3881162 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

「蜻蛉(かげろう)日… New! Photo USMさん

図書館予約の軌跡147 New! Mドングリさん

宮古島:1日目:池間… New! 天地 はるなさん

旅へ その10 New! マックス爺さん

映画「ボヘミアン・… New! はんらさん

カレンダー

「再出発日記」バナー
(abi.abiさんより頂きました)
           ようこそいらっしゃいました
この日記は、書評、映画評、平和論、考古学、旅の記録等何でもありの「ごった煮」日記です。
別にここは議論をするためのプログではありませんが、異論反論は歓迎いたします。
ただ私が「信頼して議論できる相手ではない」と判断した場合にはスルーさせてもらうことがあります。
もちろん、私がコメントしたりTBを送らせて貰った相手は無条件で異論反論に付き合わせてもらいます。(自分の家に招待して相手をしないなんて失礼ですものね)
この方針は私の私生活の時間の確保のためです。
あしからずご了承ください。
なお、誹謗中傷、迷惑のコメント・TBは削除させてもらいます。



九条を守ろう!プロガーズ・リンク


Under the Sunに行こう
2018年12月17日
XML
テーマ:韓国!
カテゴリ:韓国旅行2012

5.18運動記念館は、光州民主化運動記録がユネスコ世界記念遺産に選ばれたのを契機に開館した。昨晩充電に失敗して急きょホテルに戻って充電中でカメラがないので、スマホから撮った幾つかの写真のみ載せる。


日本語パンフの中のユネスコ世界記録遺産国際諮問委員長(ロスリン・ロッセル博士)の「5.18民主化運動記録物世界記録遺産登録の意義」を全文載せる。

5.18民主化運動は、不義な国家権力によって踏みにじられた国民の尊厳さと権利がどのような悲劇を呼び起こすのかを赤裸々に語ってくれる事件である。5.18民主化運動の記録物は、光州民主化運動の勃発と鎮圧、以後の真相解明と補償などの過程と政府、国会、市民、団体、そしてアメリカ政府などが作成した膨大な資料を含む記録である。

5.18民主化運動は韓国の民主化は言うまでもなく、フィリピン、タイ、ベトナムなどのアジアの様々な国の民主化運動に多大な影響を与え、民主化の過程で実施した真相究明及び被害者への補償も他の国々の良い例となったという点で高く評価された。世界の学者らは、5.18民主化運動を「転換期の定義」という過去の清算で最も規範になる例であるという。

南アメリカや南アフリカなどの地で発生した国家暴力や反人倫的な犯罪行為に対する過去の清算事業は断片的に行われた反面、光州では「真相究明」、「責任者の処罰」、「名誉回復」、「被害補償」、「記念事業」の五大原則が全て貫徹された。

5.18民主化抗争は大韓民国の民主化の過程で中枢的な役割を果たしただけでなく、東アジアの様々な国での冷戦体制を解体し民主化を成し遂げるよう影響を与えた。1980年代以降、韓国の前例に従いフィリピン、タイ、中国、ベトナムなどの国々で民主化運動が起こった。

“この記録遺産は、人間が経験できるもっとも残酷な死を照らし、描写できないほどに残酷な人権侵害について語ると共に、極度の逆境と迫害をものともしない人間勝利への記録物を含んでいます。彼らの訴えは絶対に忘れられてはいけません。人類の良心と記憶の一部として永遠に語り継がなければなりません。”

これを、旅から帰って来てから読んで、私は今回の旅の意味を初めて覚(さと)った。

光州民主化運動にしても、1987年民主化運動にしても、学ぶべきは、五大原則(「真相究明」、「責任者の処罰」、「名誉回復」、「被害補償」、「記念事業」)であり、韓国の歴史の教訓から勝ち取った「人権感覚」であったのだ。これこそが、日本に徹底的に欠けている部分である。エセ知識人たちがうようよ居る日本の官僚・政治家、報道陣に決定的に欠けている部分である。
旅の至る所で、私はこれらを感じた。おいおいと書いていきたい。

さて、写真はないけど展示の説明。
一階は、印象展示。
二階に主な展示がある。
日本語の無料運動解説書はあったが、図録店はどうやらない。公式図録を聞いたが置いてないということだった。展示物としてはあったので、販売していないのは何故なんだろ。​無料配布の「光州民主化運動」について​は、既に書いた。

5.18を扱った作品は、映画では「26年」、90年代に「ペパーミント・キャンディ」「光州5.18」「タクシー運転手」である。漫画では、「26年」3巻と「アム?」がある。
証言の採集も記念館の役割であるが、ビデオに出てくる男女がほとんど私と同じ年代ということにすくなからずショックを受けた。そうなのだ。「光州事件」は私が二十歳の時に起きたのだ。

錦南路の道庁前にある光州YMCAの中に少し入ってみた。当時、抗争指導部が自主屋内集会を開いた場であり、銃器組立訓練を行っていた場である。道庁と並んで最後の抗争地だった。弾の跡がないか、見たが見つけられなかった。現役の事務所があるので、早々に去ったが、中は木造だった。



道庁と噴水を錦南路側から撮る。
文化殿堂を少し回って、宿で荷物をとって、地下鉄に乗った。






最終更新日  2018年12月17日 09時35分00秒
コメント(0) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:井の中の蛙の『日本の人権』(12/11) まろ0301さんへ 反応ありがとうございます…
まろ0301@ Re:井の中の蛙の『日本の人権』(12/11)  大変に有益な情報、感謝いたします。「…
KUMA0504@ Re[5]:ソウル・光州の旅2-2 全南大学博物館(12/02) narcisse7さんへ なるほど、目の付け所が…
narcisse7@ Re:ソウル・光州の旅2-2 全南大学博物館(12/02) おもしろいですね。 おぢさんが一番面白い…
KUMA0504@ Re[3]:ソウル・光州の旅2-3 韓国民衆抗争図(12/03) shunshunさんへ ありがとうございます。 …
KUMA0504@ Re[3]:ソウル・光州の旅2-2 全南大学博物館(12/02) shunshunさんへ さっそくありがとうござい…
shunshun@ Re[2]:ソウル・光州の旅2-3 韓国民衆抗争図(12/03) KUMA0504さんへ 私が見学できた遺跡公園…
shunshun@ Re[2]:ソウル・光州の旅2-2 全南大学博物館(12/02) KUMA0504さんへ 今回は、光州市の용두동…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.