1308098 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2019.01.25
XML
「トシ、顔色が悪いぞ?」
「あぁ、昨夜一睡もしてないからな。」

そう言った歳三の両目の下には黒い隈が出来ていた。

「総司の事が心配なのはわかるが、まずは自分自身の事を労わらないと駄目だぞ。」
「あぁ、わかってるよ。」
歳三は朝食を半分残し、副長室で溜まっていた書類仕事に取りかかった。
「副長、失礼致します。」
「入れ。」
「伊東派に大きな動きは今のところありません。」
「そうか。それよりも、例の件はどうなっている?」
「鈴江の行方は依然としてわかっておりません。引き続き、鈴江の捜索を監察方に命じますか?」
「あぁ、頼む。」

(薄井と鈴江は恐らくどこかで繋がっている。そのうち、姿を現す筈だ。)

筆を硯の上に置いた歳三は、凝り固まった肩の筋肉を少し解すため、両腕を天に向かってあげた。

「副長、荻野です。お茶をお持ち致しました。」
「入れ。丁度いい、お前に話がある。」
「鈴江さんの事でしたら、斎藤先生からお聞きしております。」
「そうか。荻野、お前英国海軍のマッケンジー大尉の事を知っているか?」
「いいえ、その方のことは全く存じ上げません。もう隊務に戻ってもよろしいでしょうか?」
「あぁ、戻っていい。」

千尋は少し怪訝そうな顔をした後、歳三に一礼して副長室から出て行った。

千尋の方はマッケンジー大尉の事を知らないと言っていたが、マッケンジー大尉の方は千尋の事を知っている可能性がある。

(確か、荻野の母親は英国貴族の娘だったな。)

マッケンジー大尉と、千尋の亡くなった母親の実家とは何か繋がりがあるのではないだろうか。
以前、屯所を訪ねて来た千尋の親族―正確に言えば親族ではないあの者が何かを知っているのかもしれない―そう思った歳三は、監察方に千尋の母方の親族について調べるように命じた。

「副長、お忙しいところを失礼いたします。」
「何だ、どうかしたのか?」
「あの、それが・・」

副長室に入って来た二人の平隊士達は、どこか気まずそうな様子だった。

「副長、門の前にお客様が・・」
「俺に客?どこのどいつだ?」
「それが、副長に会わせろと言ってばかりで、何も話そうとしないのです。」
「そうか、俺が行く。お前達は隊務に戻れ。」
「は、はい・・」

平隊士達は安堵の表情を浮かべながら、副長室から出て行った。

突然の来客は、新選組に大きな波乱をもたらすこととなった。

この作品の目次はコチラです。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.01.25 06:00:13
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

松屋でメルペイ♪ ネ… New! 「ねえさん」さん

安藤記念教会、ガウ… New! friendly0205さん

12月6日 記事更… New! 紅子08さん

リサ・ヴァルデスの… New! romance_holicさん

意外に「ほっ……」と… New! みつき2733さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) New! クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) New! 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 240(12/26) 風とケーナさんへ ジゼルから贈られた薔…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 240(12/26) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(196)

グルメ

(502)

読書記録

(1422)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(194)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(0)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(4)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.