1389888 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

Apr 22, 2015
XML
「エリザベートはまだなのか?」
「はい、皇妃様のお姿はまだ見ておりません。」
「舞踏会を開くと言い出した癖に、遅れるとはどういうつもりだ。」
「陛下、女性の身支度に時間が掛かるのは当然のことです。そんなにカリカリなさらないでください。」

妻がなかなか大広間に姿を現さないことに苛立つ皇帝をトムは優しい言葉で宥(なだ)めながら彼の肩越しで薄笑いを浮かべた。

「リン、お前はずっとわたしの傍に居ておくれ。」
「はい、お祖父様。」
トムがそう言って皇帝を見つめた時、大広間に皇妃が凛とともに入って来た。
「あれは、お前の偽者ではないか。」

皇帝は凛の姿を見て眦を上げると、皇妃の前に立った。

「エリザベート、リンの偽者をこの場に呼ぶとは、一体どういうつもりだ?」
「陛下、あなたが今親しくしている者はマリアの子の名を騙った偽者です。」
「何の根拠があってそのような事を申すのだ?」
「証拠なら、ここにあります。」
凛はそう言うとトムを睨みつけ、右手に嵌めたルビーの指輪を周りの貴族達に見えるように高く掲げた。
「その指輪、マリアの物ではないか! 何故、お前がそれを持っているのだ?」
「その指輪は、カイゼル公爵夫人・フェリシアが生前マリアを殺害した後、保管していた物です。」

―なんですって・・
―マリア皇女様が殺害されたなんて、どういうこと?

「マリアが殺害されただと? エリザベート、一体どういうことだ?」
「その質問には、わたしがお答えいたします、陛下。」
「お父様・・」

漆黒のマントを翻し、真紅の軍服を纏った歳三は、皇帝の前に跪いた。

「16年前、わたしの母と、マリア皇女様を殺害したのは、今は亡きわたしの義理の母でありカイゼル公爵夫人・フェリシアでした。」
歳三は、皇帝に16年前に起きた火事の真相を語った。
真実を知った皇帝は愕然とし、倒れそうになった彼の身体をトムが支えた。
「つまり、妹はそなたの義理の母が起こした火事の犠牲となったのだな・・」
「義理の母が亡くなった今、彼女の罪を許してくれとは申しませぬ。」
「陛下、どうか真実をあなた様の目で見極めてくださいませ。あなたの隣に今立っている者は、マリアの子の名を騙った偽者です。この者が今胸につけているブローチは、本物の凛から奪い取った物なのです。」
エリザベートはそう言うと、トムの胸元に光っているブローチを指した。
「お前は、本当にマリアの子なのか?」
「そうです、陛下。何故僕が陛下に嘘を吐くなど・・」
「よく回る舌だな、トム。」
皇帝に引き攣った笑みを浮かべたトムに向かって、アレックスがエリザベートの背後から現れた。
「アレックス兄ちゃん、どうして王宮に居るの?」
「おや、あなたとは初対面の筈でしたよね、リン様?」
トムはアレックスに嵌められたことを知り、内心舌打ちした。
「陛下、わたしは宝石職人ユリウスの一番弟子、アレックスと申します。陛下の隣に居る者とは、一時期同じ孤児院で過ごした事がございます。」
「孤児院だと?」
「はい・・わたしとその者が育ったのは、ウロボロス市郊外にある聖マリア孤児院です。」
「聖マリアだと?」

アレックスの言葉に、皇帝の顔が強張った。

「聖マリア孤児院は、今から10年前に何者かに放火され、焼失しました。最近になって、孤児院に放火した者が誰なのかがわかりました。」
「陛下、あれは事故だったのです!僕はただ、院長室にあるトランクの中身を調べようとして・・」

皇帝に弁解を始めたトムは、それが自らの首を絞めることに気づいたが、もう遅かった。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






Last updated  Jun 17, 2015 02:31:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
[完結済小説:琥珀の血脈] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


千菊丸2151

Favorite Blog

#卓球 #ハンガリーOP… New! friendly0205さん

科捜研の女19 3… New! みつき2733さん

2月21日 記事更… New! 紅子08さん

G4 (迦) 【計… New! 北摂かやさん

ひえた New! ruka126053さん

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸@ Re[1]:一輪花 現代編 「夢と葉桜」 (2)(02/17) 株式会社SEES.iiさんへ 原作未読ですが、…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 現代編 「夢と葉桜」 (2)(02/17) お疲れ様です。 「現代版」すか……。 進撃…
千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) マトリックスAさんへ 愛する者の前で無防…
マトリックスA@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(五十四)(02/13) こんにちは。 愛し合う二人は、相手のこ…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

ドラマ・映画

(104)

日記

(201)

グルメ

(503)

読書記録

(1475)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(207)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(57)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(10)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(8)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.