000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

再出発日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

よしくんの交換留学… New! はんらさん

『中国 人口減少の真… New! Mドングリさん

人生に役立つ都々逸… New! 天地 はるなさん

ミシェル・アザナビ… New! シマクマ君さん

妊婦のハイヒール New! ポンボさん

カレンダー

2017年04月30日
XML
テーマ:本日の1冊(3680)

「定本 消されたマンガ」赤田祐一 +ばるぼら 彩図社

いわゆる企画本の文庫化で、この手の本は普通買わないのであるが、つい手に取ったら思った以上に調べていて、所謂「抹殺された作品」のすべてではないが、多くを網羅していた。権利上の問題もあるから、その作品の掲載はあまりできていないが、存在の所在だけでもわかったのは、有益だった。(古書マニアにとってはいい参考本になっていると思う)。

以下参考になった一部をメモする。
◯当時の国民マンガ「のらくろ」は強制的に終了させられた。1941年、田河水泡は商工省に呼び出され執筆禁止を言われる。曰く。「あんたがのらくろをやめれば、きっと少年倶楽部の売れ行きが落ちる。用紙の節約になる」当時は印刷用紙を統制する動きがあった。のらくろは内容的に国策に決して批判的なマンガではなかった。しかし権力者はこの時点では既に反戦以外でも「表現の自由」などは関係なくなっていた。
◯手塚治虫が自ら永久欠番にしたり、作り変えたモノもある。「妖怪探偵団(1948)」は、狂人(きちがい)病院の中の精神異常者がどんどん登場する本。永久欠番になっている。「ブラックジャック ある監督の記録(1977)」はロボトミー手術を手塚本人が誤解していたと後で改稿した。
◯「8マン」は人気絶頂の時に桑田二郎の銃刀法違反逮捕のために、1965年3月21日号少年マガジンをアシスタントが代筆を務めて最終回を迎える。私がマンガを読み始める直前の話だったのだと今気がついた。今驚くのは、8マンのエネルギーが小型原子炉で、定期的に「タバコ型冷却剤」を吸わないと電子頭脳がオーバーヒートする設定になっていたこと。変なところが抜けていて、変なところがリアル。
◯「ハレンチ学園」の「有害論争」(1969-70)は有名である。私には、リアルタイムの話。遂に一回もスカートめくりを実行できなかったことは、男としての度胸のなさとして、一つのトラウマとなっている。しかも、この本を読むと永井豪の「発明」ではなかった。テレビ番組「やあ!やあ!ガキ大将(1969.6.29)」で「オッパイモミモミ」と「スカートめくり」が最近の流行りとしたのを見て描いたらしい。しかも最初のマンガ登場は既に流行していた小川ローザの「Oh!モーレツ」を見て真似するというところから始まる。
◯「アシュラ(1970.8.2「マガジン」初連載)」は衝撃的だった。しかも、最初から不買運動が始まった。神奈川から岡山、愛媛、愛知でも有害指定された。道理で最初の衝撃だけ記憶があって、その後の展開の記憶がない。1981年「ジャンプ」で読み切りで完結編が載ったらしいが、全く記憶にない。
◯当時私は、毎週土曜日か日曜日、自転車を30分こいで、近くの商店街の本屋で二時間ほどかけて「マガジン」「サンデー」「ジャンプ」を立ち読みして「チェック」するのがルーティンだった。5歳から始めた私のマンガ鑑賞は紆余曲折をともないながら、35歳までは続いたのだから、「マガジン」「サンデー」に関しては、30年間読者であったという自信がある。しかし「チャンピオン」はあまり自信がない。よって、「魔太郎がくる‼魔太郎の生い立ち(1975.11.10)」で単行本未収録になったという回を見た覚えがない。どうやら作者たちの写真コピーを使った生々しいいじめられ体験を使ったらしい。
◯「ゴルゴ13」の単行本未収録は四本らしい(うち一本は後で解禁)。
一本目、第237話「幻の栽培(86.4)」。イラン・イラク戦争でのホメイニ師の影武者を描いた回。
二本目、第245話「スワップ・捕虜交換(86.12)」。PFLP(パレスチナ解放人民戦線)をモデルにして「PLO情報部」として描いたら、当時テロの放棄を宣言していたPLOから苦情、2007年言葉の変更で再録が許された。
三本目、第266話「バチカン・セット(88.8-9)」。バチカン司教の権力闘争や小児性愛を扱う。
四本目、番外編「告発の鉄十字(93.2)」。二重人格もの。

面白いのは、最初から自主規制で朝鮮半島を舞台にしたエピソードが一つもないこと。確かに!

2017年4月読了





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2017年04月30日 22時03分41秒
コメント(1) | コメントを書く
[読書(ノンフィクション12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「消されたマンガ」表現の自由とは(04/30)   ななし さん
2012年に発表された『未病』は? (2022年11月13日 20時00分53秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

永田誠@ Re:アーカイブス加藤周一の映像 1(02/13) いまはデイリーモーションに移りました。 …
韓国好き@ Re:幽霊が見えたら教えてください 韓旅9-2 ソウル(11/14) 死体置き場にライトを当てたら声が聞こえ…
韓国好き@ Re:幽霊が見えたら教えてください 韓旅9-2 ソウル(11/14) 死体置き場にライトを当てたら声が聞こえ…
生まれる前@ Re:バージンブルース(11/04) いい風景です。 万引きで逃げ回るなんて…
aki@ Re:書評「図書館の魔女(4)」(02/26) 日本有事と急がれる改憲、大変恐縮とは存…
北村隆志@ Re:書評 加藤周一の「雑種文化」(01/18) 初めまして。加藤周一HPのリンクからお邪…
ななし@ Re:「消されたマンガ」表現の自由とは(04/30) 2012年に発表された『未病』は?
ポンボ@ Re:書評「図書館の魔女(4)」(02/26) お元気ですか? 心配致しております。 お…
むちゃばあ@ Re:そのとき 小森香子詩選集(08/11) はじめまして むちゃばあと申します 昨日…
KUMA0504@ Re[1]:書評「どっちがどっち まぎらわしい生きものたち」(02/26) はんらさんへ 今気がつきました。ごめんな…

バックナンバー

・2024年02月
・2024年01月
・2023年12月
・2023年11月
・2023年10月
・2023年09月
・2023年08月
・2023年07月

© Rakuten Group, Inc.