1310186 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2015.05.08
XML

栗田の最期は、あっけないものだった。

切腹の作法を全く知らない彼は、用意された小刀に手を伸ばしたとき、介錯役を務めた斎藤に首を落とされた。

千はその様子に目を背けることなく、彼の最期を見守った。

「こいつのようになりたくなきゃぁ、脱走なんざ考えるなよ、わかったな!」

歳三がそう叫んで隊士達を睥睨(へいげい)すると、彼らは一様に頷いた。

「これで、他の隊士達に示しがついたろう。」
「トシ、余りにも厳しいと、今後も隊士が脱走するかもしれんぞ?」
「そん時は、そん時に考えりゃぁいい。会津藩の手を煩わせることはねぇさ。」
さらりとそう言ってのける歳三の横顔をちらりと千は見ながら、新選組で最も死者を出したのは戦闘ではなく、規律違反による内部粛清であったということを思い出した。
巨大な組織をまとめ上げるには、厳しい規律が必要である。
局長である近藤を陰から支え、副長として新選組を纏める歳三がいかにも考えそうなことである。
今回の栗田の脱走と、彼の切腹は、一種の見せしめだった。
違反者が出れば、即ちそれは死に直結するーそれが、狼の巣の絶対遵守の掟だ。
「千、どうした?」
「いえ、何でもありません。」
「暫く俺は副長室に籠っている。客が来たら、俺は今手が放せないと伝えておけ。」
「わかりました。」

千が厨房で昼餉の用意をしていると、原田がやって来た。

「千、お前に女の客だぞ。」
「女のお客様、ですか?」
「ああ、偉い別嬪(べっぴん)さんだ。早く行って来いよ。」

千が厨房から門へと向かうと、そこには鈴江が立っていた。

「鈴江さん、どうしてここがわかったのですか?」
「道場の門下生の方にあなたのことをお聞きしたら、あなたがここにいらっしゃることを知ったので、伺いました。」
「そうですか・・申し訳ありませんが、今手が放せないのです。」
「わかりました。では、今夜うちにおいでくださいな。お待ちしております。」
鈴江はそう言って千に微笑むと、そのまま彼に背を向けて門から外へと出て行った。
その日の夜、千が鈴江の居る置屋へと向かうと、玄関先には柄杓を持って打ち水をしている中年の女性が立っていた。
「すいません、鈴江さんに会いに来たのですが・・こちらにご在宅でしょうか?」
「ああ、鈴江はんなら、今お座敷に出てはります。」
「そうですか・・」
女性に置屋の中へと通され、千が鈴江の帰りを暫く待っていると、そこへ黒紋付の正装姿の鈴江が部屋に入って来た。
「お待たせしてしまって、申し訳ありませんでした。」
「いいえ。」
千ははじめて鈴江の芸妓姿を見て、その美しさに暫し見惚れてしまった。
「初めて鈴江さんの芸妓姿を拝見いたしましたが、綺麗ですね。」
「有難うございます。この世界に長い事身を置いてきておりますが、お世辞ではない褒め言葉を初めて聞きました。」

鈴江はそう言うと、鈴を振るような声で笑った。

「千さんをこちらにお呼びしたのは、話したいことがあるからです。」
「話したいこと、ですか?」


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2015.05.08 09:13:26
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

ラブ・アクチュアリー New! おいら♪♪さん

初めての作品と今日… New! クレオパトラ22世さん

ファイナルだ~ New! kaze-uniさん

#ノースアメリカンOP… New! friendly0205さん

相棒18 8話 New! みつき2733さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 240(12/26) 風とケーナさんへ ジゼルから贈られた薔…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 240(12/26) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(196)

グルメ

(502)

読書記録

(1422)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(194)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(1)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(4)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.