1810788 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

Jun 15, 2021
XML

※BGMと共にお楽しみください。

「薄桜鬼」の二次創作小説です。

制作会社様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方は閲覧なさらないでください。


「トシさん!」
「うるせぇ、耳元で騒ぐな!」
「生きてた、良かったぁ~!トシさんが結核で入院したから、もう死んだのかと・・」
「勝手に人を殺すな!」
「そうだね、トシさんはすぐには死なないよね!」
「あぁ。俺はまだ死なねぇ。」
「はい、これ。最近出たミルクキャラメルだよ。これを食べて元気になって!」
「こんな甘い物食えるか。沢庵持って来い、沢庵!」
「まぁ土方さん、いけませんよ!塩分の摂り過ぎは良くないと先生から言われているんですから!」
「うるせぇ~!」
「何や、えらい元気そうやなぁ。」
「おかあさん。」
「はい、少ししかあれへんけど、これ食べて元気出し。」
さえがそう言って風呂敷包みから取り出したのは、小さな壺に入った沢庵だった。
「うめぇ、これだ、これ!」
「まぁ、主治医の先生からはうちがちゃんと言うときますから、どうか今回の事は堪忍しとくれやす。」
「はい、わかりました。」
「ほなトシちゃん、また来るからな。」
「へぇ。」
さえ達を見送った後、歳三はさえが差し入れてくれた沢庵をひとつかじった。
「美味ぇ・・」
一日一個食べれば、大丈夫だろう―そう思った歳三は、沢庵が入った壺をベッドの近くに置いて寝た。
「姐さん、元気そうやったんどすか。」
「あの様子やと、千年位生きそうやわ。」
「さ、夕飯にしようか。」
「へぇ。」
千鶴達が楽しく鍋を囲んでいる頃、歳三は病室で一人高熱にうなされて苦しんでいた。
(勝っちゃん・・)
目を閉じれば、自分に向かって微笑んでくれる勇の姿が浮かんだ。
だが目を開けると、自分の傍には誰も居ない。
(勝っちゃん、会いてぇよ・・)
もう別れたというのに、歳三は勇に会いたくて仕方がなかった。
「姐さん、うちに頼みたい事って、何どす?」
「あぁ、実は・・」
歳三はそう言うと、ある事を千鶴に頼んだ。
「わかりました。」
「頼んだぞ。」
「へぇ。」

もうすぐ、歳三にとって最後の“都をどり”の季節を迎えようとしていた。

1913(大正二)年4月。

「トシちゃん、ほんまに大丈夫か?」
「へぇ。」
「そうか。」
“都をどり”の舞台に、歳三は病をおして最後まで立ち続けた。
「姐さん、お疲れ様どした。」
「おおきに、春月ちゃん。」
楽屋で歳三が化粧を落としていると、そこへ八郎がやって来た。
「トシさん、お疲れ様!」
「ありがとうよ、来てくれて。」
「トシさん、元気そうで良かった。」
「まだくたばるわけにはいかねぇからな。」
歳三がそう言って八郎と談笑していると、さえが楽屋に入って来た。
「えらい賑やかやなぁ。」
「おかあさん。」
「トシちゃん、お疲れさんどした。」
「おおきに。おかあさんも、今までうちを支えてくれてありがとうございました。」
「お礼なんて要らへん。うちは充分、あんたに親孝行させて貰うたからなぁ。」
さえはそう言うと、そっとハンカチで目頭を押さえた。
“都をどり”最終日の夜、歳三の引退祝いの宴が、料亭“幾松”で開かれた。
「では皆様、竜胆姐さん・・もとい土方歳三さんのご健闘を祈って、乾杯!」
「おおきに。」
長い髪をばっさりと切り、“芸妓・竜胆”から、“土方歳三”へと戻った歳三は、背広姿でご贔屓筋の前に現れた。
「いやぁ、凛としてはるなぁ。」
「おおきに。」
「短い髪もよう似合うてるわ。これからはどないするん?」
「それはまだ考えてまへん。」
「そうか。」
「まぁ、“野村”を継ぐ事は考えています。」
「いやぁ、頼もしい跡継ぎが出来て、野村はんはうらやましいわぁ。」
歳三は数日後、さえと正式に養子縁組をしたが、姓は“土方”のままとなった。
「あの・・」
「どうしたん、利ぃちゃん?何や落ち着きのない・・」
「竜胆さん・・歳三さんが家族になったから?歳三さんの事をどう呼んだらいいのかなって・・」
「いや、別に普通に名前で呼んでくれていいぜ?」
「ありがとう、兄さん!あ、ごめんなさい。」
「兄さんって呼んでくれても構わないぜ。俺達は家族なんだし。」
「そうですね。」
「そうや、うちらは家族や。」

こうして、歳三達は真の家族となった。

1918(大正七)年4月。

桜舞う季節に、歳三と千鶴は“夫婦”となった。

「二人共、おめでとうさん。これからもよろしゅうな。」
「おおきに、おかあさん。」
白無垢姿の千鶴は、そう言った後懐紙で目元を拭った。
「今日の千鶴ちゃんはえらい泣き虫さんやなぁ。」
「それは母さんが泣かせるような事を言うからだろ?」
「堪忍え。」
「それにしても、トシちゃんとあんたがいつからこうなるんと違うかって思うてたんへ。」
「え、いつから!?」
「まだトシちゃんが“竜胆”やった頃や。あの頃は、トシちゃんがよう千鶴ちゃんを気にかけてくれたさかい、千鶴ちゃんもここでの生活に慣れて来たわなぁ。まぁ、トシちゃんは千鶴ちゃんの事を、“妹以上”の目で見ていたもんなぁ。」
「おかあさん・・」
「これからは、生まれてくる子の為に余り無理せんようにしぃや。」
「へぇ。」
「え、えぇ~!」
「利ぃちゃん、うるさい。」
「そうや、少しは静かにしぃ。」
「すいません。」
歳三は千鶴の身体を気遣いつつも、仕事に精を出した。
「なぁ、これから色々と楽しみだな。」
「えぇ。男でも女でも、健やかに育って欲しいです。」
「あぁ、そうだな。」
歳三がそう言って千鶴に微笑んだ時、彼はハンカチで口元を押さえて激しく咳込んだ。
「まぁ歳三さん、大丈夫ですか?」
「あぁ・・ただの風邪だ。」
「そうですか・・」
(まさか、な・・)
歳三が恐る恐る口元を押さえていたハンカチをそこから退けると、白いレースには赤黒い染みが広がっていた。
「トシちゃん?」
「おかあさん、俺・・」
「うちやあの子の前では、無理に強がらんでもよろしい。」
「すいません・・」
歳三はそう言うと、堪えていた涙を流した。
「抱いておやり、元気な女の子や。」
「千鶴、ありがとう。」
「これから、二人で合わせて頑張っていきましょうね。」
「あぁ。」

二人の間に生まれた女児は、“千歳”と名付けられた。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






Last updated  Jun 15, 2021 09:44:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
[薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)] カテゴリの最新記事


PR

X

Profile


千菊丸2151

Calendar

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:土方さんと安室さん 第1話(07/24) マトリックスAさんへ コメントありがとう…
マトリックスA@ Re:土方さんと安室さん 第1話(07/24) こんばんは。 拙なる短編をお読みいただ…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 290(01/22) 風とケーナさんへ 菊は天使のような歌声…

Favorite Blog

「六つ子物語 (42) … New! 神風スズキさん

火坂氏が描く信長像… New! hoshiochiさん

薔薇色の明日 レベ… New! romance_holicさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


Category

ドラマ・映画

(112)

日記

(171)

グルメ

(416)

読書記録

(1950)

大人の発達障害

(11)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:双つの鏡

(219)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(205)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(62)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火

(3)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(20)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(10)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(3)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説「土方さんと安室さん」

(1)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(10)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~

(10)

© Rakuten Group, Inc.