6811798 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

再出発日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

よしくんの交換留学… New! はんらさん

『中国 人口減少の真… New! Mドングリさん

人生に役立つ都々逸… New! 天地 はるなさん

ミシェル・アザナビ… New! シマクマ君さん

妊婦のハイヒール New! ポンボさん

カレンダー

2014年08月11日
XML
テーマ:本日の1冊(3680)
そのとき
そのとき きっと
子どもたちは きくでしょう
お母さん どうして
反対しなかったの と

わたしたちが いつか
親や祖父たちに きいたように
大人は どうして
戦争なんか やったの と

あのとき 大人たちは
みんな 悲しい顔をして こたえた
"とんでもない おまえ
そんなことを いったら
とらえられ牢獄で 殺されてしまったよ"
"ごめんなさい おまえ
わたしたち 知らなかったの
正しい戦争だとばかり教えられてきたの"と

美しい地球の すべてのいのち
絶える日を もしも
人間が 許した としたら

そのとき きっと
子どもたちは きくでしょう
とけてしまった唇
くだけ散った小さな手で
もえつきた わたしたちを
なお ゆりおこして きくでしょう

お母さん どうして
核戦争を やめさせなかったの
お父さん どうして
口もきけない法律を 通させてしまったの

そのとき わたしたち
知らなかった とは いえない
そのとき わたしたち
何もできなかった とは
決して けっして いえない
(26p「輝いて生きる」より)

平和新聞の選者として、小森陽一さんのお母さんとして、私的に有名だった詩人小森香子さんの詩集を初めて読んだ。



「小森香子詩選集 ばらの樹」文芸社

上記の詩は、1986年の詩人会議の「反核平和詩集」に初めて載った詩らしい。この詩の「核戦争」は時には戦争に、時には原発事故に重点を変えて、今でも、今こそ、わたしたちの心を打つ。

小森香子さんの詩をまとめて読んでみて、この太い芯が一本通った人生に、正直圧倒された。

詠まれる詩は、その時々の母親大会で、子供白書で、運動を励ますために作られた詩が多い。絶対傍観者にはならない、けれども母親の立場は、女性としての立場はけっして忘れない。現在84歳にして、矍鑠として「私はまだ沈黙できない」という。この親有りて、小森陽一有り。詩の中に、よちよち歩きの、あるいは可愛い盛りの、あるいは自立を始めた小森陽一が居る。

装丁は亡き娘さんの切り絵らしい。

2014年8月10日読了





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2014年08月11日 19時43分44秒
コメント(3) | コメントを書く
[読書フィクション(12~)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:そのとき 小森香子詩選集(08/11)   薔薇豪城 さん
「ばらの樹」まだ買ってないですけど、ぜひ購入したいです。小森さんの詩は優しくていいですね。すぐに覚えて歌える「青い空は」も。私の持ってる「飛び立つ」は母親大会で講演なさった時にサインしていただいたもの。『生きるとは、愛すること』と書いてくださいました。
 お嬢さん、山で亡くなったんですよね。残された作品の数々を見ると、すごい才能! (2014年08月11日 21時48分49秒)

Re[1]:そのとき 小森香子詩選集(08/11)   KUMA0504 さん
薔薇豪城さん
>「ばらの樹」まだ買ってないですけど、ぜひ購入したいです。小森さんの詩は優しくていいですね。すぐに覚えて歌える「青い空は」も。私の持ってる「飛び立つ」は母親大会で講演なさった時にサインしていただいたもの。『生きるとは、愛すること』と書いてくださいました。
> お嬢さん、山で亡くなったんですよね。残された作品の数々を見ると、すごい才能!
-----
詩集の文庫本で600円は買いです。
小森香子さんの今までの詩集が一応全部入っているみたい。編集は文芸社なので、どこまで全うかわかりませんが、レアな詩も入っているみたい。

お嬢さん、山で亡くなったんですか!
山の詩もたくさんあります。一緒に登っていたのかもしれません。

やはりお母さんとして書いた詩が輝いていました。 (2014年08月12日 13時41分40秒)

Re:そのとき 小森香子詩選集(08/11)   むちゃばあ さん
はじめまして
むちゃばあと申します
昨日、この詩を初めて知り、早速lineなどで拡散をと考えました。
今こそ世界中の人々すべての人に読んでほしい詩です。
このブログをlineでリンクを貼り付けて拡散するということは出来るのでしょうか。
調べている時間がありませんので、申し訳ありませんがこのコメントへのお返事をお願いします。
よろしくお願いします。 (2022年04月15日 08時54分08秒)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

永田誠@ Re:アーカイブス加藤周一の映像 1(02/13) いまはデイリーモーションに移りました。 …
韓国好き@ Re:幽霊が見えたら教えてください 韓旅9-2 ソウル(11/14) 死体置き場にライトを当てたら声が聞こえ…
韓国好き@ Re:幽霊が見えたら教えてください 韓旅9-2 ソウル(11/14) 死体置き場にライトを当てたら声が聞こえ…
生まれる前@ Re:バージンブルース(11/04) いい風景です。 万引きで逃げ回るなんて…
aki@ Re:書評「図書館の魔女(4)」(02/26) 日本有事と急がれる改憲、大変恐縮とは存…
北村隆志@ Re:書評 加藤周一の「雑種文化」(01/18) 初めまして。加藤周一HPのリンクからお邪…
ななし@ Re:「消されたマンガ」表現の自由とは(04/30) 2012年に発表された『未病』は?
ポンボ@ Re:書評「図書館の魔女(4)」(02/26) お元気ですか? 心配致しております。 お…
むちゃばあ@ Re:そのとき 小森香子詩選集(08/11) はじめまして むちゃばあと申します 昨日…
KUMA0504@ Re[1]:書評「どっちがどっち まぎらわしい生きものたち」(02/26) はんらさんへ 今気がつきました。ごめんな…

バックナンバー

・2024年02月
・2024年01月
・2023年12月
・2023年11月
・2023年10月
・2023年09月
・2023年08月
・2023年07月

© Rakuten Group, Inc.