4074906 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

近況報告 New! lalameansさん

希林さんとルグラン… New! Mドングリさん

花三昧 その1 New! マックス爺さん

たぶん 逮捕されない New! ポンボさん

原発稼働後白血病約… New! hiryu4398さん

カレンダー

「再出発日記」バナー
(abi.abiさんより頂きました)
           ようこそいらっしゃいました
この日記は、書評、映画評、平和論、考古学、旅の記録等何でもありの「ごった煮」日記です。
別にここは議論をするためのプログではありませんが、異論反論は歓迎いたします。
ただ私が「信頼して議論できる相手ではない」と判断した場合にはスルーさせてもらうことがあります。
もちろん、私がコメントしたりTBを送らせて貰った相手は無条件で異論反論に付き合わせてもらいます。(自分の家に招待して相手をしないなんて失礼ですものね)
この方針は私の私生活の時間の確保のためです。
あしからずご了承ください。
なお、誹謗中傷、迷惑のコメント・TBは削除させてもらいます。



九条を守ろう!プロガーズ・リンク


Under the Sunに行こう
2019年04月24日
XML
テーマ:本日の1冊


「京都の路地裏
 
生粋の京都人が教えるひそかな愉しみ」柏井壽 幻冬舎文庫

京都の旅から帰ってきました。今回柏井さんの新書を4冊持って行ったのですが、結果的に1番役に立った(旅途中、最も鞄から取り出した)本がコレでした。食べ物も、旅スポットも、そんなにテーマが統一されているわけでは無いのですが、所謂観光旅をしない私の好みに合った場所がたくさんあったということなのでしょう。実は、約40年前の受験で兄貴の下宿に宿泊しながらこの時ばかりとまるまる一週間京都を観光しました。そこで銀閣寺、清水寺、金閣寺、嵐山等々の観光スポットは回り尽くしたという自覚があって、その時の旅スタイル、歩き通す旅が最も楽しい発見のある旅として私の身に染み付いたのです。だから、京都に来たらもう有名な場所には行かないことにしています。

京都に着いていの一番に行ったのは、夜な夜な怨みを抱いて通った女の実家の井戸(「鐡輪の井」)です。貴船神社は丑の刻まいりで有名。そこへ、五条上がるのこんな所から毎夜三時間はかけて呪いに行く。しかし安倍晴明の力の前に女は逃げ帰る。そして身を投げた所らしい。ここの井戸の上にペットボトルの水を一晩置くだけで、縁切りの水として霊剣新たかになるらしい。これがまた、地図アプリでピンポイントで場所を示されても見つけられない微妙な場所にあり、本の文章を精読してやっと印を見つけてたどり着いたのです。この井戸にも鍛治屋町敬神会が解説書を置いていた。他の場所も教育委員会の説明板など大抵付いている。しかし、本の解説はそれとは明らかに違う原典から解説しており、安直な所から情報を得ていないこともわかった。

その他にも、土蜘蛛伝説に繋がる源頼光の大蜘蛛退治の蜘蛛塚二つ(上品蓮台寺と北野天満宮の角)、大工の嫁が八百年都を災禍から守り続ける神さまになる「おかめ塚」、実はこちらにも飛梅があり菅原道真産湯の井戸まである「菅大臣神社」、平将門の首が晒されていた場所「神田明神」、猫の恩返しの伝説のある猫寺、全体的に、怨みや不運を避けるための塚や施設が京都には其処彼処にある。京都だから、それが1000年以上伝えられているのが珍しく無いのが、とても珍しいと思った旅でした。






最終更新日  2019年04月24日 18時48分39秒
コメント(0) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:元号について(04/03) 七詩さんへ 「天皇が決めるから元号だ」と…
七詩@ Re:元号について(04/03) 元号は皇帝あるいは天皇が決めるから元号…
KUMA0504@ Re[1]:400万アクセスありがとうございます!(03/09) 象さん123さんへ ありがとうございます…
象さん123@ Re:400万アクセスありがとうございます!(03/09) 400万ですか、桁が違いますね。 楽しみに…
KUMA0504@ Re[1]:「高倉健・藤純子の任侠映画と日本情念」(02/20) 鎌倉の風さんへ 初めまして。 なんと7年も…
鎌倉の風@ Re:「高倉健・藤純子の任侠映画と日本情念」(02/20) かれこれ7年ほど、週2回の割で「再出発日…
ふぁみり〜キャンパー@ Re:DAYS JAPAN 2018年12月号(12/28) あ~それとですね・・・ 彼の場合でしたら…
ふぁみり〜キャンパー@ Re:DAYS JAPAN 2018年12月号(12/28) 余計なお世話なんですが・・・・ 出禁に…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.