16037864 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

もう…何がなんだか日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

日常あれこれ

(144)

虎に翼

(6)

ブギウギ

(26)

らんまん

(26)

舞いあがれ!

(19)

ちむどんどん

(18)

カムカムエブリバディ

(14)

おかえりモネ

(9)

朝ドラ-4>わろてんか~おちょやん

(1043)

NHK朝ドラ-3>あまちゃん~ひよっこ

(1394)

NHK朝ドラ-2>つばさ~純と愛

(1237)

NHK朝ドラ-1>ファイト~だんだん

(1236)

ちゅらさん

(8)

朝ドラについて考える

(53)

相棒

(179)

動物

(111)

韓国映画

(68)

香港・中国映画

(22)

欧米映画

(28)

日本映画

(30)

007シリーズ

(14)

その他の映画

(2)

ドラマ-1-

(54)

ドラマ-2-

(98)

ドラマ-3-

(25)

単発ドラマ

(12)

八重の桜

(50)

平清盛

(50)

陽だまりの樹

(12)

JIN-仁-

(23)

加藤虎ノ介

(10)

ドラマ以外のTV番組&DVD等

(11)

韓国ドラマ-1-

(16)

欧米ドラマ

(25)

台湾ドラマ

(45)

台湾ドラマ-2-

(5)

韓国ドラマ-2-

(104)

韓国ドラマ-3-

(96)

韓国ドラマ-4-

(44)

MV&歌詞訳(主にヒジュン)

(9)

MV&歌詞訳(パク・ヒョシン)

(5)

MV&歌詞訳(主にQUEEN)

(21)

MV&歌詞訳(エド・シーラン)

(11)

MV&歌詞訳(その他)

(35)

レトルト&キヨ その他

(4)

お気に入り動画

(1)

K-POP(主にヒジュン)

(37)

歌詞訳(k-pop)

(72)

食べ物・飲み物

(148)

ラーメン etc.

(35)

風景、植物

(18)

韓流 ・華流あれこれ

(12)

アニメ-1-

(30)

アニメ-2-

(38)

鬼滅の刃

(2)

小説&マンガreview

(12)

イラストetc.

(20)

『はみだしっ子』シリーズ

(12)

(12)

お出かけ、イベント...etc.

(8)

バトン

(59)

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

シュークリーム食べ… New! らぶりーたわ子さん

わんだふるぷりきゅ… New! レベル999さん

【虎に翼】第8週(5/2… New! ショコラ425さん

セリフの稽古で、喉… ねむにゃんさん

 いいひとあっちゃ… いいひとあっちゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.04.07
XML
カテゴリ:アニメ-1-
先回がクライマックスで
今回は綺麗に風呂敷を畳んだ
…というところ?



​「知ってる」​by報瀬



STAGE13『宇宙よりも遠い場所』


髪を切ることを象徴として
​報瀬​の変化が強調されていたな。

母親とは正反対のタイプに見えたのが
ここで生きているという感じ。


母親@貴子はどっちかっちゅーと日向よりのキャラ。
だから、4人の中でも特に報瀬&日向の関係が前面に出ることが多く
そこに意味を持たせている様に思うのだけど
それだけでなく、報瀬自身が母親に近付いて来た。

いや、元々そういう面を持っていたのが
母親の死により抑え込まれていたのだろう。
それらが、母親の死を受け入れたことにより解放されたということだろう。

そんな報瀬の中に母親の面影を見て
誰よりも心に傷を抱えていた藤堂も少し救われた。

先回の件で、報瀬自身がようやく救われる、その前に
​結月​の「ともだち」問題
​日向​のトラウマ
それらが、ある意味、報瀬によって救われた。
それらは、報瀬自身の救いに向けての準備段階というか土台ともなった。

そして、先回があり
それにより藤堂達も救われた。

これはなかなか深いドラマだと思う。


内面が解放され、母親に似た部分が表出してきたところで
母親に似たロングヘアをバッサリ切ってしまうというところが
またまた象徴的。

報瀬はもう誰にも依存していない報瀬という1人の人間だものね。


ひじゅにもさ
今のところ似た様なロングヘアなんだけど
夏までには切ろうかと思っていて
その際は、あんな風なボブにしようと思ってたところなのよ。
あら、思わぬところに共通点が>そうか?


「私達は私達だもん」
ある意味一番目立たなかった​キマリ​
最後の最後はやはり主人公ぶりを発揮。

ギリギリまで一緒に4人でいて、それから涙ながらに別れる
…のではなく
最後の道のりは一人一人で行くことを提案。

​「青春、する」​という漠然とした夢の手始めに
学校をサボって一人で出かけようとした計画してみたものの
勇気を出せなかったキマリが、今は一人で電車に乗り込む。

出逢いは偶然で、最初の頃は「ともだち」という意識もなかった。
今は、再び4人一緒に旅に出るために別れて行く。


「女子高生」と括られてしまっていた4人だけど
これからは色んな事を学び、成長して行かなければならない。
藤堂や他のメンバー達の様に、何かしら専門的な知識や技術を身に着けて
再び4人で南極に行くために。

4人が帰る時に交代となる人々が来なくて良かった。
そうでないと、4人に替わる存在はあると思わせてしまうから。
藤堂達は南極に残るのも良かった。
越冬すれば帰国することになるわけだけど、そこを映さないことで
何か彼女達はいつでもあそこにいて
より成長して4人を待っていてくれる…という様な印象を残すから


報瀬が置いて来た​100万円​が、その象徴とも言えるかな?

考えたら、あのお金は使われそうになりながら使われないままだった。
観測隊の資金にすることも断られたし
4人の旅費にもならなかったし
シンガポールで日向がパスポートをなくしたかに思えた時
旅券を一旦買ったもののキャンセルできたし…

あれは報瀬の3年間を凝縮させたものだったから
報瀬と一緒に南極に行かねばならなかったし
報瀬が脱ぎ捨てた”覚めない夢”と共に
南極に置いていくべきものでもあったのだろう。
同時に、報瀬達が再び訪れるのを待つ存在でもある。


オーロラをシーンで終わっても良かったところ
ラストを締めたのが、めぐみというところも良かったな。

あの時のままでは悲し過ぎるもの。
キマリは4人が親友になったと認めながらも
一番の友達は、めぐみだと言っていた。
キマリが成長した今、めぐみも成長しなくちゃね。

北極に行ったのが成長かと問われると難しいけど…

確か、めぐみは、キマリは自分がいないとダメだと思っていて
いわば庇護する立場でいるという意識でいたのが
キマリが一人でどんどん進んで行ってしまうことに戸惑い
実は自分の方が依存していることに気付いた…んだったよね?

だから、そこから抜け出し自分も前進していることを
北極に行くという形で示したのだろう。
あるいは、北極に行くという行動で成長を目指したのだろう。

キマリは涙を流して喜んでいたから
これはポジティブなことであるはず。

​「同じ思いの人はきっと気付いてくれるから」​



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/4025-1b1bfec6

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
   人気ブログランキング
にほんブログ村  人気ブログランキングへ 


オーロラ


ブルーレイBOX


ペンギンクッキー





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.07 16:38:33
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.