445979 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(17)

読書案内「コミック」

(64)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(45)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(84)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(14)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(97)

読書案内「映画館で出会った本」

(14)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(22)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(43)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(82)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(16)

読書案内「現代の作家」

(67)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(26)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(34)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(39)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(38)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(10)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(40)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(16)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(65)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(7)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(7)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(7)

団地界隈

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.04.27
XML
​​井筒和幸「無頼」神戸アートヴィレッジ
​ 1ヵ月前に予告編を見て、井筒和幸の新作ということで気になりました。緊急事態だか、非常事態だかの3回目の宣言が出るらしいこともあってあわてて出かけました。​
 マア、ここアートビレッジで見るときはよくあることなのですが、客は数人で、ほぼ、同年配の、見かけ上男性ばかりでした。「こんな映画、そんな若いひとが見るわけはないよな」、見る前にそう思ってすわりましたが、見終えて、もう一度そう思いました。
​ 「昭和のヤクザ」「パッチギ」を、ええっと、「パッチギ」っていうのは頭突きのことだというのは彼の映画で覚えたのですが、一発カマス!、それが撮りたかったのでしょうね。​
​​ 泉谷しげる「春夏秋冬」という1970年代のはやり歌で、たとえば、まあ、ぼくとかが歌詞なしで歌える歌がテーマソングのように繰り返し歌われ、で、「太陽の季節」に始まる、1960年代からのはやりの映画が、その時代の「空気」の象徴のように、まあ、チンピラたちが映画館で見たり、ビデオ屋の棚をあさったりする形ですが、挿入されていきます。おしまいが「ダイ・ハード」だったことに笑いました。​​
 そのあたりに、この監督とその作品を同世代の代弁者のように感じながら見てきて、今や、徘徊老人の日常を送っている人間には、妙に染みるものがあるのですね。
​ 「昭和」という時代の戦前、戦中、戦後の30年がパスされて、1960年代からの後半30年が描かれている印象でしたが、井筒和幸という監督が、そのように「昭和」を描いているいるのは、1952年生まれの、彼自身の半生を映画に投影したかったという理由以外には、ぼくには考えられない映画でした。
 映画の後半のシーンで、右翼の論客中野俊水という人物が「死にざまを見せる」と称してピストル自殺を遂げます。その顛末の描き方に​井筒​の本音が露出していることは間違いないのですが、いったい「誰」に対して「死にざま」を見せたいのか、その焦点の定まらなさが、実に現代的ではあるのですが空振りだったのではないでしょうか。
​​
 いみじくもテーマソングの「春夏秋冬」が歌っているように、本当に「季節のなくなった街」で乾ききった人間が生きる社会になってしまった現代に、映画として「パッチギ一発」を、かませたかどうか、どうも、リキんだだけで、しりもちをついた印象です。​​
​​ でも、まあ、ぼくにとっては、そこが井筒和幸らしくてよかったわけなのですが、キャストの一人として出ていらっしゃった、俳優隆大介さんの訃報が、今朝(2021・04・25)、ネット上に出ているのを目にし、映画を思い出して、やっぱりしみじみしてしまいました。
 やっぱり「愛のある人」を井筒和幸は描こうとした映画だったと思いましたね。
 ​​

監督 井筒和幸
脚本 佐野宜志  都築直飛  井筒和幸
撮影 千足陽一
照明 渡部嘉
録音 白取貢
美術 新田隆之
音楽 細井豊
主題歌 泉谷しげる
キャスト
松本利夫(井藤正治)
柳ゆり菜(佳奈)
中村達也(井藤孝)
升毅(谷山)升毅
小木茂光(川野)
ラサール石井(橘)
木下ほうか(中野俊秋)
三上寛 隆大介 清水伸 松角洋平 遠藤かおる 佐藤五郎
久場雄太 阿部亮平 遠藤雄弥 火野蜂三 木幡竜 清水優
田口巧輝 朝香賢徹 ペ・ジョンミョン 高橋雄祐 橋本一郎
和田聰宏 高橋洋 浜田学 駒木根隆介 松浦祐也 松尾潤
松本大志 森本のぶ 赤間麻里子 石田佳名子 西川可奈子
於保佐代子 中山晨輝 斎藤嘉樹 澤村大輔 長村航希
斉藤天鼓 芦川誠 外波山文明
2020年・146分・R15+・日本
2021・04・23-no40神戸アートヴィレッジ


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

にほんブログ村 映画ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​​​​​
​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​
​​​






最終更新日  2021.04.27 01:03:44
コメント(0) | コメントを書く
[映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.