365945 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(16)

読書案内「コミック」

(78)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(17)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(38)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(80)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(13)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(84)

読書案内「映画館で出会った本」

(13)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(21)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(40)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(64)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(64)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(27)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(17)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(30)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(34)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(13)

読書案内「近・現代詩歌」

(34)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(10)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(9)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(10)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(34)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(13)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(60)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

めんくい@ Re:徘徊 2021年 1月上旬「冬のベランダ」(01/11) 「おこわ」みっともないことないですよ。 …
シマクマ君@ Re[1]:野村芳太郎「砂の器」こたつシネマ(01/13) めんくいさんへ コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:野村芳太郎「砂の器」こたつシネマ(01/13) この映画大好きです。DVDはもちろん、…
シマクマ君@ Re[1]:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) めんくいさんへ  コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) そうなんですよ。朝霧堂さんは餅を求める…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.01.04
XML
​​勝田文「風太郎不戦日記(1)」(MORNING KC)

​ 2021年、1月3日。ヤサイ君のマンガ便、初荷ですね、届きました。入っていたのがこの作品、「風太郎不戦日記(1)」(講談社)でした。​
​​​​ 驚きましたねえ。かつて批評家の関川夏央さん「戦中派天才老人」と称えた、伝奇小説の天才山田風太郎の日記文学の傑作、「戦中派不戦日記」(講談社文庫)を漫画にした人がいるんですね。それも女性漫画家だというから、もう一度驚きでした。
 何で女性のマンガ家に驚くのかと訊ねられそうですが、原作が医学生で病弱という理由で徴兵猶予になっている「青年」の告白日記ですが、それを女性が描くのかと思ったからです。
 が、ページを繰って主人公のキャラクターの造形を見て納得しました。​​​​
​なるほど、こういう、何となくうだつが上がらず、くよくよと考え込む「男性」のタイプに対する「批評性」というのは、女性の眼のほうが鋭いのかもしれませんね。
 原作が持っている作家山田風太郎自身の自己批評性にも理由はあるでしょうが、マンガの絵柄の、どことなくコミカルなイメージが、そのあたりを鋭く描いていると感じました。​

​​​ 伝記作家山田風太郎は「奇想天外」という決まり文句て紹介されることが多いのですが、作品世界を伝奇的に、あるいは荒唐無稽に描きながら、その時代や事件に対するシニカルな批評性と、フトした拍子に描き出す、リリシズムとカタカナで言いたくなるような抒情性にこそ特徴があると思うのですが、勝田文さんは、この、後の作家の若書きの日記の中から、風太郎文学の肝ともいえる、シニシズムとリリシズムを、見事に描き出していました。​​​
 
​ 醒めてシニカルで、それでいて、ニヒルになり切れない根性なしの、医学生「山田誠也」の素顔がこれです。

​​​ マンガで描かれてみると、後の山田風太郎が、ここに居るというのが勝田文「戦中派不戦日記」の読み方なんだなと共感しました。​​​
 そしてページをめくるとこのシーンです。


 2月26日の雪の朝の光景ですが、もちろん、1936年のあの日のことではありません。1945年の冬の朝のことですが、ふと1936年のあの朝を思い浮かべさせる描き方がうまいですね。時間の重層性とでもいうイメージが、実に抒情的な、いや、リリカルな美しい画面として描かれているところに感心しました。
 それにしても、若いマンガ家たちが「戦争」を書き始めているのは何故でしょう。単に売れ筋を探しての現象というばかりではないと思うのですが。
​​​ もう一つの期待、山田風太郎の「日記」というネタは戦後の子育てまで、かなりたくさんありますが、勝田文さんはどこまで書くのでしょうね、原作の日記は、それぞれ、結構分厚くて読み直すのは大変です。頑張って続けてほしいものですね。
 ああ、そういえば山田風太郎は、先日、対談集を案内した水木しげる鶴見俊輔の二人と同い年、1922年生まれですね。この世代の人達の残したものに光を当てるという作業にも​​、ぼくは共感しましたね。​

​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​​​​






最終更新日  2021.01.04 03:01:03
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.