1486976 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2020年04月08日
XML
カテゴリ:連載小説:VALENTI
「グレイ家を襲った強盗犯は、三人組といいましたね?」
「えぇ。暗くて顔は良く見えませんでしたが、三人共男でした。」
「ジョン様とチャールズ様はどちらに?」
「さぁ・・お二人は・・」

ステファニーとエドガーが強盗事件について話していると、ジョージの悲鳴が聞こえた。

「ジョージ様、大丈夫ですか?」
「誰かが僕を殺しに来る・・怖いよぉ~!」
「大丈夫ですよ、ジョージ様。ここにはわたし達しか居ませんよ。」

悪夢にうなされていたジョージを、ステファニーは彼が寝るまで傍に居た。

「ジョージ様は?」
「やっとお休みになられましたよ。今は彼の心のケアが大事ですね。」
「ええ。ご両親を殺された上に、自分も殺されそうになったのですから、悪夢にうなされるのは当然です。」
「ステファニーさんも早くお休みになって下さい。」
「はい、わかりました。」

翌朝、ステファニーは実家の家族へ宛てた手紙を認(したた)めていた。

「スティーブ様、NYにいらっしゃるステファニー様からお手紙が届きました。」
「ステファニーから?」

執事長から、ステファニーの手紙を受け取ったスティーブは、蜜蝋の封を切り、それに目を通した。

『親愛なるお兄様、突然のお手紙を寄越してしまい、申し訳ありません。
NYで、わたしはジョージ=グレイという少年と知り合いました。彼は優しく聡明な子ですが、先日彼の両親は強盗によって命を奪われ、上の兄二人は行方不明となりました。このままジョージ様は孤児院に送られてしまいます。その前にどうか、ジョージ様をセルフォード侯爵家の一員に加えて頂けるよう、取りなして下さいませ。どうかお願い致します。 あなたの愛する妹、ステファニーより』

手紙を読み終えたスティーブは、ステファニーの手紙を携え、父の執務室へと向かった。

「父上、スティーブです。今、よろしいでしょうか?」
「スティーブか、入れ。」
「失礼致します。」

執務室に居る父の顔は、何処か疲れているように見えた。

「父上、お顔の色が少し優れないように見えますが・・」
「少し風邪をひいてしまった。それよりも、話しとはなんだ?」
「ステファニーから、こんな手紙が・・」

セルフォード侯爵は、ステファニーの手紙に目を通した後、こう言った。

「スティーブ、ステファニーにすぐ返事を出せ。ジョージ=グレイを我が侯爵家に受け入れると。」
「わかりました。では、失礼致します、父上。」
「スティーブ、今週末用事を空けておけ。お前に会わせたい人が居る。」
「わかりました。」

自室に戻ってステファニーの手紙への返事を認(したた)めながら、スティーブは深い溜息を吐いた。

(結婚、か・・)

やがてセルフォード侯爵家を継ぐ身としていずれ自分は結婚しなくてはならない。

身分と家柄が釣り合う相手を。

(ステフはいいよな、愛する相手と巡り会えて。)

まだ認めた訳ではないが、スティーブの目から見ても、ステファニーとエドガーは似合いのカップルだった。
同じ価値観を持つ者同士が結ばれるのが一番理想的な結婚なのだが、現実はそうはいかない。
せめて、ステファニー達には幸せになって欲しい―そう思いながら、執事長を呼ぶ為にベルを鳴らした。

「この手紙を、ステファニーに届けてくれ。」
「かしこまりました。」

グレイ家の強盗事件発生から数日後、長男・ジョンと次男・チャールズが、カルフォルニアの海岸で遺体となって発見された。
そしてチャールズの遺書には、自分が人を雇って両親を殺害し、全財産を奪おうとしたと書かれていた。

「信じられません、こんな・・」
「確かに・・」

ステファニーとエドガーが朝刊の記事を読んでいると、フロントから電話が来た。

「ステファニー=セルフォード様ですね?スティーブ=セルフォード様からお手紙が届いております。」
「ありがとう。」








最終更新日  2020年04月10日 12時44分12秒
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:VALENTI] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

バックナンバー

お気に入りブログ

BDB再読中 New! romance_holicさん

私はいったい何をや… New! わかつきひかるさん

少林サッカー New! おいら ^o^さん

2020今日の皐月「晃… New! クレオパトラ22世さん

久しぶりに見た New! みつき2733さん

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:新参者 東野圭吾(06/05) New! 株式会社SEES.iiさんへ 原作はシリーズ物…
株式会社SEES.ii@ Re:新参者 東野圭吾(06/05) お疲れ様です……。 昨晩は拙の駄文にコメン…
千菊丸2151@ Re[1]:悪意銀行 都筑道夫(06/03) クレオパトラ22世さんへ 機会があった…
クレオパトラ22世@ Re:悪意銀行 都筑道夫(06/03) やっとピアノの練習が再開しました。 この…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(110)

日記

(200)

グルメ

(503)

読書記録

(1623)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(206)

連載小説:鬼と胡蝶

(17)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(204)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(52)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(70)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(12)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(10)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.