3581602 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

Profile


taketoshi67

Free Space

banner

Calendar

Comments

Favorite Blog

胡蝶蘭 New! yhtims56さん

夜の食事 charme4810さん

銀座コリドー街で、… 飲みニスト0430さん

見つかっちゃった ma2noさん

LIGHT MY … ARK2005さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
BearHugのべあー君が… Natuliraさん
* ころりんナンデモ劇場… とんちゃん27さん
France好きの美味し… poeme-utさん
主婦 普通科 ララミホさん

Archives

April , 2020
March , 2020
February , 2020
January , 2020
December , 2019
November , 2019
October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019

Category

April 17, 2008
XML
>>シリーズ2からの続き

まこり~のさんと大阪で別れてから、JR快速電車で三ノ宮を目指しました。
この日、宿泊したホテルはポートアイランドにある「神戸ポートピアホテル」でした。

17APR-1a 17APR-1b

立派なホテルでした。
右は、14階のお部屋から神戸港(ハーバーランド)方面を写したものです。
ここに来た理由は・・・、

17APR-2

↑このコンサートに行くことでした。
ファンクラブメンバーの相方が先行予約で取ってくれたものでした。
ポートピアホテルからポートライナーを挟んで向かい側に、そのコンサート会場(神戸ワールド記念ホール)がありました。
アクセス抜群・・・でも、コンサート終了後にご飯を食べるところが少なく、結局近所のローソンでおでん等を調達しました。

ホテルでインターネット接続に関して、大変繋がりにくく、ストレスがたまってしまいました。
ということで、翌朝はさっさとチェックアウトして、三ノ宮駅方面に戻り、そこで朝食をとることにしました。

17APR-3

こういうときじゃないと、なかなか利用する機会がない、緑看板の「モスバーガー」で朝から「フライドポテト」と「ハンバーガー」のセットメニューを注文しました。
三ノ宮駅近くのこの「緑モス」、終日全席禁煙でした。

この後、金券ショップがオープンする時間(9:45)までネットカフェに入り、この日のブログを更新して過ごしました。
「甲南チケット・三宮東店」で広島行きの新幹線指定チケットを2枚買って、新神戸駅からのぞみ9号に乗って、いざ広島へ移動しました。

17APR-4a 17APR-4b

今回の旅行で、初めての広島となる相方さんを広島駅で記念撮影!
広島どころか、中国地方に降り立つのも初めてだったそうです。

原爆ドームや宮島など、世界遺産がある国際観光都市ですので外国人旅行者の数が半端じゃなかったです。
私も15年以上ぶりの広島でしたけど、以前はこんなにたくさんの外国人観光客はいなかったと記憶しています。
リタイヤした老夫婦が団体旅行しているグループが中心ですが、若いバックパッカーさんもたくさんいましたね。

17APR-5

時間もちょうど、12時を過ぎたくらいになったので、早速ランチで「広島風お好み焼き」をいただくことにしました。
関東の人がお好み焼きを区別するために「関西風」とか「広島風」などを付けて分かりやすく表現することがありますけど、地元の方々にとって「お好み焼き」と言えば、普通に「広島風」な訳で、こういう表記にすることをお許し下さい。

広島の玄関口である広島駅に直結するターミナル名店街「ASSE」(アッセ)の2階には多くのお好み焼き店が軒を連ねていますが、その中でも行列ができている人気店の一つである「麗ちゃん」に並んでみました。

17APR-6

注文したのは、「そば入り、肉、卵」という一番基本的な具のものです。
「肉玉そば」或いは「そば肉玉」というだけでオーダーが通じてしまうほど、ポピュラーなものです。
とかく、観光客さんは「トッピング」を追加してカスタマイズして楽しまれる傾向にありますけど、私がするとしても、後は「イカ天」を入れるとか、「焼きそば」じゃなくて「うどん」にするとか、その程度にとどめます。
これで1枚680円・・・東京では同じものの値段は2割から4割高が普通だと思います。
伝票には「鉄」に丸印、1枚とかいてありますけど、私がお皿じゃなくて鉄板の上で食べたいというリクエストしたことによるものです。
即ち、お箸は使わず、コテ1本で食べることを意味します。

17APR-7a 17APR-7b

次から次へとやってくるお客さんを捌くために、キッチンでは2箇所の鉄板で、流れ作業で同時に何枚ものお好み焼きが焼かれていきます。
焼き手のおっちゃんやおばちゃん達も無駄な動きがなく、手際よく作業を順序良くこなしているのが見て分かります。

17APR-8

席についてから待つこと5分足らずで、注文したものが出てきました。
久しぶりの広島で食べる「お好み焼き」、麗ちゃんは「オタフクソース」じゃなくて、私好みの「カープソース」を使っていることもリサーチ済みですので、安心して食べることができます。
昨年末、惜しまれつつ閉店してしまった、地元ひばりヶ丘にあった「風々」というお店でも、同じカープソース使用でしたので、相方にとっては食べなれた味だったに違いありません。

焼きたて熱々のお好み焼き、猫舌ではなくても決して上手く食べられるわけではありませんが、コテだけで難なく完食しました。
「麗ちゃん」のお好み焼きは、麺類をケチャップのようなもので炒めるのが特徴で、これが好き嫌いの分かれ目になりますけど、私は好きな方ですね。

今回の広島旅行では、この1回しかお好み焼きが食べられませんでした。
今思えば、この日の夜もムリしてお好み焼きを食べに行けばよかったと後悔しています。

次回以降のエントリーでは、広島旅行の続きを紹介する予定です。






Last updated  April 17, 2008 08:19:26 AM
コメント(4) | コメントを書く
[お好み焼き・焼そば] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.