでしばし時間が欲しいというのだ。
そして、おしげもなく195ドルのワインを交換した。
そして、マネージャーが大変待たせてもうしわけないと丁寧にお詫びに来た。

まず、最初のコースは
Iranian Caviar Staircase, Smoked Sturgeon Terrine, Chive Butter
イランのキャビア階段, チョウザメ・テリーヌを吸った、エゾアサツキ・バター
色合いよい魚の卵などが盛られ、パンド・カンパーニュで食べるようになっている。
驚いたのは、下記写真のような、ダイナミックなクリスタルのプレゼンテーションである。

キャビアの階段.jpg

同席者によれば、強化接着剤でついているので安定しているが、
とてもコストのかかる食器だそうだ。緑色のチョウザメは、わさび風味に味付けがしてある。
意外と卵とバターが合った。

料理は、最初のインパクトをうまく強くし、その印象を引きづるように仕掛けてある。
まずくはないが、うなるほどのものではない。
しかし、うまく料理に目がいかないように、うまく、考えてある。
最初から計算された演出が、なんともレタスエンターテイメント社らしい。
非常に参考になった。
デザートの前に、ナイアガラのイニスキリン(アイスワイン)を注文した。
 デザートは、各自それぞれ違うものが盛り付けられ運ばれてくる。

コーヒーのサービスがある。われわれは、すっかり流行している、紅茶のサービスを受けることにした。
最後は、このツアーでお決まりの、ドライデザートのワゴンサービスであった。

では訪問記へこちらからどうぞ








Last updated  2010.09.20 14:48:06
メンフィスの定宿ピーボディホテル。
鴨のデイリーイベントで有名。

PeobodeySC2.jpgPeobodeySC3.jpg
PEOBODY 1.jpgPEOBODY 4.jpg
PEOBODY 6.jpgPEOBODY 8.jpg

Peobodey Hotel
メンフィス






Last updated  2010.09.03 23:33:49
2009.11.24
トゥールにある洞窟ホテルに宿泊。

20091121 089.jpg

トゥールの町の建物に使われてる採掘場をホテルとして改装。
今では人気のホテルになっている。
とても珍しいホテル。

20091121 088.jpg
20091121 087.jpg

これが私の宿泊した部屋の入り口。
ワインの蔵があったそうだ。

20091121 085.jpg

20091121 063.jpg

20091121 060.jpg

20091121 053.jpg
ロビー

20091121 055.jpg
宿泊した部屋

Les Haute Roche
37210 Rochecorbon (Indre-et-Loire) - France
Tél. : + 33 (0)2 47 52 88 88

大久保一彦の本もよろしゅう


寿司屋のカラクリ











Last updated  2009.11.25 23:53:53
2009.07.29
 ライヨールのGrand Hotel Auguyに行ったときの画像を紹介しよう。
2004年に私と友人の瀧澤さんとで、
レンタカーしてフランスを走った。

ライヨールはミッシェル・ブラスに行くのが目的だった。
このHotel Auguyは宿泊を主に考えた。
ミシュランを見ると一つ星だったので、
食事をすることにした。

1014 012.jpg
1014 013.jpg

1016 002.jpg
1016 008.jpg
1016 009.jpg
1016 010.jpg
1016 011.jpg
1016 014.jpg
1016 015.jpg
1016 016.jpg
1016 018.jpg
1016 019.jpg
1016 021.jpg

これから期待のレストランです!

Grand Hotel Auguy
2 Allée de l'Amicale, 12210 Laguiole
電話 +33 5 65 44 31 11


Grand Hotel Auguyフレンチ / オーヴェルニュ地方)

夜総合点★★★★ 4.7









Last updated  2014.08.13 22:41:44
2009.03.01
テーマ:旅先にて(822)
ロンドンの人気スポットのバラマーケットに大久保一彦が出没!
200902028 063.jpgなかなかレベルの高いマーケットです。
200902028 009.jpg200902028 004.jpg
200902028 031.jpg200902028 007.jpg
200902028 033.jpgまずは牡蠣
200902028 032.jpg200902028 035.jpgいけます!
200902028 014.jpg200902028 016.jpg200902028 073.jpg
200902028 024.jpg200902028 025.jpg
200902028 042.jpg200902028 018.jpgロンドン最高!

大久保一彦の本もよろしく


「カフェ」の始め方・儲け方増補改訂版


善の循環経営






Last updated  2010.09.20 14:11:51

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Freepage List

Rakuten Profile


夢ー商通信さん

「就職より操業」大久保一彦の創業塾

フォローする

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

★「飲ミニケーション… New! なにわの進藤さん

JR山手線有楽町駅:… New! koutagawaさん

早退 New! キューボシさん

「デカフェCO2抽出法… 丁寧な暮らしさかもとこーひーさん

【大門】元エロ中こ… TOMITさん

北海道十勝フェアが… 食の匠のお助けまんさん

秋のハープコンサー… 47弦の詩人さん

食べ歩き紀 ByeByeさん
竹田陽一ランチェス… ★竹田陽一ランチェスター 東京・西村のNo.1経営・裏のブログさん
釣って満腹! ~ボ… 秀龍さん

Category

大久保一彦のひとこと情報

(1171)

ワイン会、フードなど大久保の教室

(118)

大久保一彦おすすめのおいしい店の情報

(233)

大久保一彦の商人のための情報

(171)

おいしい料理情報

(83)

食を考える

(59)

雑誌などメディア出演

(26)

大久保一彦が見たエンターテイメント

(31)

愛犬日記

(18)

(139)

よっしー

(97)

よっしーパート2

(112)

よっしーパート3

(179)

よっしーパート4(2010年3月17日以降)

(368)

よっち&こーちゃん

(353)

海外視察

(96)

カリフォルニアクイジーヌ

(5)

フランスの店

(31)

世界のベストレストラン&ホテル100

(83)

世界のベストレストラン更新前の記事

(164)

大久保一彦の二つ星と三つ星の間

(199)

大久保一彦的二つ星のレストラン&ホテル

(208)

大久保一彦の二つ星西日本

(216)

大久保一彦の二つ星ワールド

(24)

大久保一彦の一つ星の店、ホテル

(247)

大久保の一つ星(愛知より西)

(238)

大久保一彦の一つ星の店、ホテル(海外編)

(30)

北海道のうまい店

(52)

東北のうまい店

(35)

関東のうまい店

(114)

東京のうまい店

(251)

目白・雑司が谷界隈の店

(28)

甲信越と東海地方のうまい店

(109)

北陸のうまい店

(71)

関西のおすすめ

(144)

四国と山陰、中国地方のうまい店

(74)

九州のうまい店

(88)

沖縄のうまい店

(15)

魚アカデミー

(172)

各地名産品

(88)

産地・生産者訪問

(76)

今日の大久保一彦のしごと

(409)

経営者のための連続コラム

(644)

これから開業の方向けコラム

(192)

子供たちのためにコラム

(38)

親父からの遺言

(8)

偉人の言葉、今日の言葉

(4)

あの名店

(2)

大久保一彦の野草のワークショップ

(22)

“経営思想家”大久保一彦の次の世代への哲学

(11)

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.