4482139 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

「誰かの命令で動か… New! lalameansさん

新潮日本文学アルバ… New! Mドングリさん

生きるよすがとして… New! マックス爺さん

うまい話は他人に教… 七詩さん

カレンダー

2007年11月03日
XML
カテゴリ:洋画(07)
監督、主演、編集 マイケル・ムーア
1004681_01.jpg
なんともうまい編集である。インタビューで相手がさりげなく「そういえば、医療費だけじゃなく(フランスでは)妊娠中の子守も保障されているわ」といえば、その直後にはその取材場面に切り替わる。そうやって次々と皆保険のない米国と手当ての厚いカナダや、欧州やキューバとの違いを浮き立たせる。ムーアにとって都合のいい事実だけを並べている。「だからこの映画は偏向している」と言う感想ならばその人は正しい。けれども、「だからこの映画は間違いだ」と言うのなら、それは大間違いだ。やはりこれは見事なドキュメンタリーである。偏向した(主張のある)事実をこれでもか、というほど見せる。ドキュメンタリーの王道だろう。しかもエンタメで楽しい。内容は深刻だけど、なぜか楽しい。おそらく、落語と同じである。演じている人間は絶対に笑わないが、内容はえらく皮肉が効いていて,くすくす笑が絶えない。

ラストタイトルで、(フランス人の言葉だけれどもと言う但し書きが一呼吸遅れてついてやはり笑うのだけれども)「アメリカ人は偉大だ。なぜなら自らの間違いを正すことが出来る」と付く。あるいは、ムーアは言う。「アメリカ人は今迄だってほかの国のいいところを取り入れてやってきた。ワインだってそうだろう?」その通りだ。近年、カリフォルニアワインの充実振りは目を見張るものがある。

日本には健康保険がある。けれども、この映画を見て気がつくのは、どんどんアメリカに近づいていっているという現実である。日本もほかの国のいいところをどんどん取り入れてここまでやってきたのだ。タダ、医療に関していえば、アメリカのいいところだけを取り入れてきたのだろう。ホント人事じゃあ、ない。「なぜアメリカ政府はフランスの悪口ばかりを言ってきたのか。フランスのこの現実を知らせたくなかったからだ。」それは日本にもいえている。フランスのこの福祉の充実振りを、あなたは知っていた?私はこれほどまでとは知らなかった。






最終更新日  2007年11月03日 07時49分33秒
コメント(12) | コメントを書く
[洋画(07)] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) 七詩さんへ おっしゃる通りです。ロスジェ…
七詩@ Re:伯母の「ひとり暮しの戦後史」(12/03) ずっと昔に読んだことがあります。オール…
KUMA0504@ Re[1]:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) narcisse7さんへ 弥生時代から「脱穀・精…
narcisse7@ Re:「縄文人になる!」と弥生人にもなれる(10/30) 憧れますね、縄文生活。 僕は古墳時代前期…
KUMA0504@ Re[1]:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) はんらさんへ 下関市に行ったことはあるで…
はんら@ Re:山口への旅2-1 亀山公園に登る(09/24) 1923年生まれだった義母(韓国人)が、戦…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.