1427490 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2012.02.28
XML
翌朝、幾の遺体を引き取りに、愛五郎が屯所へとやって来た。

「母上、何故このようなお姿に・・」
彼は母親の遺体に取り縋り、嗚咽した。
その光景を、美津達は遠くから眺めていた。
美津は母親の亡き骸を抱き締める愛五郎の姿を見ていると、昔の事を思い出した。
暴走した後我に返り、虫の息だった父に死なないでと叫んだあの日の事を。
あの時、まだ自分が何者であるのかがわからなかった。
でも、今は・・
「姫様、姫様?」
四郎に肩を叩かれ、美津は我に返った。
「何?」
「あの路地へ参りましょう。あそこなら、幾様が殺された理由も、あの狼の正体も分かる筈です。」
「そうね・・」
愛五郎の姿を肩越しに見ながら、美津は彼に背を向けて四郎とともに屯所を出て行った。
昨夜事件が起きた路地へと向かうと、そこには乾いた血溜まりだけがあり、あの狼の死体はどこにもなかった。
「変ね、昨夜は確かにここにあった筈なのに・・」
昨夜の内に誰かが狼の死体を片づけたのだろうか?
だとしたら、誰が何のために?
「姫様、これをご覧ください。」
そう言って四郎があるものを差し出した。
「これ・・わたしの・・」
四郎が血溜まりの中から拾ったものは、一昨日の見合いの時に挿していた簪だった。
「これは一昨日、お見合いが終わった時に自分の部屋にある小箱の中にしまった筈・・なのにどうしてこれが、こんなところにあるわけ?」
「それはわたしも分かりません。ですが、何者かがあなたに殺しの濡れ衣を着せようとしているのでは?」
「あの女が、わたしに殺しの濡れ衣を?まさか、そんなこと・・」
凛ならやりかねなさそうだが、彼女はこんなに単純な手口で美津を苦しめる筈がない。彼女のやり方は巧妙で、かつ陰湿なものなのだから。
「あの女以外に、あなたを怨み、憎んでいる者がいるということですね。これからは外出を控えた方がよさそうですね。」
「そうね・・」
美津は得体のしれぬ恐怖に襲われ、四郎と共に路地を後にした。
その後、2人が去って行くのを確かめるかのように、1人の女が路地裏から現れた。
女は血溜まりをじっと見つめると、薄笑いを浮かべた。
「漸くあの女に復讐できる・・いつも上から目線でわたしを見て、笑いながらわたしを虐げていた女に・・復讐が終わったら、わたしはあの女から完全に自由になる・・」
女はそう呟くと、懐からあるものを取り出し、血溜まりの中へと放った。
「これでいい・・」
女は現れたように、すうっと路地から消えて行った。
「磯村様、少し母の事でお話ししたいことがございます。よろしいでしょうか?」
幾の遺体を引き取り、喪主として気丈に彼女の葬儀を取り仕切っていた川松愛五郎は、そう言って四郎とともに葬儀に訪れた美津に話しかけた。
「何でしょう、お話って・・」
「単刀直入に言いますが、母を殺したのはあなたではないですか?」
「え・・」
愛五郎が吐きだした言葉を聞き、美津はショックを受けてまるで金縛りに遭ったようにその場から動けなくなった。
「もう一度お聞きいたします。母を殺したのは、あなたですか?」

憎悪に満ちた瞳で、愛五郎はそう言って再度、美津を見た。






Last updated  2012.04.01 22:35:26
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


千菊丸2151

Favorite Blog

マスクを作った New! みつき2733さん

土佐文旦のレモン煮… New! friendly0205さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

4月8日 記事更新… New! 紅子08さん

ギルドハンター最新… New! romance_holicさん

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:花見は今年は一ヶ所だけ。(04/05) クレオパトラ22世さんへ 毎年花見の季…
クレオパトラ22世@ Re:花見は今年は一ヶ所だけ。(04/05) 見事な桜ですね。春以外の季節にはそこに…
千菊丸2151@ Re[1]:宝島 ロバート・ルイス・スティーヴンソン(03/30) クレオパトラ22世さんへ 冒険小説とし…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

ドラマ・映画

(104)

日記

(199)

グルメ

(503)

読書記録

(1551)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(204)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(46)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(64)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(12)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(9)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.