3702368 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

グローバル企業は税… New! lalameansさん

英国南部ドライブ旅… New! 天地 はるなさん

『かぐや姫の物語』 New! まろ0301さん

『ゴヤ(3巻)巨人の… New! Mドングリさん

東屋(あずまや)は宇… New! Photo USMさん

カレンダー

「再出発日記」バナー
(abi.abiさんより頂きました)
           ようこそいらっしゃいました
この日記は、書評、映画評、平和論、考古学、旅の記録等何でもありの「ごった煮」日記です。
別にここは議論をするためのプログではありませんが、異論反論は歓迎いたします。
ただ私が「信頼して議論できる相手ではない」と判断した場合にはスルーさせてもらうことがあります。
もちろん、私がコメントしたりTBを送らせて貰った相手は無条件で異論反論に付き合わせてもらいます。(自分の家に招待して相手をしないなんて失礼ですものね)
この方針は私の私生活の時間の確保のためです。
あしからずご了承ください。
なお、誹謗中傷、迷惑のコメント・TBは削除させてもらいます。



九条を守ろう!プロガーズ・リンク


Under the Sunに行こう
2018年08月20日
XML
テーマ:本日の1冊


文学日記(24)「発心集」伊藤比呂美訳

鎌倉時代初期、鴨長明が「方丈記」(1212年)を書いた数年後に編んだとされる仏教説話集。「宇治拾遺物語」は太田光がブラウン管の中で広く世に向かい得々と毒を吐いたのだとしたら、これは又吉直樹が教育テレビの中でボソボソと心情を語っているようなものだろう。両極端な見栄えはするが、語っているのは同じ芸人だということ、人に語っているということでは同じである。

鴨長明はマイナーな番組で、マイナーな人々(僧侶たち)に語っているのだから、内容は如何にして往生を遂ぐか、に尽きる。基本的には延々と執着を捨てよ、と書く。いくら書いても書いても、易行と難行の間を往来したり、至る所俗気満々である。ところが、細部に至ると、「玄賓、大納言の妻に懸想する事。そして不浄観の事」の最終節のように、真理に至る。(437p)彼は俗世間をよく観察した。ホントは「俗世間を離れる」ことに執着するのではなく、「俗世間を記録する」ことを生業と定めるべきだったのではないか。蓋し、事さに成り難しが人生也。






最終更新日  2018年08月20日 07時50分07秒
コメント(0) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:文学日記(21)「日本霊異記」(08/17) 七詩さんへ 私が思うに、霊異記は広く大衆…
七詩@ Re:文学日記(21)「日本霊異記」(08/17) とにかく信心にはこんなにご利益がありま…
KUMA0504@ Re[1]:真備町でボランティア(07/16) 嫌好法師さんへ 周りにはもっと一生懸命…
KUMA0504@ Re[1]:真備町でボランティア(07/16) Mドングリさんへ ちゃんと休憩することは…
嫌好法師@ Re:真備町でボランティア(07/16) ボランティアお疲れ様です。私が出来ない…
Mドングリ@ Re:真備町でボランティア(07/16) ボランティア参加、ご苦労さんでした。 夏…
KUMA0504@ Re[1]:恋をしてしまいそうだ「恋するソマリア」(07/10) Mドングリさんへ 淡々と面白く書いていま…
Mドングリ@ Re:恋をしてしまいそうだ「恋するソマリア」(07/10) 「間違う力」があると、うそぶいてソマリア…
KUMA0504@ Re[1]:「生贄投票」というマンガに生贄(07/22) 一部読破さんへ コメントありがとうござい…
一部読破@ Re:「生贄投票」というマンガに生贄(07/22) 学校編を読みました。なによりも主人公が…

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.