1394892 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

プロフィール

シマクマ君

シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語・教育」

(18)

週刊マンガ便「コミック」

(86)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(32)

徘徊日記「日帰りでお出かけ」

(58)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(93)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(19)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(107)

読書案内「映画館で出会った本」

(20)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(40)

読書案内「漱石・鴎外・露伴・龍之介・百閒・その他」

(18)

徘徊日記「垂水・舞子・明石」あたり

(48)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(22)

読書案内「現代の作家」

(90)

徘徊日記「お泊りでお出かけ」

(63)

徘徊日記「神戸・元町・三宮」あたり

(75)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(44)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(63)

読書案内 「芸術:音楽・美術・写真・装幀 他」

(25)

読書案内「近・現代詩歌」

(42)

徘徊「港めぐり」

(4)

バカ猫 百態

(21)

読書案内「橋本治・加藤典洋・内田樹・高橋源一郎・他」

(17)

読書案内「水俣・沖縄・アフガニスタン 石牟礼道子・渡辺京二・中村哲 他」

(20)

読書案内「鶴見俊輔・黒川創・岡部伊都子・小田実 べ平連・思想の科学あたり」

(15)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(3)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(17)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(49)

読書案内「昭和の文学」

(15)

読書案内「BookCoverChallenge」2020・05

(65)

読書案内「くいしんぼう」

(7)

映画「Cinema Kobe」でお昼寝

(6)

週刊マンガ便「ちばてつや・ちばあきお」

(7)

週刊マンガ便「石塚真一・浦沢直樹・ハロルド作石」

(29)

週刊マンガ便「原泰久・鈴ノ木ユウ・野田サトル」

(29)

ベランダだより

(126)

徘徊日記 団地界隈

(94)

徘徊日記 兵庫区・長田区あたり

(24)

徘徊日記 須磨区あたり

(24)

徘徊日記 西区・北区あたり

(8)

徘徊日記 灘区・東灘区あたり

(35)

徘徊日記 美術館・博物館・Etc

(4)

週刊マンガ便「吉田秋生・高野文子・やまだ紫」

(7)

徘徊日記 芦屋・西宮あたり

(6)

読書案内「大江健三郎・井上ひさし・開高健 他」

(12)

読書案内「古井由吉・後藤明生・他 内向の世代あたり」

(3)

読書案内「谷川俊太郎・茨木のり子・大岡信 あたり」

(18)

読書案内「啄木・白秋・晶子 あたり」

(4)

読書案内「丸谷才一・和田誠・池澤夏樹」

(8)

読書案内「吉本隆明・鮎川信夫・黒田三郎・荒地あたり」

(10)

週刊マンガ便 「松本大洋」・「山川直人」

(13)

読書案内「リービ英雄・多和田葉子・カズオイシグロ」国境を越えて

(5)

読書案内「村上春樹・川上未映子」

(10)

映画 パレスチナ・中東の監督

(5)

読書案内「近代詩 賢治・中也・光太郎 あたり」

(7)

映画 韓国の監督 イ・チャンドン ホン・サンス 他

(21)

映画「香港」「中国」「台湾」の監督

(26)

映画 アニメーション

(13)

映画 日本の監督 ア行・カ行・サ行 是枝・黒沢

(41)

映画 日本の監督 タ行・ナ行・ハ行 鄭

(22)

映画 日本の監督 マ行・ヤ行・ラ行・ワ行

(11)

映画 イギリス・アイルランド・アイスランドの監督

(29)

映画 イタリアの監督

(18)

映画 ドイツ・ポーランド他の監督

(12)

映画 ソビエト・ロシアの監督

(5)

映画 アメリカの監督

(68)

震災をめぐって 東北・神戸・原発

(5)

読書案内「旅行・冒険」

(3)

読書案内「本・読書・書評・図書館・古本屋」

(10)

映画 オーストラリア・ニュージーランドの監督

(2)

映画 フランスの監督

(37)

映画 スペイン・ポルトガルの監督

(9)

映画 カナダの監督

(2)

映画 グルジア(ジョージア)の監督

(8)

映画 ウクライナ・リトアニアの監督

(6)

映画 イスラエルの監督

(2)

映画 マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、クロアチア、スロベニアの監督

(2)

映画 オランダ・デンマーク・ベルギーの監督

(4)

映画 フィンランド・スウェーデン・ノルウェイの監督

(3)

映画 トルコ・イランの映画監督

(7)

映画 ギリシアの監督

(1)

映画 アルゼンチン・ブラジルの監督

(2)

映画 ハンガリーの監督

(1)

映画 セネガルの監督

(1)

映画 スイス・オーストリアの監督

(3)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.02.21
XML
​​滝田ゆう「寺島町奇譚(全)」(ちくま文庫)
​​​ 最近、久しぶりに永井荷風「濹東綺譚」(新潮文庫)を読みました。長年続けてきた本読みの会の課題だったのですが、読みながら思い出したのがこのマンガです。​​​
​​​​​​ 滝田ゆう「寺島町奇譚(全)」(ちくま文庫)です。
 手元にあるのは1988年の新刊ですが、まあ、35年も前の本ですから、ご覧のように、しっかり、薄汚れています。
 ご存知の方は、すぐにお分かりになると思うのですが、永井荷風が作品の舞台にして濹東と呼んでいるのが、いったい、東京のどのあたりで、どんな町だったのか、たとえばボクのように関西からほとんど出たことのない人間には皆目見当がつきません。​​​​​​

​​​ 隅田川の川向うといわれても、もちろんわからないわけです。あの小説の中には、あたかも極私的東京案内であるかのごとく、詳しい地名が書き連ねられているわけで、繰り返しますが、知っている人には
​ありありとしたリアリティ​​
​ を作り出しているに違いないにしても、少なくともボクのような読み手には面倒くさい細部でしかないわけです。​​​
​​​​​​ で、思い出したのが瀧田ゆうです。1990年に、58歳の若さで世を去った人です。永井荷風濹東と呼んだこの地域の戦前の町名が「寺島町」らしいのですが、そこが滝田ゆうの故郷、生まれは違うようですが、育った場所だそうです。​​​​​​
​​​​​ 作品名が「寺島町奇譚」とあるように、永井荷風「濹東綺譚」と名付けて描いた世界を明らかになぞりながら、そのあたりをうろついていた、ひょっとしたら荷風かもしれない中年男の後ろ姿を、家業のお手伝いで庭先を掃きながら見ていた小学生キヨシの目から描いたマンガです。​​​​​
​キィ​

よっ

・・・・・・・・・?
えらいな店のそうじかい
まっしっかりべんきょうしてえらい人になるんだぞ
かわいいぼーやっ
​ ​​​​​​​​​​​​ドンの看板がありますが、キヨシくんの実家です。お父さんとお母さん、それからオバーっちゃんお姉さんネコタマと暮らしています。家業はごらんのとおりスタンドバーで、お姉さん女給さんお父さん板前さんです。​​​​​​​​​​​​ 住んでいる街はこんな感じです。荷風が通っていた、通称「玉ノ井」の街の風景です。二階が、女性たちの仕事場です。
​​「ぬけられます」​​
​ この看板が、この街のキーワードのようです。関西のボクでもその名は知っている戦前の有名な私娼の街です。​​​​
​​​​​​​​​​​​​​​​ ふたつの作品を読み比べてみると、滝田ゆうはこの町で少年時代を過ごした人で、その、いわば思い出の視点から描かれています。永井の作品は、有名な「断腸亭日乗」(岩波文庫)にも、その玉ノ井通いを描いていますが、ここに通ってきたよそ者の視点で書かれていますが、このマンガ小説との違いは、もう一つあって、時間です。荷風が描いているのは1930年代の終わり、昭和10年代の始めですが、滝田のマンガは1944年あたりから始まり、1945年、日付も明らかで3月10日の数日後までです。​​​​​​​​​​​​​​​​
​ これが、640ページの分厚いマンガの最後のページです。​
​​​​ 1945年3月10日この街でなにがあったのか。そうです、キヨシの住んでいた街がすべて燃えて消えてしまう事件、後に東京大空襲と呼ばれることになる大惨事があった日です。​​​​
​​​​ 永井の小説に描かれた大人の世界も、ここまで、キヨシが暮らしてきた世界も、ともにすべて焼尽して消えてしまう、このマンガの結末は、まさに「奇譚」と呼ぶべき作品だとボクは思います。
 それは、まっとうな振りで暮らしている人たちが避けて通りそうな下町の私娼窟に、素朴で素直な人間や人情の美しさがあることを​綺譚​​​​​​​​​と呼んで書きしるした荷風にも、さすがに、想像できなかったに違いありません。一人一人の普通の人が、普通である証しのように、家族や、友達や、隣のおじさんや、猫や犬と一緒に生きていた街が、一晩で、
​街ごと消えてなくなってしまったんですよ。​​
​ これを
​奇譚!​​

​ と呼ばずして、どう呼べばいいのでしょうね。滝田ゆうの記憶の中に、きっと、死ぬまで存在しつづけた「寺島町」「奇譚」として、読者の中に残っていくことを、柄にもなく祈りますね。私たちには忘れてはいけないことがあるのではないでしょうか。​​​​​​​​​​​​
 まあ、今では手に入れることが難しい作品かもしれませんが、いかがでしょうか。傑作ですよ。

​ ところで、このブログをご覧いただいた皆様で楽天IDをお持ちの方は、まあ、なくても大丈夫かもですが、ページの一番下の、多分、楽天のイイネボタンを押してみてくださいね。ポイントがたまるんだそうです(笑)​

 


​​​​​​

PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​​​​​​​​​​​​
​​
​​




​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.02.21 10:12:34
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.