1308586 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2015.04.21
XML
―なぁ、知ってるか? 昨日、カイゼル家の奥様がお亡くなりになったんだとさ。

―死因は発作を起こしてクローゼットの角に頭をぶつけた事故死だと警察は発表したようだけれど、本当の事はどうなんだか・・

―まぁ、お貴族様のことなんて、庶民の俺らには関係ねぇよな。

市場で買い物をしていたアレックスは、そんな噂話を耳にした後、工房に戻って作業を開始した。

「アレックス、師匠が呼んでいるぞ。」
「わかりました。」
アレックスがユリウスの部屋に向かうと、そこにはカイゼル将軍が来客用のソファに座っていた。
「アレックス、こちらはカイゼル将軍閣下だ。」
「お初にお目にかかります、閣下。アレックスと申します。」
「ユリウス、そなたの一番弟子は大変有能だときいている。その一番弟子に、頼みたいことがあるのだ。」
「わたくしに、頼みたいことでございますか?」
「ああ。知ってのとおり、わたしは妻を亡くしたばかりでな。その妻の形見の宝石類の手入れをしてもらいたいのだが、構わないだろうか?」
「はい、勿論承ります。」

カイゼルの依頼を受けて彼の家にやって来たアレックスは、そこでトムと再び会った。

「どうして家に来たの?」
「旦那様から、奥様の形見の宝石類の手入れをしてくれって頼まれて来た。別にお前の正体を旦那様にバラすつもりないから、心配するな。」
「ふん、どうだか。」
「アレックス様、お待たせいたしました。奥様のお部屋に案内いたします。」
カイゼル家の執事長・トーマスに案内され、アレックスはフェリシアが生前使っていた部屋に入った。
「奥様の宝石類は、あちらの本棚の中にございます。」
「有難うございます。」
「では、わたくしはこれで失礼いたします。」
トーマスが部屋から出た後、アレックスは手袋をはめ、フェリシアの宝石箱の
蓋を開けた。
中にはエメラルドやダイヤモンド、ルビーのネックレスや指輪が入っていた。
それらを丁寧にアレックスが磨いていると、ルビーの指輪の裏に王家の紋章が彫られていることに気づいた。
(これ、前にリンが持っていたブローチの裏に彫られていた紋章と同じ物だな。もしこれが王家の指輪なら、どうしてこれをカイゼル家の奥様が持っていらっしゃったんだ?)
「どうだ、仕事は進んでいるか?」
「はい。旦那様、少しお尋ねしたいことがあります。」
「何だ?」
「この指輪、裏に王家の紋章が彫られていました。この紋章と同じ物を、俺は見たことがあります。」
「もしかしてそれは、リンが今身に着けているブローチの裏に彫られた物なのか?」
「はい。王家の指輪を、何故奥様は持っていらっしゃったのでしょうか?」
「それはわたしにも解らない。」
カイゼルはそう言うと、アレックスの手からルビーの指輪を取り、一枚の封筒にそれを入れた。
「トーマス、この手紙をルシウス殿に届けてくれ。」
「かしこまりました。」

カイゼルが書斎の窓から外を見つめながら物思いに耽っている頃、ルシウスの元にカイゼルから手紙が届いた。

「“妻の形見である指輪を、あなたに贈ります”とだけ書かれてある。よくわからないな。」
ルシウスはそう言いながら封筒を上下さかさまにすると、その中からルビーの指輪が出てきた。
「これは、マリア皇女様の指輪ではなくて?」
「カイゼル将軍閣下に感謝しないとね。これで、凛が本物であることが証明される。」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2015.06.17 14:32:01
コメント(2) | コメントを書く
[完結済小説:琥珀の血脈] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:琥珀の血脈 第132話(04/21)   kaze-uni さん
やっと、凛の身分を証明できるものが見つかりましたね。
凛とアレックスが正しい心を持っていればこそ、この運が巡ってきたのかもしれませんね。 (2015.04.21 23:57:04)

Re[1]:琥珀の血脈 第132話(04/21)   千菊丸2151 さん
kaze-uniさん
>やっと、凛の身分を証明できるものが見つかりましたね。
>凛とアレックスが正しい心を持っていればこそ、この運が巡ってきたのかもしれませんね。
-----
正しい心を持っていれば、報われる。
偽者と本物の「凛」の対決は、もうすぐ決着がつきそうです。 (2015.04.22 08:31:36)

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

夕食は、鶏・蓮根・… New! friendly0205さん

松屋でメルペイ♪ ネ… New! 「ねえさん」さん

12月6日 記事更… New! 紅子08さん

リサ・ヴァルデスの… New! romance_holicさん

意外に「ほっ……」と… New! みつき2733さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) New! クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) New! 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 240(12/26) 風とケーナさんへ ジゼルから贈られた薔…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 240(12/26) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(196)

グルメ

(502)

読書記録

(1422)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(194)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(1)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(4)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.