13474244 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

プレミアムドラマ『… New! レベル999さん

LiSA「紅蓮華」期間… New! BROOKさん

【エール】第20週(10… ショコラ425さん

健診を受けました。 ねむにゃんさん

 いいひとあっちゃ… いいひとあっちゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2020.09.28
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​音楽教室の発表会の話は
「近所の奥さん」からの「不謹慎」という言葉で「できなかった」
…と、台詞一言で終了。

女の子が一人辞めていったし
いずれ教室そのものが閉鎖になるという流れだろう。

平和の象徴である教室が消えていくことで
戦争の激化や周囲へ及ぼす影響を描いて行く算段かと思うけど…

相変わらず弘哉君はハーモニカで伴奏していて
歌の方のフォローがまるで見られないので
それほど素敵な教室にも思えず…

対比というより類似になっちゃいそうな気も>こらこら

…ひじゅにですが何か?



​「戦時下に確かな約束などありませんでした」​by津田健次郎



やっと飛び立てたと思った「福島三羽烏」が再びバラバラに―

…なんて煽られても
特に何も感じない私って…>おい



先週ラストであった様にニュース歌謡に携わる様になった裕一の図ぅ―

「戦果を伝えるニュースの内容を盛り込み短時間で作詞作曲され生放送された歌」
だそうで
楽器も使わず、曲が「降って来る」まさに天才型の裕一だからこそなせる業かな
…と一瞬、思ったけど

今迄の裕一は、誰かしらに背中を押されないと何も思い浮かばなかったんだよなあ。
あるいは、刺激となる人なり出来事なりがないと…ね。

つまりは、戦争ニュースこそが、ちょうどよい​刺激​だってこと?


そういえば木枯さんは、ギターを持てば何かしら浮かぶとか言っていたよね。
とすれば、彼もまた、このニュース歌謡の分野で活躍したのかな?
それとも逆に、戦争関連では創作意欲に繋がらず、この手のものには携わらなかった?

もしも後者なら、その方が好感湧くけど
それは、ひじゅにが現代人だから…でせうか(^^;)


またもや少しだけタイムワープして、今は昭和18年―

音は一応、ヘアスタイルだけは時の経過に合わせて変えてくるな。
服装もスカートからモンペになった。

配給に、お芋ご飯。
そして音楽教室に少しずつ差してきた影。

召集令状、壮行会
小麦が入手できないこと>おからクッキー登場
敵性後>“喫茶バンブー”は“喫茶竹”へ
即日帰郷
久志を通しても、当時ならではの状況が語られる。


ここらへんは、良いんだけどさ


弘哉「裕一さん、今、楽しいですか?」
裕一「とにかく必死…っていうのが正直なところかな」

この会話は何だかちょっとワザトラシイというか​アザトイ​というか(笑)

音楽教室の先生(音)の夫のことを、子供が下の名前呼びって…
という違和感もあるけど>これに限ったことじゃないけど

まずは裕一の今の心境を示したいのかもしれないけど
弘哉君との会話で…って、その設定からしてちょっとイマイチでない?


それより、久志の長髪は大丈夫なのだろうか?
伸ばしっぱなしってのじゃなくて、ウェーブかけたオシャレな形だし(笑)

軍隊に入る前なら​OK?​



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3722-3d0773ac

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
      
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 


約束のパウンドケーキ


おからクッキー


ボラギノールA 坐剤


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2020.09.28 23:04:20
コメント(2) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~エール] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:不協和音>『エール』第76話(09/28)   オフロ さん
唐突に「自分の道は自分でえらぶ」とか言い出す裕一…裕一の苦悩を描く為に弘哉君を利用するなんて展開にはしないで欲しいですね。

裕一の性格がコロコロ変わるのは今に始まったことではないのですが、簡単に作曲できる様になった理由らしきものが今必死だからという言葉以外に描かれていないけど、それじゃあ早稲田の応援団にあれだけ頼まれた時も、廿日市さんに散々嫌味を言われた時も、必死でもないのに喚いて暴れたり、胃潰瘍になったの?仮病?描くべき所を描かないと物語の信憑性に関わるよね。

藤堂先生の出征には少なからず悲劇を感じた訳ですよね?
そして親友である久志が出征せずに済んだ、建前は兎も角、痔がどうとか馬鹿にする前に素直に喜べば良いのではないでしょうか。
痔を理由にするよりは、議員の父が裏から手を回した事にすれば政治家の一人息子という設定も活かせるし、福島に戻る流れも自然になるんだけどな。

------
お返事ありがとうございます。

好意的に解釈すれば、音は自分の中の正義を貫いているという事を表現したいのだろうけど、今日はやけに大人しくなっていたし、婦人会には不参加のくせに当たり前のように配給をもらいに行き、近所の人も冷たくしたりもしないし嫌味も言わないでは伝わらないよね。 (2020.09.28 21:43:25)

 オフロ さん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
何か、中途半端ですよね…主人公2人の描き方が。
現代的視点にするか、当時の典型的な考え方にするか、どちらでもハッキリさせれば良いのに。
後の展開のための言い訳作りみたいでナンダカナ…です。
(後者の考えだったけど戦後になり罪悪感に囚われる…って展開なら面白そうな気がするんだけどなあ)
音のキャラは子供時代からずっと好きになれなくて、CMの二階堂さんも素直に見ることが難しくなってきました>ぉぃ (2020.10.03 22:24:29)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.