15980323 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

もう…何がなんだか日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

日常あれこれ

(144)

虎に翼

(2)

ブギウギ

(26)

らんまん

(26)

舞いあがれ!

(19)

ちむどんどん

(18)

カムカムエブリバディ

(14)

おかえりモネ

(9)

朝ドラ-4>わろてんか~おちょやん

(1043)

NHK朝ドラ-3>あまちゃん~ひよっこ

(1394)

NHK朝ドラ-2>つばさ~純と愛

(1237)

NHK朝ドラ-1>ファイト~だんだん

(1236)

ちゅらさん

(8)

朝ドラについて考える

(53)

相棒

(179)

動物

(111)

韓国映画

(68)

香港・中国映画

(22)

欧米映画

(28)

日本映画

(30)

007シリーズ

(14)

その他の映画

(2)

ドラマ-1-

(54)

ドラマ-2-

(98)

ドラマ-3-

(25)

単発ドラマ

(12)

八重の桜

(50)

平清盛

(50)

陽だまりの樹

(12)

JIN-仁-

(23)

加藤虎ノ介

(10)

ドラマ以外のTV番組&DVD等

(11)

韓国ドラマ-1-

(16)

欧米ドラマ

(25)

台湾ドラマ

(45)

台湾ドラマ-2-

(5)

韓国ドラマ-2-

(104)

韓国ドラマ-3-

(96)

韓国ドラマ-4-

(44)

MV&歌詞訳(主にヒジュン)

(9)

MV&歌詞訳(パク・ヒョシン)

(5)

MV&歌詞訳(主にQUEEN)

(21)

MV&歌詞訳(エド・シーラン)

(11)

MV&歌詞訳(その他)

(35)

レトルト&キヨ その他

(4)

お気に入り動画

(1)

K-POP(主にヒジュン)

(37)

歌詞訳(k-pop)

(72)

食べ物・飲み物

(148)

ラーメン etc.

(35)

風景、植物

(18)

韓流 ・華流あれこれ

(12)

アニメ-1-

(30)

アニメ-2-

(38)

鬼滅の刃

(2)

小説&マンガreview

(12)

イラストetc.

(20)

『はみだしっ子』シリーズ

(12)

(12)

お出かけ、イベント...etc.

(8)

バトン

(59)

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

アンメット ある脳… New! レベル999さん

【虎に翼】第3週(4/1… New! ショコラ425さん

週明け。#giants 連… New! らぶりーたわ子さん

 いいひとあっちゃ… いいひとあっちゃんさん
チャリおやじ(ハン… dyy928さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.02.23
XML
カテゴリ:アニメ-1-
オーストラリアはフリーマントルに到着。
そして、いよいよ​ペンギン饅頭号​に乗船。

割り当てられたのは、かつての報瀬母と同じ船室。

4人部屋。
それでキマリ達は4人組なのか。



​「空を見るためかな」​by前川



STAGE07『宇宙を見る船』


チラリ登場した​報瀬母​は、どっちかっちゅーと日向タイプ。

先回の報瀬&日向のドタバタドリアン友情物語は
4人の距離が縮まる初期エピソードの一つというだけでなく
報瀬母・前川・藤堂の3人と重ねるためでもあった?

高校時代のシーンでは、報瀬母と藤堂さんの2人だけ。

報瀬も高校で出逢ったのはキマリだけ。
この2人から物語は始まった。

前川とはどうやって知り合ったのかは今後描かれるのだろう。
そうしてベースの3人組が出来上がる。


キマリ達は4人組でスタートしたのに対し、こちらは3人というのは
4人部屋であることから​「4」​を”完全”と無理くり解釈したとして

キマリ達=パーフェクト
報瀬母達=欠けたものがある

ちゅーことで
その後の悲劇(報瀬母行方不明)を示していたりして?

いやいや、単純に同じ人数というのも面白くないからかもしれないし
3人+他のメンバー達で「4」を構成しているということかもしれない。


実際、メンバー全員が3年前と同じ顔触れ。

全員が報瀬母と共に南極へ行った同僚。
行方不明になった時の実態を知る仲間。
悲しみや後悔と、何かしらの”謎”を共有する当事者。


報瀬母達は、南極で行いたい事をしっかり心に描いていて
それが夢であり目標だった様子なのに対し
キマリ達の方は漠然としている。

キマリも日向も、日常を抜け出したいという動機だし
結月は「お仕事」…
母親を探しに行きたいという報瀬を除けば
行き先は南極でなくとも良かったとさえ言える。

結月は「ともだち」を欲しがっていて
それは叶う途上にある。

だから最後は
​「こうして4人は親友になりました」​
で締めてもおかしくはないんだけど…
それだけじゃ物足りない気がするなあ。

報瀬と日向は「ザマアミロ」と言うのも目的ではあるから
そう叫ぶシーンはきっとあると思うんだけど
そこで終わりにしてしまうと
過去の自分を乗り越えることにはなるかもしれないけど
その先のビジョンも見せないと、やはり物足りないかも。

かといって
大仰な、お説教じみた締めでは「らしく」ないしね。
どんなオチをつけてこの物語を終えるのか興味がわく。

ここは、案外

​南極の空は美しかった―​

で終わるのも「あり」かもね。



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/4013-fd056301

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
   人気ブログランキング
にほんブログ村  人気ブログランキングへ 


Tシャツ


宇宙へのまなざし すばる望遠鏡天体画像集


世界一空が美しい大陸南極の図鑑





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.02.23 13:26:53
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.