6925627 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

再出発日記

再出発日記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『日本でテロが起き… New! Mドングリさん

週刊 読書案内 司… New! シマクマ君さん

源氏物語〔4帖夕顔 3… New! Photo USMさん

台湾旅行。帰国でま… はんらさん

5/21:千葉県:館山… 天地 はるなさん

カレンダー

2007年05月25日
XML
カテゴリ:邦画(07)
監督 : 井筒和幸
出演 : 井坂俊哉 、 西島秀俊 、 中村ゆり 、 藤井隆 、 風間杜夫 、 キムラ緑子 、 手塚理美 、 キム・ウンス 、 今井悠貴

今回LOVEをこめて辛口でいきます。
悪い予感が当たった。面白くない。「想い」が前面に出すぎている。話の構成をたぶんわざと前作と同じ(喧嘩→ドラマ→クライマックス喧嘩)にしているのだが、「心の葛藤」がない。よって「わざとらしい。」

監督が「俺は、君のためにこそ死ににいく」という映画に喧嘩を売った動機がわかった。この作品自体が、この映画に喧嘩を売っているからである。けれども「映画を見ないで、作品を批判しないでほしい」などと真っ当でない俳優に真っ当なことを言われて、この喧嘩は監督の負けだった。作品自体はどうだったかは「俺は」を見ていないので私は言うことができない。あの映画を笑い飛ばしていると肯定的に評価すべきなのか、あまりにも類型的に批判しているとするべきなのか、まだ判断がつかない。

言いたいことはよくわかる。在日差別の問題、命の問題。でも理屈を見に映画館に足を運んだわけではない。前作にはオダジョーの存在、葬式場面でのどうしようもない壁の存在、壊したギターが大友康平によって復活する見事な数々のシークエンスがあった。意外性がこの作品にはほとんどない。西島秀俊の役ぐらいなものだろうか。

この映画の主役は、キョンジャ役の中村ゆりだろう。まだ力不足だ。つくづく沢尻エリカであってほしかったと思う。監督も明確に彼女を意識して脚本を作っている気がする。清純さとはっとするような妖艶さ、そして芯の強さ、最後のクライマックスを支えるに足る俳優に、この映画で一皮むけてほしかった。彼女にこの映画で生々しいベッドシーンを演じてほしかった。


produced by 「13日の水曜日」碧猫さん





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007年05月25日 22時37分43秒
コメント(12) | コメントを書く
[邦画(07)] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

永田誠@ Re:アーカイブス加藤周一の映像 1(02/13) いまはデイリーモーションに移りました。 …
韓国好き@ Re:幽霊が見えたら教えてください 韓旅9-2 ソウル(11/14) 死体置き場にライトを当てたら声が聞こえ…
韓国好き@ Re:幽霊が見えたら教えてください 韓旅9-2 ソウル(11/14) 死体置き場にライトを当てたら声が聞こえ…
生まれる前@ Re:バージンブルース(11/04) いい風景です。 万引きで逃げ回るなんて…
aki@ Re:書評「図書館の魔女(4)」(02/26) 日本有事と急がれる改憲、大変恐縮とは存…
北村隆志@ Re:書評 加藤周一の「雑種文化」(01/18) 初めまして。加藤周一HPのリンクからお邪…
ななし@ Re:「消されたマンガ」表現の自由とは(04/30) 2012年に発表された『未病』は?
ポンボ@ Re:書評「図書館の魔女(4)」(02/26) お元気ですか? 心配致しております。 お…
むちゃばあ@ Re:そのとき 小森香子詩選集(08/11) はじめまして むちゃばあと申します 昨日…
KUMA0504@ Re[1]:書評「どっちがどっち まぎらわしい生きものたち」(02/26) はんらさんへ 今気がつきました。ごめんな…

バックナンバー

・2024年07月
・2024年06月
・2024年05月
・2024年04月
・2024年03月
・2024年02月
・2024年01月
・2023年12月

© Rakuten Group, Inc.
X