16095470 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

もう…何がなんだか日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

日常あれこれ

(144)

虎に翼

(10)

ブギウギ

(26)

らんまん

(26)

舞いあがれ!

(19)

ちむどんどん

(18)

カムカムエブリバディ

(14)

おかえりモネ

(9)

朝ドラ-4>わろてんか~おちょやん

(1043)

NHK朝ドラ-3>あまちゃん~ひよっこ

(1394)

NHK朝ドラ-2>つばさ~純と愛

(1237)

NHK朝ドラ-1>ファイト~だんだん

(1236)

ちゅらさん

(8)

朝ドラについて考える

(53)

相棒

(179)

動物

(111)

韓国映画

(68)

香港・中国映画

(22)

欧米映画

(28)

日本映画

(30)

007シリーズ

(14)

その他の映画

(2)

ドラマ-1-

(54)

ドラマ-2-

(98)

ドラマ-3-

(25)

単発ドラマ

(12)

八重の桜

(50)

平清盛

(50)

陽だまりの樹

(12)

JIN-仁-

(23)

加藤虎ノ介

(10)

ドラマ以外のTV番組&DVD等

(11)

韓国ドラマ-1-

(16)

欧米ドラマ

(25)

台湾ドラマ

(45)

台湾ドラマ-2-

(5)

韓国ドラマ-2-

(104)

韓国ドラマ-3-

(96)

韓国ドラマ-4-

(44)

MV&歌詞訳(主にヒジュン)

(9)

MV&歌詞訳(パク・ヒョシン)

(5)

MV&歌詞訳(主にQUEEN)

(21)

MV&歌詞訳(エド・シーラン)

(11)

MV&歌詞訳(その他)

(35)

レトルト&キヨ その他

(4)

お気に入り動画

(1)

K-POP(主にヒジュン)

(37)

歌詞訳(k-pop)

(72)

食べ物・飲み物

(148)

ラーメン etc.

(35)

風景、植物

(18)

韓流 ・華流あれこれ

(12)

アニメ-1-

(30)

アニメ-2-

(38)

鬼滅の刃

(2)

小説&マンガreview

(12)

イラストetc.

(20)

『はみだしっ子』シリーズ

(12)

(12)

お出かけ、イベント...etc.

(8)

バトン

(59)

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『虎… New! レベル999さん

楽天が交流戦優勝お… New! らぶりーたわ子さん

【虎に翼】第11週(6/… ショコラ425さん

 いいひとあっちゃ… いいひとあっちゃんさん
チャリおやじ(ハン… dyy928さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.04.10
XML
カテゴリ:虎に翼
女性に社会的地位がなかった時代
女性でありながら男性社会に挑んで行くヒロインの物語―

というのは、割とよくある。

よくあるけど
よくある様で
ちょっと捻った感のあるドラマだな

というのが第一印象。
悪くないな、って感じ。

…ひじゅにですが何か?



​「はて?」​寅子



第1週『女賢くして牛売り損なう?』


女性は結婚してこそ幸せ。
できなければ地獄…

そんな中、結婚に夢が見い出せないヒロイン@​寅子​


お見合い中に居眠りしちゃったりと、最初はギャグだけど
賢くて外国にも通じていて女性にも寛大な”新しい男”
…を気取っている見合い相手が
寅子の発言にアカラサマに不機嫌になり
「女のくせに」発言をして本性をバラし
=器の小ささと頭の悪さを曝け出してしまうところは
ちょっと面白かった。

勿論、こうしたエピソード自体は斬新というわけではない。
寧ろベタ。

でも、何ちゅーかさ
頭の良い女性という設定を表すのに割とよくあるのは
妙に理屈っぽかったり、攻撃的だったり
とにかく突っ張ってる感を出すことが多い気がする。
ましてや朝ドラ・ヒロインとなると
明るく元気、何かとしゃしゃり出るってのが定番だから
この2つが組み合わさるとウザいだけ…って結果になりがちじゃん?

少なくとも今のところ、寅子はそれらに当て嵌まらない。

ちゃんと場をわきまえて話をするし
言葉や態度も丁寧だし
引く時は引くし、謝る時は謝るし、相手の気持ちも思いやる。


それから、こういう不平等さを描く時
その理不尽さを強調するあまり
男=敵みたいにしがちだと思うんだけど
今作はそこにちょっと捻りがある様に感じる。


☆親友の花江―

朝ドラに付き物の親友は
その設定の割にモブで終わってしまったり
ヒロインの絶対的な味方だったり
逆にヒロインを戒める立場だったりする。

最後のは滅多にないけどね。
順ちゃん@『ちりとてちん』は今でもレジェンド(笑)

花江は最初はこの時代の典型的な女性のイメージ。
寧ろヒロインを逆の方向へ諫めたりしている。
「やりたい事があるならともかく」
という前置きに少し希望が感じられたけど。

それが最後に緩やかなどんでん返し。

「どうしても欲しいものがあるならば、
 したたかに行きなさいってこと」
時代に染まっているのでも流されているのでもなく
したたかに泳いでいる(笑)

勿論、寅子はそれだけでは我慢できないわけなんだけど
そこも花江は理解していて
自分の幸福のために結婚式が終わるまではと口止めしていたのを
「もう良いからね、いつでも」
式は一応終わったものの、まだ会場でウェディングドレスでいるうちに
寅子にGOサインを送り
「我慢してくれて、ありがと」
と礼まで言う。

好きになれないタイプかと思ったら、なかなか良い子じゃないか
…と、ひじゅにの態度も和らいだじゃないか(笑)


☆穂高重親

女性VS男性という単純な図式にせず
寅子の最初の理解者が男性というのも良いと思う。

まあ、導くのが男性でなければ
この時代の中で身動きできないからかもしれないけどもね。


☆両親

それこそ、父親=時代の象徴として
ヒロインに最初に立ち塞がる壁として描きそうなところ
​アッサリ​認めて支持してくれるところが面白い。

妻の尻に敷かれまくっていて
当時の「強い」男性像とは正反対のヘタレ親父にも見えれば
実は多くの男性が家庭ではこうだったのかも…とも思わせて
そこも面白い。

母親がラスボスというところもね。

「頭の良い女が確実に幸せになるためには
 頭の悪い女のふりをするしかないの」
花江にも片鱗が伺える様に
女性達は愚かで弱いというわけではなく
「したたか」だということで
そこが同じ女性として面白味を感じる。

勿論、そんな「したたかさ」よりも
堂々と自分の道を歩んで行くことが寅子の望みなわけで
そこにはやはり一番共感が湧く。


最初の方と最後の方に同じ橋のシーンがあった。

無邪気そうな女学生達
男性より一歩遅れて歩く女性>若い人も中年の人も
大きな荷物を背負う年配の女性
…女性の人生をまんま映した様な背景が

最初はちょっと惨めな印象を受けたけど
最後は、その真ん中に決意を固めた寅子が断つことによって
明るい印象に変わった気がした。

そこが良かった。


あ、それとね
甘党の松山ケンイチって
​Lへのオマージュか!?​(笑)



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/4026-6e8e93f5

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
   人気ブログランキング
にほんブログ村  人気ブログランキングへ 



​ドラマ・ガイド


だんご


三淵嘉子の人生





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.10 12:16:56
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:地獄への切符>『虎に翼​​』第1週(04/10)   rev.9ch さん
[第一話]で思ったこと

冒頭ファーストショットは、笹船が川面を流れていて[ここで編集され]笹船にカメラが寄り、同じアングルの映像に切り替わります。

私はここで不安になりました。
なんで笹船が流れるだけの映像を分割する必要があるのか。
もしかしたら編集者は秒単位で意味の無い編集しないと気が済まないタイプなのか。
そうだとしたらもう視聴やめようかな。。。って。(まだ始まって10秒)

ただ、その直後に映った新聞に「日本国憲法 第十四条 すべての国民は・・・性別・・・において差別されない」の文字があり、ここで私は考えました。

先の笹船の映像の編集は、「時間を川の流れに見立て、これまでの男性中心の構造が大きく変わるカタストロフィ (世の中がガクンと変わる瞬間) を表現したもの」なのではないのか、と。

そんな編集意図が込められたのだとしたらイイなぁ、と思うことにしました。

そして中盤、
「犬のどアップ→犬の全体像→(猪爪の表札→)犬がお屋敷の前でポツンと佇む」
という流れは「孤独のグルメ」へのリスペクトですよね。

あと、当時の電球は光が弱かったのでしょう。部屋が暗いのは良いアイデアだと思いました。
これから技術が進歩するのにともない、つまり話数を重ねるにつれ少しずつ明るくしていくのだと思います。時代の流れを視覚的に分からせてくれる手法だと思います。

話の内容は、重心が低く、浮ついたところがなくて視ていて楽しいです。このまま続いていくことを願います。

--
法律を扱う話なら、いつか奥田瑛二さんと泉谷しげるさん(@ひまわり)をゲストで同時出演させて欲しいです。もちろん弁護士役で。
それとエンドカードに、多部未華子さんが虎にまたがった写真を出してほしいです。虎につばさ。

最後に寅子さんに私から一曲捧げさせて下さい。
「地獄は楽しい所だぜ (AC/DC)」

(2024.04.10 19:31:47)

 rev.9ch さん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
恥ずかしながら私はそこまで深く観てはいなかったんですが
でも、かなり良い感じの作品になっていますね。
映画系youtuber(&芸人)の大島育宙さんがベタ褒めしていて、ちょっと嬉しくなりました。
いまだに『ちりとてちん』や『カーネーション』の話が出てしまうのは
あれほど強烈に心に刺さった作品になかなか出逢えないからで
今作がそうなったら良いなあ… (2024.04.18 17:13:12)


© Rakuten Group, Inc.