000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

もう…何がなんだか日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

日常あれこれ

(144)

ブギウギ

(21)

らんまん

(26)

舞いあがれ!

(19)

ちむどんどん

(18)

カムカムエブリバディ

(14)

おかえりモネ

(9)

朝ドラ-4>わろてんか~おちょやん

(1043)

NHK朝ドラ-3>あまちゃん~ひよっこ

(1394)

NHK朝ドラ-2>つばさ~純と愛

(1237)

NHK朝ドラ-1>ファイト~だんだん

(1236)

ちゅらさん

(8)

朝ドラについて考える

(53)

相棒

(179)

動物

(111)

韓国映画

(68)

香港・中国映画

(22)

欧米映画

(28)

日本映画

(30)

007シリーズ

(14)

その他の映画

(2)

ドラマ-1-

(54)

ドラマ-2-

(98)

ドラマ-3-

(25)

単発ドラマ

(12)

八重の桜

(50)

平清盛

(50)

陽だまりの樹

(12)

JIN-仁-

(23)

加藤虎ノ介

(10)

ドラマ以外のTV番組&DVD等

(11)

韓国ドラマ-1-

(16)

欧米ドラマ

(25)

台湾ドラマ

(45)

台湾ドラマ-2-

(5)

韓国ドラマ-2-

(104)

韓国ドラマ-3-

(96)

韓国ドラマ-4-

(44)

MV&歌詞訳(主にヒジュン)

(9)

MV&歌詞訳(パク・ヒョシン)

(5)

MV&歌詞訳(主にQUEEN)

(21)

MV&歌詞訳(エド・シーラン)

(11)

MV&歌詞訳(その他)

(35)

レトルト&キヨ その他

(4)

お気に入り動画

(1)

K-POP(主にヒジュン)

(37)

歌詞訳(k-pop)

(72)

食べ物・飲み物

(148)

ラーメン etc.

(35)

風景、植物

(18)

韓流 ・華流あれこれ

(12)

アニメ-1-

(24)

アニメ-2-

(38)

鬼滅の刃

(2)

小説&マンガreview

(12)

イラストetc.

(20)

『はみだしっ子』シリーズ

(12)

(12)

お出かけ、イベント...etc.

(8)

バトン

(59)

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『ブ… New! レベル999さん

【ブギウギ】第22週(… New! ショコラ425さん

今朝は雪が舞っていた らぶりーたわ子さん

 いいひとあっちゃ… いいひとあっちゃんさん
チャリおやじ(ハン… dyy928さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2021.05.15
XML
​​​​​​​​​口上で終わるのかと思ったら
舞台袖で泣く
つまり、語り手としてではなく自分自身の感情を出す
黒衣…という最後は良かったよ。

でも、草原兄さんったら
​涙出てなかったで!?​

…あ、いや
出てたんだろうな…出てたんだと思うよ…出てたことにしとこう>ぉ

…ひじゅにですが何か?



​「生きるっちゅうのは、ほんまにしんどうて
…おもろいなあ」​
by千代



ちゅーことで
中途半端で投げ出してしまった形の『おちょやん』感想
最終話はキチッと書いておこうと思います。
総括も兼ねて。

だ、誰も見てないかもしれんがな(^^;)

最終週とプレ最終週(第22、23週)は、結構良かったんと違う?
個人的には、やはり、​芝居​に比重を置いたからだと思う。


子供時代に関しては
暗いとか千代の言動が乱暴で好感持てない…とかいう意見もあるけど
ひじゅには好きだった。
貧しく、教育も受けられず、毒親の下で弟を守りながら懸命に生きている様子は
十分に魅力的だと感じたし
言葉が悪いのも、そんな状況に負けない芯の強さが伺えて寧ろ小気味良かった。


大人編に移ってからは
「スピンオフ」と揶揄されるほど脇役を目立たせるエピが多かった。
確かに、ここは賛否両論。

「賛」の部分は、脇役にも人生を背負わせていること
それにより世界を広げていること…かな。
ヒロインに焦点を合わせ続けるドラマの方が一貫性はあるかもしれないけど
下手すると、脇役が単に話を勧めるための駒に過ぎなくなる危険性があるものね。
脇役=ヒロイン持ち上げ要員になって、ご都合主義ドラマになり下がる…ってのも
朝ドラ“お約束”中の“お約束”。

「否」の部分は、散漫になってヒロインも埋没してしまって
何を描きたいのか分からなくなること…かも。

ただ、今作の場合、脇役の話であるとはいえ
「家族」とか「親」というテーマで揃えていたので
これは変奏曲であり、千代が「お母ちゃん」になるまでの過程を描くもの
…と、ひじゅにとしては解釈していたし、そう擁護してもいた。

惜しむらくは、必死で擁護するほど面白くはなかったってこ…>こらこらっ

ラストのラストでは、春子だけでなく
道ですれ違う、その他大勢の人々から「お母ちゃん」と呼びかけられていたので
この解釈は間違ってはいなかったのだろうと思うけど
構成があまり上手くはなかっ…>スミマセンスミマセン


口上で始まったし、途中にも入ったし
中身も、比較的自然な感じで描かれるドラマ…にはせず
逆に少し不自然に、舞台劇っぽい雰囲気を漂わせた作りだった。
​芝居がかっている​」ってヤツ(笑)

そこに魅力を感じ、期待したのだけど
中盤、肝心の「芝居」の影が薄くなってしまったのがダメだったと思う。

いつも千代の周りで、ちょっとした事件が起こり
千代はそれに関わるけれど、大活躍するわけでもなく
金曜日が来てアッサリ片付いてしまう…って感じで(笑)
どうせなら木曜日に解決し、金曜日はそれにインスパイアされた千代が
それを芝居に生かす…とか
その悩みを千代が芝居に昇華させ、それを観た当事者達が気付きを得る…とか
全てが芝居に帰結する物語であったなら、一貫性もあるし
千代の成長物語として楽しむことができたんじゃないかと思う。


そこが成功していたなら
戦中戦後、生きるだけで必死な中でも芝居の台詞を呟き続けたこと
その台詞を忘れてしまったことで初めて泣き崩れるところ…等が
ごくごく自然に、かつ切実に、こちらの心にも迫ってきただろうなあ…

失ってばかりだった千代の人生が芝居によって報われる終盤にも
深いカタルシスが得られたんじゃないかなあ…

ホームドラマ>>>ビジネスドラマなのも朝ドラ“お約束”だけどさ(笑)
でも、例えば
『カーネーション』はヒロインの洋裁への情熱が何よりも伝わってきたし
『ちりとてちん』は、この2つの要素が上手く融合していたと思う。

だから、このことがとても​惜しい​>あくまでも個人的にでおます


もしかしたら
万太郎VS千之助や、一平が今までにない喜劇を追求する姿等で
物語のバランスを取ったつもりなのかもしれないけどね。

前者と後者の「喜劇」の違いとかを
もっと分かり易く描いてくれたら良かったなあ。


まあ、芝居抜きにして見れば
肉親を失った千代が
他人だった人々と「家族」の様な繋がりを築き続け
最終的に血の繋がりのある“娘”を得てハッピーエンド
…とも言えるのかな。

所詮は疑似家族で本当の家族ではない。
血縁が全て…とも言え…
いやいや、そう言っちゃったら朝ドラとして難ざんしょ(笑)


言い足りないけど長くなったので、このへんで。
最後に俗っぽいことを少し>いつもだろ

一平の浮気で離婚になるエピは実話ベースだから不快感もなく
寧ろストレートに描いたなあ…と感心したくらいだけど
再会した千代の前で一平&灯子が頭を下げるシーンで
「頭を上げて」と言われたからって灯子の方が先に頭を上げたのが
何かちょっとムカついた、ひじゅにです(笑)

誰が悪いって言ったら、一平が一番悪いと思うけどね。



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3876-0f1d216c

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
      
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 


月>壁紙ポスター


完全版 ブルーレイ BOX3


玉羊羹


​​​​​​​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2021.05.18 11:16:13
コメント(10) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~おちょやん] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.