1914602 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

     トランクルーム貝塚のオヤジ奮戦記

PR

Free Space

Category

カテゴリ未分類

(0)

トランクルーム(レンタル収納スペース)

(264)

音楽リハスタ「スタジオ0724」

(68)

貝塚卓球センター

(11)

レンタル自習室0724

(8)

不動産業(宅地建物取引業)

(111)

資格(宅建士・FP・不動産コンサルタント)

(67)

ビジネス最前線

(60)

中小企業の生きる道

(62)

日本の将来が危ない?

(45)

ビジネスのアイデア?

(53)

人生訓

(57)

日本のココがスゴイ!

(6)

このワナに嵌るな・・・

(8)

これで一発逆転!

(6)

愉快なサラリーマン時代(20代)

(6)

辛苦の織物業時代(30,40代)

(42)

英語

(14)

保険

(7)

IT

(56)

貝塚の魅力

(16)

地元情報(貝塚市)

(128)

地元情報(岸和田市)

(32)

地元情報(泉佐野市)

(18)

地元情報(熊取町)

(7)

地元情報(堺市その他)

(38)

ドラム drum

(9)

ウインドサーフィン windsurfing

(87)

空手 karate

(94)

ジョイフィット岸和田(combat,dance)

(58)

音楽(rock,funk,soul,latin,jazz,fusion)

(96)

オーディオ・ビジュアル(AV)

(8)

だんじり祭&左甚五郎

(63)

健康

(98)

ダイエット

(28)

ライフスタイル

(23)

日々の日常生活

(88)

グルメ(泉州の地元料理)

(5)

グルメ(和食)

(55)

グルメ(洋食)

(13)

グルメ(中華)

(12)

グルメ(肉料理)

(23)

グルメ(カフェ・スイーツ)

(32)

歴史文化

(27)

海外旅行

(58)

国内旅行

(25)

書評

(23)

映画

(16)

ファッション

(11)

昭和(小中高大)の思い出

(55)

Recent Posts

Profile


テツ0711

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

        
20年間盆と正月だけ休み、「年間355日24時間」織物工場を稼働させて頑張ってきたが

中国からの輸入攻勢に負け、大阪泉州の49歳(当時)の創業60年の織物業3代目経営者が

起死回生を狙い、織物工場を改造コンバージョンし、転業(トランクルーム)にチャレンジ!

しかし開業当初、予想に反し地方(大阪南部)でのトランクルーム事業(集客)は困難を極め

 家族6人を養う為に、もう1本の柱として不動産屋(仲介業)も兼業しなければと決意!

 プライドを捨て恥を忍んで、同業他社の織物工場で「毎日12時間」現場労働をしながら

 毎日深夜2時に起床し(5時間睡眠)、3時間「宅建」資格の受験勉強を9ヶ月間続ける

   全く未知の分野の勉強だったが、老体に鞭打った必死の努力が実って悲願の合格!

   しかし本当の「奮戦ストーリー」が、ここから始まるとは知る由もなかった・・・
2018.10.17
XML
カテゴリ:国内旅行
先日まで娘3ファミリーと総勢12人で、フランスが本部で世界に70カ所のチェーン展開しているリゾートホテル「クラブメッド石垣島(沖縄)」に行ってきました。

3年ぶりの2回目で「食べ放題、飲み放題、遊び放題」のオールインクルーシブタイプで一カ所で全て完結し(移動する必要が無い)、滞在中に子供を預かってくれるキッズクラブが有るため小さな子供がいる娘らを誘って行ったのです。

夜はシアターでスタッフによるショーもあり、バーで昼はソファで横になってリラックスし夜は飲んだり踊ったりと・・・存分に楽しみました。 

台風21号の翌日から旅行予定でしたが関空閉鎖で予定が大幅に狂ってしまい、どうにかこうにか今回の旅行が実現したのです。

関空の機能が回復していないために直前まで伊丹発の那覇経由の予定でしたが、最後の最後で関空発着に変更できて本当にラッキーでした・・・(涙)。

台風21号後の北海道地震で麻痺していた飛行機会社と宿のキャンセルと予約の段取りに、ホンマ仕事以上に疲れました・・・(笑)。

まァしかし熱意が天に届いたのか、一般車の関空橋も出発の数日前に通行可能なり、ラッキーにラッキーが重なりました。

3年前のクラブメッド石垣島は欧米系の客が3分の1くらいでしたが今回は10%くらいで、50%が日本人、残り40%が台湾、韓国、中国でした。

スタッフの国籍も客の割合に準じているようでした。

やはりビジネスはイロンナ条件や環境によって「流動的」ですから、それに併せて変わらなければいけないと言うことでしょうねェ・・・

ファミリーで行きましたが、1番の楽しみは勿論ウインドサーフィンでした。

マリンスポーツ責任者のバリ人と仲良くなり、ウインドサーフィンの道具のチューニングを細かくしてくれて助かりました。

初日だけしか強風が吹かず1番大きいセイルが6.3㎡しかなかったため、初日しかプレーニングを楽しめませんでしたが、それでもキレイな海でウインドできて大満足です。

前回もそうでしたが、ウインドの初心者レッスンでバタバタ倒れている沢山の外国人客がいましたが、一人スッとビーチスタートし数秒でプレーニング(滑走)する私を見て、「日本のジイサンでも出来るのに・・・」という彼らの唖然とした顔がオモシロかったです・・・(笑)。

世界中で50代から70代のオッサンでウインドサーフィンが出来るのは(割とメジャーなのは)、欧米と日本だけですから。

今回ビーチで知り合ったもう1人のウェストハーネス持参のウインドサーファーも、70歳くらいの日本人男性でした。

今年は例年になく仕事が忙しく海に3回しか行けませんでしたが、今回のビーチリゾートで「やはり海はサイコー」を再確認させられました・・・

マリンスポーツはウインドサーフィンの他、SUP、カヌー、スノーケリングがありましたが曇っていて少し寒かったので人は少なかったです。

あと予約が混んでいたりして前回同様テニスやアーチェーリーもしたかったのですが、スカッシュと卓球をしただけでした。

しかし今回は、前回体験できなかった「空中ブランコ」を体験してきました。

階段を上ってブランコの棒を持つまでは割と平気でした。

しかし、イザ飛びだしてから恐怖に変わりました・・・(笑)。

1番嫌いなジェットコースターの感覚に近い浮遊感に変わったのです・・・(恐)。

練習でやった足揚げどころではありません。

早く下に落ちたい一心で、コーチの声も耳に入らず3回で手を離しました。

60歳超えて、こんな肉体的な恐怖を味わうとは・・・

終わってから、しばらく興奮が収まりませんでした。

「もう2度とやるまい・・・」と。

しかし私の信条の一つである「モノは試し」で、恐ろしかった「経験」としてヨカッタかも・・・(笑)。

空中ブランコなんて、普通の人で出来るチャンスは一生に1回もありません。

それが出来たのですから貴重な経験でしょう・・・しかも、老人になってからなんて(笑)。

まァ、ウインドだけでなく、空中ブランコが出来るなんて、普通の人より健康な証拠でしょう・・・(笑)。

今回の旅行中も毎朝の「15分ストレッチ」を欠かしませんでした。

もう30年以上続けています。

そして、朝食抜きダイエット(毎日プチ断食)を続けて7年になりますが、その効果があっていくら「食べ放題&飲み放題」と言っても、胃が小さくなったのかそんなに食べれなくなったので、これ以上太ることは無いでしょう・・・

やはり日々の運動量や消費量以上の太りすぎ(食べ過ぎ)は、身体のアチコチに不調を来す(病気を誘発する)原因になりますから・・・

と言うことで、大人も子供も1カ所で楽しめて大阪から直行便で2時間で行けるクラブメッド石垣島に、出来ればこれから毎年行きたいなァと思います。

旅行が「趣味の一つ」と言うより、もう「生き甲斐」になっています。

イヤ、旅をライフスタイルに組み込んだ「生き方」か・・・?

その為には老後は「健康」「金」「時間」の3つが必要になりますので、せいぜい20年しか残っていない人生を悔いのないように生きるためにも(できるだけ「健康寿命」を延ばし100歳まで生きるつもり)、これからもまだまだハリキッて仕事中心の生活ですが、健康にも十分留意してボチボチやっていきたいと思います。
























にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 堺情報へ
にほんブログ村 
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 岸和田情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和泉情報へ
にほんブログ村 

大阪府 ブログランキングへ






Last updated  2018.10.19 06:11:23
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.