548358 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(5)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(19)

読書案内「コミック」

(75)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(19)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(47)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(25)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(94)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(16)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(122)

読書案内「映画館で出会った本」

(16)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(24)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(1)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(45)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(64)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(18)

読書案内「現代の作家」

(69)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(33)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(36)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(45)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(44)

徘徊「港めぐり」

(1)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋・内田樹・高橋源一郎」

(9)

「石牟礼道子と中村哲」

(9)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(11)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(12)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(42)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(18)

読書案内「昭和の文学」

(3)

「BookCoverChallenge」2020・05

(73)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(8)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(8)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(34)

団地界隈

(4)

日記/記事の投稿

コメント新着

sakkusaku@ Re[2]:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06) シマクマ君さんへ 大学生の頃の講義で同じ…
sakkusaku@ Re:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06) 何処かで誰かが傷つき悲しむからだ!考え…
シマクマ君@ Re[1]:徘徊 2021年6月21日 「烏原貯水池」(07/09) shinさんへ コメントありがとうございます…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.10.21
XML
​​​​メリーナ・レオン「名もなき歌」元町映画館​


​ ペルーの映画でした。メリーナ・レオンという女性監督の作品だそうです。ペルーと言われても、インカ帝国とマチュピチュくらいしか思い浮かばないのですが、映画は現代のペルーを舞台にしたサスペンス仕立てでした。​
 1988年のペルーであった実話を描いた作品だそうです。
​​ 何も知らず産院で出産した新生児を、そのまま奪われてしまうという、今の「日本」社会でのほほんと生きている目から見れば、「なんのことかわからない出来事」が映画の発端でした。​​
 被害者が、いわゆる「ネイティブ」「先住民」で、貧しく、若い女性であり、犯罪者は時の権力の向こう側に身を隠しているという構造を暴く作品でした。
 1980年代というのは高度経済成長に浮かれる「日本人」が、それはぼく自身のことでもありますが、流行りの「文化人類学」「社会学」の報告として、旧世界の、社会のありさまにたいして、エキゾチックな関心を抱いた時代でしたが、そこに描かれているアジアやアフリカの「発展途上国」の政治的・経済的な実情については「闇」として、あくまでも「他人事」ととして驚いたり同情したりしていたにすぎなかった「ほんとうの事」が告発されていました。
​​​ 子供を奪われたへオルヒナ・コンドリ(パメラ・メンドーサ・アルピ)が暮らす、ペルーという国の旧社会、先住民の貧困の描写が印象的ですが、中でも、彼女が奪われた赤ん坊を抱きしめる想像の中で歌う「名もなき」子守歌のシーン、犯罪者が隠れるドアの向こうの闇に向かって「子供を返せ!」と叫びながら叩くシーンは圧巻でした。
​​​
​ モノクロでスタンダードの画面で映し出される「古典」を思わせる映像がメリーナ・レオンという監督の映画的な趣味の良さというか、教養の正統性を感じさせる作品でした。
​ ネット上の写真とインタビューを見ただけの憶測ですが、おそらく「先住民」の一人であり、女性である監督が「先住民に対する抑圧や差別」のみならず、「女性蔑視」「経済格差」「貧困」に対する静かな「告発」の武器として映画を撮り始めた記念碑的な作品になると思いました。

 「名もなき子守歌」を歌いながら、奪われた赤ん坊を思う若い母親を素朴に演じた​パメラ・メンドーサ・アルピ​という女優さんに拍手!でした。​

監督 メリーナ・レオン
脚本 メリーナ・レオン   マイケル・J・ホワイト
撮影 インティ・ブリオネス
美術 ジゼラ・ラミレス
音楽 パウチ・ササキ
キャスト
パメラ・メンドーサ・アルピ(へオルヒナ・コンドリ:子供盗まれた女性)
トミー・パラッガ(ペドロ・カンポス:新聞記者)
ルシオ・ロハス(レオ・キスぺ)
マイコル・エルナンデス(イサ)

2019年・97分・ペルー・フランス・アメリカ合作
原題「Cancion sin nombre」
2021・10・11‐no91元町映画館​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

にほんブログ村 映画ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​​​​​
​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​







最終更新日  2021.10.21 01:13:00
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.